【月光亭事件】 太田忠司

◆◇◆可愛くも頼もしい助手たち◆◇◆

狩野俊介シリーズ1
長編
徳間書店 1991.6
  徳間文庫 1996.10
  創元推理文庫 2009.6

4488490018月光亭事件 (創元推理文庫)
東京創元社 2009-06-25

by G-Tools

■あらすじ

 名探偵・石神法全の事務所を引き継いだ野上英太郎のもとに、法全の紹介で狩野俊介少年と愛猫ジャンヌが訪れた。探偵志願の俊介の助手入門を許した直後、依頼人が扉を叩いた。街一番の病院の院長、豊川だった。妻が宗教にいれ上げ、怪しげな導師を家に泊めて迷惑しているという。彼等が邸に赴くと、導師は庭内の庵で奇跡を見せると嘯いた。午前零時、突如停電が起り、密室の庵では殺人が・・・・・・。長篇本格推理。
(徳間文庫より)

■感想
 狩野俊介シリーズ第1弾。
 名探偵・石神法全が引退し、探偵事務所を引き継いだ野上英太郎。簡単な盗難事件などの捜査を細々と続けてきたが、ある日、野上の元に12歳の少年205と一匹の猫ねこが訪ねてきた。それが狩野俊介と愛猫ジャンヌであった──。

 この俊介が素直で可愛らしい少年なんですよね~。孤児という境遇であるにもかかわらず、全くいじけたところがありません。また、彼は鋭い観察眼を持っていて、一目会った人についてズバリ言い当ててしまいます。
 しかし実は、彼の優れた推理力や観察眼は孤児であったがための処世術であったのです。やはり弱冠12歳の少年、脆さも持っています。そんな俊介の親代わりとしてやさしく受け止めようとする野上。この2人の関係がいいですね。
 それから俊介の愛猫・ジャンヌもまた頼もしい助手です。アビシニアンの子猫で俊介にしかなつかないけれど、俊介が危険に曝されたときに勇敢にも助けるという大活躍ぶり。

 私は、太田作品はこれが初めてだったのですが、とても読みやすいですね。会話文も多く、スイスイ読めます。でも赤川作品のような軽さとはまた違うのですよね。
 また、少年が活躍するお話ですが、ジュブナイルではありません。大人でも十分に楽しめる内容だと思います。古式ゆかしき探偵小説の雰囲気がありますね。
 トリックはそれほど難しいものではなく、一部分かってしまったのですが、終盤の秘密の抜け道を発見した件は、綾辻作品の『館シリーズ』のからくり趣味のテイストがあり、ワクワクしながら読みました。

 この作品、文庫化されてから13年になるせいか、なかなか新品で手に入れるのが難しいようです。Amazonのイメージ画像もなかったし・・・。私も古本で手に入れたのですよね。もし興味を持たれた方は、頑張って古本を探してみてね♪

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 昔の探偵小説が好きな方
  • トリック物が好きな方
  • 気軽に読めるミステリーをお探しの方

■追記

  2009年6月に創元推理文庫より本作【月光亭事件】が刊行されました!
  表紙は俊介とジャンヌの可愛らしいイラストが描かれています。(↑上記画像を見てね!)
  このレーベルでシリーズ全巻刊行して欲しいですね~♪ 揃えたくなっちゃうかも(^^)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 狩野俊介
Published on: Fri,  06 2009 23:20
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

狩野俊介 太田忠司

2 Comments

viviandpiano  

No title

狩野俊介シリーズ読まれたのですね!
いい少年ですよね。俊介って。
それに野上の暖かさや配慮も、流石だな~と思ったり。

確かに、新刊で見かけませんよね(^^;
初版が少ないのかな??
私も、次読もうと思ってるのは太田作品です☆(俊介じゃないけど)

2009/03/07 (Sat) 00:15 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

私も俊介は蒼に似ているな~と思いました。

親子ほど年の違う俊介に対して、「友達だ」と言った野上さん、大人ですよね~。
このシーンが一番印象に残っています。
でもアキちゃんの気持ちには気付かないみたいですけど(笑)

> 確かに、新刊で見かけませんよね(^^;
> 初版が少ないのかな??
今回記事をアップするときにネット書店をいくつか見たのですけど、みんな品切れでした。
このシリーズ、もっと人気が出れば増刷されると思うのですが・・・。

> 私も、次読もうと思ってるのは太田作品です☆(俊介じゃないけど)
そうそう、先日『伯林水晶の謎』をゲットしたのですよ。でもこれ3作目なんですよね・・・。
まずは『上海香炉』をゲットせねば・・・。
viviandpianoさんとは読書傾向が似ているみたいですね(^^)

2009/03/08 (Sun) 00:34 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment