毛髪再生

内田康夫名作選(3) 信濃のコロンボ事件ファイル 戸隠伝説殺人事件

Category信濃のコロンボ
 0  0

  内田康夫名作選】も今回が最終回、戸隠伝説殺人事件です。これは、戦時中のある男女を襲った悲劇と、紅葉狩り伝説を絡めたお話です。

■放送日時
  2008年12月10日 テレビ東京 水曜ミステリー9 21時00分~22時54分

■番組名
  内田康夫名作選(3) 信濃のコロンボ事件ファイル 戸隠伝説殺人事件

■CAST
  竹村 岩男・・・中村 梅雀
  大森 修司・・・里見 浩太朗
  竹村 陽子・・・原 日出子
  岡部 和雄・・・松村 雄基
  立花 智弘・・・細川 俊之
  野矢 優子・・・神戸 みゆき
  野矢 桂一・・・山田 吾一
  安岡 警部・・・木下 ほうか
  宍戸 弘文・・・穂積 隆信
  天道 タキ ・・・三條 美紀
                 ほか

■感想
 今回は、ところどころ違いはありましたが、前作ほどではなく、まずまず原作に沿っていたと思います。安岡警部がまたもや登場していたのには面食らいましたが・・・(苦笑)。
 この安岡警部、どこかで見た顔だな~と思ったら、ドラマ・チームバチスタの栄光で白鳥とグッチーがよく利用している喫茶店のマスターじゃないですか!木下ほうかさんというのですね。
 あ~今度のチームバチスタでマスターを見たら、安岡警部だ~と思っちゃいそう(笑)

  今回は、竹村の腹心・吉井刑事も登場していました。しかし、原作では吉井は竹村より年長なのですが、ドラマの吉井刑事は竹村より若かったですね。

  もちろん、岡部警部も登場しました。竹村は戸隠蕎麦をお土産に持っていきます。
  竹村に帯同していた木下は、岡部に会ってド緊張(^^;) やはり警視庁の警部ともなると平刑事のあこがれの存在なのでしょうかねぇ。
  それにしても、木下のドジっぷりにはあきれてしまいました。会議室の椅子は壊すし、アイスコーヒーはひっくり返すし・・・。ちょっとやりすぎでは?
  しかし、竹村との会話に熱中して見ていないようで、さりげなく木下にハンカチを手渡す岡部警部、そつがないですね~。398
 でも、今回は岡部のウィンクは見られませんでした。390

  これは!と思ったのが、竹村と木下が天智院という巫女さんに話を聞きに行ったとき、天智院が

  イヌのにおいがする

  と言った場面。無論『イヌ』とは警察のことを軽蔑した言葉で、一目で素性がバレてしまった場面です。まさしく原作にも同じ場面があり、セリフも全く一緒でした。

  でも、タキと立花が再会する幻想的なシーンがなかったのが、ちょっと残念。映像なのだから、表現方法はいろいろあったと思うのですけどね~。
  それと、タキにシャーマン的な雰囲気がもっとあれば良かったかな。割と普通な感じでしたね。鬼女・紅葉とオーバーラップするような演出が欲しかったなぁ。

  ところで、竹村は奥さんに子作りを匂わされると、「報告書を書かなくちゃいけない」とか言って逃げてしまうのですが、このあたりは浅見と共通するものがありますねぇ(^^;)
  しかし、奥さんから逃げてどうする、竹村!(笑)

  さて、次回の放送は、信濃のコロンボ 事件ファイル(17) 遠野殺人事件です。原作は信濃のコロンボシリーズではなく、吉田という部長刑事が登場するのですが、これをどうアレンジするのかですね。
 原作は只今再読中です。まもなくご紹介できると思いますので、ぜひご参考くださいね。

■参考
 
水曜ミステリー9 テレビ東京
  番組HP。ドラマのみどころや出演者等。

 ●ミステリー処【love knot】 【戸隠伝説殺人事件】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

内田康夫信濃のコロンボ

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment