FC2ブログ

羽生結弦を唯一無二に押し上げるSEIMEIとバラード第1番

Category試合展望・結果
 0  0

◆◇◆フィギュアスケートの理想を体現◆◇◆

SEIMEIハイドロ

2月7日付REAL SPORTSにて配信された、

羽生結弦を唯一無二に押し上げる『SEIMEI』『バラード第1番』。5年前に始まった進化の結晶

とてもよい内容の記事でしたので、ご紹介します。

 

平昌五輪シーズン、再びプログラムを『バラード第1番』と『SEIMEI』としたことで、色々言われていましたが、
曲は同じでも、ジャンプ構成が2シーズン前よりも高難度になり、より進化したプログラムになっていると感じました。
ですが、それだけではなかったのですね。
表現の部分でもさらに進化していた。
それは、前シーズンのLet's go crazyとHope & Legacyがその布石だったのだという意見には、目から鱗でした。

羽生は平昌五輪で勝つために、プログラムを『バラード第1番』と『SEIMEI』に戻すことになる。しかしその準備として、自ら足りないと感じていた見る者との「コネクト」を意識するプログラムを滑ったことには意味があったと考える。外側に向けて表現することを意識して過ごした2016-17シーズンがあったからこそ、平昌五輪での羽生には空気を支配するより大きな力が備わっていたのではないだろうか。

そう、2016-2017シーズンのテーマは「観客とコネクト」でしたよね。
その1シーズンを経ての平昌五輪では、技術的にも表現的にも進化していた。
SEIMEIの冒頭での振り付けは、天と地と人を司るということを表わしています。
まさに平昌五輪の時は、会場を支配していましたよね。

ディック・バトンさんも羽生選手の演技が劇場型であることを評価していましたよね。

ユヅルはどこかで見たような演技はしない。いま見逃すと二度と見られないような演技。
どんなに難しい技だろうが、その選手独自の表現になっていなくちゃ。
皆似たようなジャンプじゃ点数だけで感動はない
(『アナザーストーリーズ▽羽生結弦オリンピック連覇~メダリストたちが語る最強伝説』より)

 

これほどの名プログラムを生み出してしまった後では、それを超えるものを作り出すのはなかなか難しいかもしれません。

今シーズンのNHK杯SP後に羽生選手はこんなことを言っていました。

「曲に感情を入れ切ると、ジャンプを跳ぶのがすごく難しいんですね、僕の場合は。それはなぜかっていうと、曲にジャンプのテンポを合わせ過ぎちゃうから。そうすると、僕のジャンプというんじゃなくて曲のテンポになってしまうので、すごくそこは難しいところなんですけど……ただやはり僕のフィギュアスケートは、そういうところが一番大事なところだと思っていますし、それができてこそ『僕は羽生結弦』と言えると思っているので」

曲がオマージュであれば、当然思い入れが強くなる。
そうなると、自分のジャンプのテンポでなくなってしまう。
4-3トウループが上手く曲にはまらないと言っていたのも、その辺にあるのかな。

ここ最近の羽生選手の言葉を聞いていると、苦悩しているからこそなんですが、
難しく考え過ぎて、がんじがらめになっているような気がします。
なので、このタイミングで、一番自分らしくいられるSEIMEIとバラード第1番にしたのは、よい選択だと思います。
曲が身体に自然に馴染んでいるプログラムですから、考え過ぎずに出来ますよね(^^)

初めにプログラム変更を聞いた時は、せっかくここまで仕上がってきたのにもったいない・・・って思ったのですが、
OtonalもOriginも捨てた訳ではない。むしろ大事に思っているからこそですよね。
リスペクトの気持ちは心の中に持っていればよいと思います。

 

羽生結弦が唯一無二のスケーターである理由は、勝負強さだけではない。音楽と調和したプログラムの一部としてジャンプを跳ぶという、フィギュアスケートの理想を体現しているからだ。


ジャッジする人が彼のレベルに追いついていないのでしょうね・・・。
評価されないのは、悔しいし、苦しいと思いますが、
これぞフィギュアスケートだ!というものを見せてください。
自信を持って!あなたは唯一無二のスケーターなのですから。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

フジテレビ、バイキングでまた「羽生とゆづる」のインタを使い回ししていましたね(^^;)
ああいうところで使うと、コメンテイターに勝手に解釈されるから困るのですけどね・・・。


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ     

フィギュアスケート羽生結弦四大陸選手権

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment