Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 映画 > 映画【Sweet Rain 死神の精度】

映画【Sweet Rain 死神の精度】

 27, 2009

◆◇◆雨男な死神さん◆◇◆

VAP,INC(VAP)(D) 2008.8
時間 113 分

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]金城武, 小西真奈美, 富司純子, 光石研, 筧昌也

おすすめ平均
stars原作を読んだ後だと…
stars予想外
stars生きた証としての死
stars“精度”の意味
starsこの監督はイイ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  千葉(死神)    ・・・金城武
  藤木一恵     ・・・小西真奈美
  老女(美容師)  ・・・富司純子
  藤田(ヤクザ)   ・・・光石研

■STAFF
  監督:筧昌也
  脚本:筧昌也、小林弘利

■STORY

千葉が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。
7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。
仕事はさっさと済ませ、CD ショップで“人類最大の発明品”として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。

そんな彼の職業は・・・死神。
今日も雨の中、彼は待っていた。7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットを―。
藤木一恵。27歳。とあるメーカーの苦情処理係。仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。
さあ、仕事の始まりだ・・・

■感想
  昨年映画化されてからずっと気になっていた作品。先に原作を読んでから・・・と思っていたのですが、たまたまスカパーの映画番組でOAするという情報を聞き、せっかくなので観てしまいました。
  本編の前後に出演者の小西真奈美さんのインタビュー(インタビュアーは何故か軽部さんリボンだった!)もあって、ちょっと得した気分です。410

   原作は6編の短編集なのですが、映画ではこのうち3編が選ばれ、オムニバス形式になっています。といっても、この3編は全く別のお話のように見えて、実は微妙に繋がっていることが分かります。
   その3編を繋いでいるのが、第1編で登場する藤木一恵の歌う曲なのです。本作のエンディング曲にもなっているこの歌は、小西真奈美さんが役名の『藤木一恵』で歌っている『SUNNY DAYS』という曲です。
  小西さんのかわいらしい雰囲気とはちょっと違って、透明感のある伸びやかな歌声がいいですね。

   人間が不慮の死を迎える7日前にその人間の元に現れ、生死の判定をする死神役を演じるのが金城武さん。
   普通、死神というと恐ろしいイメージがありますが、この死神さん、お茶目で、会話の受け答えもちょっとズレています。

   「ナンパですか?」「大丈夫、ここは船の中じゃないから」
  「雨男なんですね」「雨男?それって雪男というのと一緒かな?何をするにも必ず雪が降る」 などなど(笑)

   ヘッドフォン304から流れる音楽のリズムに合わせて、首を左右に傾げる死神さんの姿もちょっと可愛い344
   また、その場面に合わせて、好青年風、怪しげな情報屋、ヒッピー風な若者と姿を変えて登場するのも見所です。

   死神はターゲットに「死ぬことについてどう思うか?」という質問を投げかけます。
   もちろんそれは、判定を下すための判断材料となるわけなんですが、死神はその人間が人生を全うしたか、悔いの残らない生き方をしたかを考えて判定しています。
   ちょっと以前に放送された連続ドラマ『ロスタイムライフ』と通ずるところがあるように思いました。
  登場人物の「生きていればきっといいことがある」「死ぬことは特別じゃないけど、大切なこと」というセリフと合わせて、自分が毎日を精一杯生きているか考えさせられるし、また、なかなか上手くいかず、落ち込んだりしているときに勇気をもらえるメッセージが詰まった作品だなと思いました。

   ラストシーンがとっても素敵でした。ちょっとしたサプライズもあり。死神さんもいい仕事をしましたね。

   伊坂幸太郎作品は、ものすごいペースで映画化されていますね。もうすぐ『重力ピエロ』が公開されますし。
  私は伊坂作品はまだ一作しか読んだことがないのですが、ここまで注目されているというのは気になりますね。これから目が離せない作家さんになりそうです。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:映画 金城武 伊坂幸太郎 死神の精度

COMMENT 2

Tue
2009.04.28
01:43

viviandpiano

URL

いい作品ですよね!

私もお正月に見て、もうすっかり死神ファンになってしまいました(笑)
原作を読みたいと思いつつ、まだ手を出してないのですが、
たしかに、伊坂作品の映画化度合いはめちゃ高いですよね!
それだけの感性を持った作家さんなのだと思います。

私もロスタイムライフと似てる~って思いました。
死、そして生というものに向かい合う時間、
私もできたら、死ぬ前には欲しいなと思いました。

Edit | Reply | 
Wed
2009.04.29
11:28

翠香

URL

viviandpianoさんへ

これ、DVDの予約待ちしていたのですが、なかなか借りられなかったので、観られてラッキーでした。
内容も期待を裏切ることなく、素敵な作品でしたね(^^)

そう、ロスタイムライフと似ていますよね。死生観というか、その人の人生を見つめる時間・・・。
この世に悔いを残さずに死ねたらいいですよね。ああ、やり遂げた~という爽快な気分で。
その時にこんなお茶目でカッコいい死神さんが来てくれたらうれしいかな(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?