Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > ドラマ【浅見光彦シリーズ第33弾 後鳥羽伝説殺人事件】

ドラマ【浅見光彦シリーズ第33弾 後鳥羽伝説殺人事件】

 11, 2009

 浅見光彦シリーズの第一作、後鳥羽伝説殺人事件】がこの度、中村俊介さん主演でドラマ化されました!

■放送日時
  2009年4月10日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  『浅見光彦シリーズ第33弾  後鳥羽伝説殺人事件』

■原作
  内田康夫後鳥羽伝説殺人事件』

■CAST
 浅見光彦    ・・・中村 俊介
 浅見陽一郎  ・・・榎木孝明
 浅見雪江    ・・・野際陽子
 野上刑事    ・・・火野正平
 桐山警部    ・・・川岡大二郎
 浅見祐子    ・・・山口あゆみ
 正法寺美也子 ・・・梅宮万紗子
 池田謙二    ・・・伊東孝明
                     ほか

■あらすじ

浅見光彦は12年前に亡くなった妹の祐子の友人、正法寺美也子を殺した犯人を突きとめるために広島へ向かう。記憶喪失の美也子は「後鳥羽伝説」を巡る旅に出ていた。浅見が美也子の旅の足跡をたどるうちに最愛の妹の死の真相へと近づいていく。怒りの浅見光彦が野上刑事とともにたどりついた連続殺人事件の真犯人、そして、妹の死にまつわる新事実とは?
(こちらフジテレビHPより)

■感想
 今回、『後鳥羽伝説殺人事件』がドラマ化されると聞いて、何故今ごろ『後鳥羽伝説~』?と思いました。
 冒頭に書いたように、『後鳥羽~』は、浅見光彦シリーズの第1作なんです。今回のドラマシリーズはもう第33弾ですし。
 ここらで原点に立ち返ろうということでしょうかね?原作を読んでいない方は、実は浅見家には、こんな辛い過去があったのかと驚かれたのではないでしょうか。
 今回のドラマでは、原作にはない、光彦と妹・祐子の思い出や、共に娘を失った2人の母が対面する場面が描かれていて、かえって新鮮でした。
 でも、上記のことに力点を置きすぎたのか、原作の良いところが描かれていなかったのは、不満の残るところです。

  原作で特筆すべき点は、次の3点と考えます。
  1.桐山警部と野上刑事との確執
  2.浅見と野上の友情
  3.浅見が刑事たちの前で推理を披露

  まず、1.についてですが、桐山警部は、キャリア組のエリートながら捜査一課を志願した、というのは、原作通りです。ですが、ドラマでは、そんな桐山警部を野上を含めた刑事たちは好意的に見ています。
  原作では、桐山は、野上たちを所轄の田舎刑事として馬鹿にした態度を取っているのです。だからこそ、野上は桐山警部の鼻を明かしてやろうと躍起になり、ついオーバーランしてしまい、自宅謹慎の憂き目に・・・。
  野上が不利な立場であるからこそ、2.の浅見との友情が生きてくるのですけどね~。
 ドラマでは、せめて嫌味でいけ好かない感じを出して欲しかったなぁ。川岡大二郎さんではさわやか過ぎましたね。

  次に2.ですが、私がこの作品で一番良かったなと思ったのがここなんですよ。
  でも、今回のドラマでは、野上がなにやら事件を嗅ぎまわっている怪しい男(浅見)を見つける→浅見を連行しようとする→素性が割れて、態度を豹変、以後捜査に介入させる。・・・とまあ、お決まりのパターンです(^^;)
  この作品は、9年前にもTBS系列でドラマ化(光彦役は沢村一樹さん)されていますが、このときは、浅見と野上の友情をきちんと描いていました。
  民間人と刑事との立場の違いから、一旦は仲たがいしてしまうのですが、また浅見がひょっこり野上家を訪れ、仲直りするシーンは感動したなぁ。
  TBSで一度放映しているので、同じにはしたくなかったということなのかな?でも、ここは外さないで欲しかった。

  次に3.ですが、原作では、浅見が刑事たちの前で推理を披露し、犯人にワナを仕掛け、そのワナに犯人が見事に嵌るところが痛快なんです。
 今回のドラマでは、そのあたりの描写は全くありませんでした。トリックも原作とは微妙に違っていました。

  今回のキャスティングで、野上役が火野正平さんだったのには、驚きました。野上のイメージではなかったので・・・。火野さんが刑事役というのも珍しいですよね。
  ところが、番組HPでのコメントで、火野さんが鞆の浦が大好きと言っていたのには2度びっくり。【鞆の浦殺人事件】でも野上刑事が登場し、浅見と再会するのですから。

  それから、池田謙二役の伊東孝明さん、ドラマを観ているときは気付かなかったのですが、この方、伊東四朗さん(ニン!)の息子さんなんですね。
  伊東四朗さんといえば、このドラマシリーズでは、内田先生役をやっているので、親子揃って浅見シリーズに縁があるようですね。
  あ、今気付いたのですが、お名前は『孝明』さん、榎木さんと一緒じゃないですか~。なんだか不思議な符合ですね(^^)

■参考
 
浅見光彦シリーズ第33弾 後鳥羽伝説殺人事件 - フジテレビ
  番組HP。出演者コメント、あらすじ等。

 ●ミステリー処【love knot】 【後鳥羽伝説殺人事件】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫 後鳥羽伝説

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?