【相棒season7】 第4話

author photo

By翠香

■放送日時
 2008年11月12日 テレビ朝日 21:00~21:54 第4話 「隣室の女」

■GUEST CAST
  佐藤仁美
  湯江健幸
  草野康太
                 ほか

【シーン1】山中で白骨死体発見

  山中で白骨死体が発見された。被害者は、6年前に失踪していた、司水産の社員・小森タカヒコ(33歳)。現場には凶器と見られる包丁と、スーツの内ポケットに携帯電話があった。
  携帯電話に残されていたメールを復元すると、岸あけみという女性とやりとりをしていた。岸あけみは6年前、勤務先のスナックの常連客・小森と不倫関係にあった。そして、平成14年9月13日、岸あけみとの通話記録を最後に小森は消息を絶っていた。
 警察は、岸あけみが犯人ではないかと疑いを持つ。しかし、あけみの指紋は凶器の指紋と一致しなかった。

  あけみ「あの、シュンペイ(息子)の面倒はちゃんと見てくれているんですよね?」
  伊丹「その点はご心配なく。ヒマな連中が相手してます
  ──あけみの息子は、特命係に預けられていた。おもちゃの拳銃を刑事たちに向けて「バン!バン!」 刑事たちもそれに合わせて「う~やられた~」
  右京「場所柄、このような遊びはいかがなものかと思いますがねぇ」
  角田「子供のやることだ。しょうがねぇだろ」
  シュンペイは右京にも撃ってきた。しかし、無反応の右京。
  シュンペイ「オイ!何で倒れないんだよ!」
  右京「防弾チョッキを着ています。あしからず
 ポカンとするシュンペイ。

  右京さん、子供相手に大人気ないですね(笑) 薫なんか松田優作ばりに「なんじゃこりゃ~」222までやってたのに・・・。

【シーン2】6年前と呼び方が変わった

  あけみは自分から別れ話を切り出したという。最後の電話はそのためのものであると主張。

  取調べが終わり、息子の元へやってきたあけみ。
  シュンペイ「このおじちゃん(薫のこと)にこれ(パンダのカップ)もらった」
  薫「気に入ったみたいなんで・・・」
  あけみ「すみません。シュンペイ、お礼は?」
  シュンペイ「亀ちゃん、ありがとな!」
  薫「お、いい子だ」 シュンペイの頭を撫でる。
  帰ろうとしたあけみに右京は「1点だけ確認しておきたいことがあります」
  右京は、あけみが6年前のメールでは、小森のことを“さん”付けで呼んでいたのに、取調べでは呼び捨てにしていた点を指摘する。
  あけみは「呼び方なんてただの気分です」と答え、帰っていく。しかし、釈然としない右京。

  角田「子供、帰ったの?」──コーヒーを飲もうと、食器棚をあけ、「おい、俺のマイカップ知らない?パンダのぱんだ
  薫「あっ、子供にあげちゃいました。すみません」──その場から逃げる薫。
 角田「えっ?」

  薫、角田のカップを子供にあげちゃったんですね~(笑) しかし、角田にあのパンダのカップは似合わな過ぎ・・・。

【シーン3】スナックのママの話

  あけみがかつて勤めていた、スナックのママに話を聞く。
  しかし、あけみの供述と異なり、あけみの方が小森に入れあげていたというのだ。
  あけみは妊娠したから店を辞めたのだという。しかも最後の月のお給料も貰わずに・・・。ママはあけみのマンションまで行ったが、すでに引っ越した後だった。

  薫「岸あけみは小森さん失踪直後に店を辞め、自宅を引き払っていた。・・・かなり行動が怪しいですよね」
  右京「確かに不自然な点はありますね」
  薫「まるで何かから逃げ出すみたいに・・・やっぱり岸あけみが小森さんを殺したんじゃないですかね?」
  右京「しかし、凶器の指紋は彼女のものとは一致しませんでした」
  薫「あ~そうか、指紋・・・何かトリックがあるんじゃないですか?」
  右京「どのようなトリックでしょう?」
 薫「えー・・・分かりません」

 そして、あけみが6年前に住んでいたマンションへと向かう特命係

【シーン4】6年前の自殺事件

  あけみが住んでいたマンションは、結婚相談所に変わっていた。6年前の秋に自殺事件があり、入居者が皆いなくなってしまったため、建て替えられたらしい。
  自殺した女性は、横山慶子(22歳)。コールセンターの派遣社員だった。
  死因は青酸カリによる中毒死。青酸カリの入手経路は不明。
  遺書があり、文面はこのようなものだった。──ごめんなさい。もう耐えられない。兄さんしっかり罪を償って
  慶子の兄・横山時雄は、金銭トラブルによる殺人罪で服役していたが、現在は仮釈放されていた。慶子は兄の事件のため、高校時代いじめにあっていた。
  そして、この事件の第一発見者はなんと岸あけみだった!あけみは慶子の隣室に住んでいたのだ。

【シーン5】小森は二股不倫していた?

  岸あけみの職場を訪ね、事情を聞く特命係
  右京は、不倫関係にあった小森が殺害された一週間後にマンションの隣室の女性が自殺した点を指摘する。「単なる偶然とは思えないのですがねぇ」
  あけみは、小森は慶子にもちょっかいを出していたのだと供述する。慶子の自殺を発見した経緯は、小森に連絡が取れなくなり、慶子なら居場所を知っていると思い、問い詰めようと部屋を訪れたのだと説明する。
  右京「あなたの今のお話に疑問が1つ。取調室であなたは小森さんにご自分の方から別れ話をしたとおっしゃいました。その別れた直後の相手に何故連絡を取る必要があったのでしょう?」
  あけみ「お金に困っていたんです。縁が切れる前に貰えるものは貰っておこうと思って・・・」
  右京「しかし6年前、あなたは当時勤めていらっしゃったスナックをお給料も受け取らずにお辞めになっていますね。お金に困っていたのなら、いささか不自然な行動に思えますが」
  あけみ「・・・お給料、受け取るの忘れていました。その頃、引越しや何やらでゴタゴタしていましたから」
  薫「あ~そういえば、横山慶子さんの自殺直後にあなたはマンションを引き払っていますね」
  あけみ「自殺したマンションに住み続けるなんて気持ちが悪いですから」
  薫「で、お店も辞められて、就職なさった」
  右京「ちなみに横山慶子さんの自殺の理由はご存知ですか?」
  あけみ「さあ?」
  右京「では、お兄様が服役していたことは?」
 あけみ「タカヒコに言ってやりましたよ。殺人犯の身内なんて関わるもんじゃないって」
 最後に右京は、お給料を取りに来るようにという、スナックのママの伝言をあけみに伝える。

 別れた男に何とか連絡を取ろうとしてまで、お金に執着していたあけみが、お給料を貰うのを忘れていたなんて、明らかに不自然ですね。

【シーン6】凶器についた指紋と一致する

  小森が慶子とも関係があったことが分かり、慶子が小森を殺した犯人の可能性が浮上した。
  慶子の指紋を採取しようと思い、慶子の兄・横山時雄に会う。
  しかし、時雄は慶子の遺品は全て処分してしまったという。
 時雄は慶子の元婚約者である福井陽一なら何か慶子の遺品を持っているのではないかと話す。

  特命係は福井陽一の住むマンションを訪ね、慶子の写った写真と形見の髪留めを借りる。
  写真の中の慶子は海をバックに笑っていた。
 そして、髪留めから採取した指紋は、凶器に付いていた指紋と一致した・・・。

  特命係にやってきた角田。「ヒマか?何だ何だ・・・あ~空気が湿っぽいな~」
  薫「何か御用でしょうか?」
  角田「見て。これ新しいマイカップ。かわいいだろ?」ニコニコして新しいマイカップを見せる。カップにはパンダのオブジェぱんだが付いていた・・・。
 右京「やはり気になります。小森タカヒコの携帯電話に横山慶子の番号は登録されていませんでした」
 薫「えっ付き合っていたのに?」
 右京「そこです。2人は交際していた。そう匂わせる発言をしたのは誰でしたか?」
 薫「う~えー・・・岸あけみ!」
 右京「ええ。我々は彼女一人の証言を元に捜査を進めています。しかし、もしその証言が事実ではなかったとしたら?」
 薫「2人は実は交際なんかしてなかったってことですか?」
 右京「その可能性は否定できないと思いますよ」

  角田さん、どんだけパンダが好きなんですか(笑)

【シーン7】慶子はどこから青酸カリを手に入れたのか?

  角田の協力により、青酸カリの顧客リストを調べる。すると意外な人物の名前が──細川洋子──あけみが勤めていたスナックのママだった。
  洋子は6年前に闇サイトから青酸カリを購入した。借金は減らないわ、男には逃げられるわで、やけになって自殺を考えていたのだという。
  しかし、届いた青酸カリをあけみに見られてしまった。あけみに説得されて自殺を踏みとどまった洋子。
 あけみは自分が捨てておくと言い、青酸カリを持ち帰っていた。

  再びあけみに事情を聞く特命係
  あけみは小森への当てつけに自殺するつもりだったという。しかし、部屋に置いておいたら盗まれてしまったと証言。
  あけみ「引越しした本当の理由は変に疑いをかけられたくなかったんです」
  薫「ちょっと待って下さいね。どうして横山慶子さんはあなたの部屋に青酸カリがあるって知っていたんですか?」
  あけみ「さあ?何故でしょう」
  右京「もう1つよろしいでしょうか。横山慶子さんは本当に小森タカヒコさんとお付き合いされていたのでしょうか?」
  あけみ「言ったはずです。どこまでの関係かは知らないって」
  右京「あ~そうでした。・・・では6年前、自殺するつもりで持ち帰った青酸カリを使用せず、部屋に置いておいたのは何故でしょう?」
  あけみ「妊娠に気付いたからです。もう自分だけの命じゃないって。子供のために生きよう。そう思いました」
  右京「ところで、お受け取りになりましたか?6年前のお給料」
  あけみ「(ちょっと困った様子で)まだです。忙しくて」

【シーン8】右京、ひらめく!

  薫「部屋から青酸カリが盗まれたなんて、どう考えても無理がありますよ。これはやっぱり岸あけみが2人を殺したんだと思います」
  右京「だとすれば、大きな疑問が1つ。横山慶子の直筆の遺書ですよ」

  特命係は、慶子の兄の元へ。
  時雄「確かに遺書は妹の字でした」
  慶子は死ぬ何日か前に時雄に面会に来ていたという。新しい恋人ができたと報告した慶子。信じていた相手に裏切られたために自殺したのだろうと。
  時雄「毎月の給料の中から(時雄が殺した被害者の)遺族に現金を送り続けていたんです。ろくに服も買わず、旅行にもいかず・・・」
  その時、右京は何かに気付き愕然とする。
  時雄「そんな暮らしの中で少しずつ精神が参っていたに違いありません」

  薫「やっぱり横山慶子が小森さんを殺したんですかね。自分を裏切った男を殺して、自殺をした。それが真実なんですかね」
  右京「自殺ではありません」
  薫「えっ?」
  右京「行きましょう」
  薫「い、行くってどこへ行くんですか??」
  右京「横山時雄の事件のご遺族のお宅です」
  薫「何で?」
  右京「証明するためです。横山慶子が自殺などしてなかったという事実を」 

【シーン9】ついに真相が明らかに!

  三度あけみに話を聞く特命係。
  あけみ「これで本当に最後なんですよね?」
  右京「お約束します」
  薫「6年前の横山慶子さんの自殺について、やっと真相が明らかになりました」
  右京「結論から申し上げます。横山慶子さんはやっぱり自殺なさったのではありませんでした」
  あけみ「私が殺したとおっしゃるんですか」
  右京「そうではありません。そもそも横山慶子さんは死んでなどいなかったんです」
  薫「6年前、あのマンションで自殺したのは、横山慶子さんではなく、岸あけみさんでした」
  あけみ「何言ってるんです?岸あけみはこの私です」
  右京「いいえ。あなたの本当のお名前は横山慶子。10年前の殺人犯・横山時雄さんの妹、それがあなたです」
  横山慶子は、遺族に現金を送り続けていた。しかし、遺族の方は現金書留を開封することなく、保管してあった。現金書留に付いていた指紋と、先日取調べの際に採取したあけみの指紋が一致したのだ。
  横山慶子と岸あけみは、マンションの隣人同士で親しくしていた。慶子は、あけみに相談があり、あけみの部屋を訪れ、自殺しているのを発見したのだ。
  慶子は、犯罪者の身内という、自分の境遇と決別したかった。あけみの自殺という、またとないチャンスを目の当たりにし、あけみになり代わったのだという。まさかあけみが殺人を犯しているとは知らずに・・・。
  しかし、慶子は来年、福井陽一と結婚するために真実を告げることが出来なかったのだ。子供に自分と同じように犯罪者の身内という重い十字架を背負わせたくないという思いからだった。

  右京が慶子とあけみの入れ替わりに気付いたのは、兄の時雄の言葉がきっかけだった。
 「ろくに服も買わず、旅行にもいかず」──しかし、福井陽一が持っていた写真は、外国のビーチで写したものであった。日付も兄の事件の後であり、時雄の話とは矛盾していた。
 つまり、福井も時雄も慶子と結託してお芝居を演じていたのだ。
 そこへ時雄が現れる。特命係が呼んだのだった。
 慶子「バレちゃった。お兄ちゃん」
 しかし、時雄は慶子の脇をすり抜け、特命係の前に土下座をして、見逃して欲しいと頼む。
 右京「横山さん、あなたのお気持ちはよく分かります。しかし、このまま済ませるわけにはいきません」
 そして右京は慶子に向き直り、「あなたが捜査をかく乱させたことは証拠隠滅の罪にあたる可能性があります。あなたのおやりになったことは、あなたがもっとも守りたかったはずのシュンペイ君を犯罪者の子供にするところだったのですよ。慶子さん、もう一度本気でシュンペイ君のことを考えてあげてください」
 薫「横山慶子として生きてください。本当の自分として生きてください」
 慶子「はい」

【エンドロール】将来は野球選手

 福井とキャッチボールをするシュンペイ。次は薫にやろうとせがむが、時雄が「おじちゃんとやろう!」といい、時雄とキャッチボールをする。
 シュンペイの夢は野球選手になること。夢がかなうといいなと思う大人たち一同。

■総評
  今回は、絶対的な悪人が登場しませんし、比較的穏やかな話でしたね。薫と伊丹のバトルもなかったし(笑)というか、捜査一課、あんまり登場しなかったですよね。いつもはトンビが油揚げをさらっていくみたいに、特命係の捜査を横取りしちゃうんですけど・・・。
 しかし、今回は角田のパンダのカップがインパクト大でした!あのいかつい顔でパンダ好きとは・・・(笑)

■参考
 
テレビ朝日|相棒7
  相棒season7公式ホームページです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (185)
浅見光彦(ドラマ) (29)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (108)
試合展望・結果 (76)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (20)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)