毛髪再生

【探偵Xからの挑戦状!】 第5回「森江春策の災難」

Category探偵Xからの挑戦状!
 0  0

 探偵Xからの挑戦状!も後半戦に突入です。ようやく推理に名乗りを上げた私です(^^;)

■放送日時
   2009年4月29日(水) NHK総合 深夜0時10分~0時39分

■タイトル
   第5回「森江春策の災難」

■著者
   芦辺拓

■あらすじ

ケータイ小説とテレビが連動した新感覚ミステリーの第5回。弁護士にして素人探偵である森江春策の事務所で、ナイフで背中を刺された男の死体が発見された! 殺された男がよろめきながら事務所に入るのを見ていた目撃者。あとを追うように事務所を訪れた女性。そして事務所の主、森江…。男を刺したのは誰か? 刺されたのは誰か? 事件は意外な展開を迎える!【ナビゲーター】竹中直人、谷村美月

(NHK番組表より)

■感想
   今回はかなり自信あったんですよ。もしかして完全正解者かも?なんて・・・(^^;)
  本物の森江春策が猿轡をはめられ、ロッカーから現れたときには、ほくそ笑んでいました。389加江田真世が助手の新島ともかだと分かると、小さくガッツポーズ。220
  が・・・被害者が花村カオルと聞き、唖然。405ええっ!花村カオルってあの地味~なスーツ姿の男じゃないの??
  スーツ男が森江に化けた犯人だということは分かっていたのですが、まさか名前も与えられていない人物が犯人とはねぇ。主役面して画面にたくさん映ってたのに。390
  スーツ男が花村カオルだと思ったのは、菊園綾子の「花村カオル・・・・・・あんたがどうしてここに? ──教えなさいよ、いったい何がどうなったかを!」というセリフがあったから。
  このセリフは加江田真世に向かって言ったとありますが、私は加江田真世の向こうに立っていたスーツ男に対して言ったセリフだと推理したのです。
  死体に向かって、「あんたがどうしてここに?」とは言わないと思うのだけど・・・。
  まあその他にも、犯人は始めは客として、森江法律事務所にやってきて、コーヒー273に睡眠薬を入れて森江を眠らせたこと、被害者の帽子とコートを着て、あたかも外で刺されて事務所の中で絶命したように偽装したことなどは見抜けなかったので、完全正解にはほど遠かったです・・・ハハハ見事玉砕ですorz
  んー、何で刺された上からコートを羽織っていたのか、何故被害者は最後の力を振り絞って森江法律事務所にやってきたのかが疑問だったのですけどね・・・。偽装だったとは!
  それにしても、この犯人、一人3役をやったわけですか。ご苦労なことで(笑)

   いつも問題編と解決編のギャップが気になっていたのですが、今回はあまりなく、クオリティの高さを感じました。
  推理に関してもあまり強引さはなかった(突っ込みどころはいくつかありますが・・・)ので、まあまあ満足しています。

  今回の投票数は、前回の1758票からさらに減って1678票。完全正解者は103人。意外と多い。さらにウルトラ完全正解者は19人。

  次回は、井上夢人さん作『セブ島の青い海』です。タイトルから孤島モノのような気がしますね。エントリーするかは微妙だけど、とりあえず推理には挑戦しようと思います。   

■参考
 
ケータイコラボミステリー探偵Xからの挑戦状!
  番組HP。番組のご紹介、作家プロフィール等
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

探偵Xからの挑戦状!

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment