毛髪再生

内田康夫名作選(1) 信濃のコロンボ事件ファイル 死者の木霊

Category信濃のコロンボ
 2  0

  テレビ東京系列で、信濃のコロンボシリーズを放映しているのですが、すでに16作も放映しているのに、実は私、一度も観たことがなかったんです(^_^;)
  そこで今回、内田康夫名作選】と題しまして、今週から3週に渡って過去に放映された信濃のコロンボシリーズが放映されるという情報を聞きつけ、観てみようと思い立ちました。
  でも、問題は水曜日放送なんですよ。『相棒』と見事バッティングしてまして・・・。困った。相棒の方は録画必須なので、信濃のコロンボシリーズはリアルタイムで観て、原作との比較などを簡単にご紹介していこうと思います。

■放送日時
  2008年11月26日 テレビ東京 水曜ミステリー9 21時00分~22時54分

■番組名
  内田康夫名作選(1) 信濃のコロンボ事件ファイル 死者の木霊

■CAST
  竹村 岩男・・・ 中村 梅雀
  大森 修司・・・里見 浩太朗
  竹村 陽子・・・原 日出子
  岡部 和雄・・・松村 雄基
  平山 君江・・・中島 宏海
  沢藤 栄造・・・三浦 浩一
  浜野 理恵・・・濱田 万葉
  桂木 刑事・・・菊池 健一郎
  奥村 哲雄・・・河原崎 建三
                 ほか

■感想
 まず竹村役の中村梅雀さんですが、風采の上がらない田舎刑事で、トレードマークのレインコート(一応バーバリー製)を着用しているところなど、原作のイメージ通りですね。
 でもね、竹村って実は意外と若いのですよ。原作では30歳なんです。梅雀さんは、御年53歳だそうですので、実に20歳以上違うのです。でも違和感ないですね(笑)
 竹村の奥さん・陽子役の原日出子さんは、可愛らしい女性を演じられていて好感が持てました。原作の陽子さんも「名前の通り、陽気な」女性なので、雰囲気も合っていると思います。
 そして岡部役の松村雄基さん、いや~めちゃくちゃかっこいいです!398信濃のコロンボシリーズでは岡部は脇役ですから(岡部が主役のシリーズもあります)、あまり期待はしていなかったのですが、
 キリッとした顔にスーツがビシッと決まっていて、素敵です~238 他局ではマッチが岡部役のシリーズがありますが、松村雄基さんの方が原作イメージに合っていると思いますよ。
 ちなみに原作では、岡部も30歳。梅雀さんと松村さんが同い年・・・というのはちょっと無理がありますね(笑)

  内容は細かい部分で差異はあるものの、ほぼ原作通りの堅実な作りだったので、感心しました。
 始めの死体発見現場は、原作では松川ダムだったのですが、架空の場所の夜鳥湖となっていましたね。松川ダムのバラバラ事件は、実際にあった事件なので、おそらくフィクション性を強調したかったのではないかと思います。

  竹村は、五代通商の社長に事情聴取に訪れた時、社長秘書の女性を見て、鼻の下を伸ばしてましたねぇ(苦笑) 原作では、秘書に萌え~10となってたのは桂木刑事の方だったのですが・・・。
 桂木刑事といえば、ちょっとおバカキャラでしたね。原作ではおしゃれで如才ない今風な若者のイメージなのですけどね~。やたらと調子がいいばかりで少々不満。

  そうそう、竹村は俳句が趣味なんですが、ドラマではおかしな句を読んでましたね。

  夏過ぎて ぽっかり浮かぶ 変死体
 (夜鳥瑚で死体を発見して一句)

  秋の夜 女の鼻に 浮かぶ汗
  (被害者の婚約者に屋台のラーメン屋で話を聞き、その女性がラーメンをすするのを見て一句)

  働けば 恋女房に 秋が来る
  (事件解決後、自宅でくつろいでいるときに一句)

  これって俳句?一応季節は入っているけれど、どちらかといえば川柳じゃないですかねぇ。ちなみに句はドラマのオリジナルです。

  梅雀さんの竹村は、何かひらめいたり、新事実が分かったりすると、誰彼かまわず抱きつく癖があるみたいですね(笑)
  奥さんだけでなく、鑑識の人までハグするとは・・・。

  竹村と岡部の友情もきちんと描かれていて良かったと思います。410
  岡部のウィンク、岡部の敬礼、萌え~10
  どうやら岡部はこのシリーズのレギュラーみたいですね。原作では竹村と岡部がいつも競演しているわけではないのですが、これは岡部ファンにはうれしいアレンジですね。

  さて、次回の放送は、「信濃の国」殺人事件です。原作はまだ当ブログでは紹介していませんね。一度読んではいるのですが、かなり昔なので、内容はすっかり忘れていまして・・・。
 鋭意捜査中(再読中)ですので、しばらくお待ちくださいね~。

■参考
 
水曜ミステリー9 テレビ東京
  番組HP。ドラマのみどころや出演者等。

 ●梅雀のひとりごと
   中村梅雀さんのブログです。

 ●ミステリー処【love knot】 【死者の木霊】 内田康夫
 
 原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

信濃のコロンボ内田康夫

2 Comments

viviandpiano  

信濃のコロンボ

このシリーズは少し見たことがあります。
岡部警部、カッコいいですよね☆
何か、立場を超えた友情が二人の間にあって、
それを見るのが、ちょっと楽しみで。
男の友情とかに、結構弱いんです。

ドラマの中の音楽にクラシックのピアノ曲が使われてて、
それも気になってたりするんですよね。

2008/11/29 (Sat) 01:27 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

viviandpianoさんもこのシリーズ、見ているのですね。
私は今までタイミング悪く、見過ごしてしまっていたのですが、今回ようやく見ることができました。
意外にも原作に忠実だったので、感心しました(^^)

男の友情、いいですよね~。
岡部が自分の立場をわきまえつつも、竹村にチャンスを与えるという演出が心憎く、そしてあのウィンクですからもうメロメロです(笑)

2008/11/30 (Sun) 00:12 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment