FC2ブログ
毛髪再生

【扉は閉ざされたまま】 石持浅海

Category碓氷優佳
 2  0

◆◇◆安楽椅子倒叙ミステリ!?◆◇◆

碓氷優佳シリーズ1
長編
ノンノベル 2005.5
  祥伝社文庫 2008.2
2005年『このミステリーがすごい!』第2位

石持 浅海 祥伝社 2008-02-08
売り上げランキング : 34935
by ヨメレバ

■あらすじ

大学の同窓会で七人の旧友が館に集まった。
<あそこなら完璧な密室をつくることができる・・・・・・>
伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。
自殺説も浮上し、犯行は成功したかにみえた。
しかし、碓氷優佳だけは疑問を抱く。
開かない扉を前に、息詰まる頭脳戦が始まった・・・・・・。
(祥伝社文庫より)

■感想

書店で見つけて、タイトルと本の帯に惹かれて購入した本。
本の帯には
石持浅海作品・・・最初に読むならコレ!! 犯人vs名探偵の息詰まる頭脳戦・・・・一気読みまちがいなしの名作です!!
なんて書いてあるので、めちゃくちゃ気になるではないですか~!
ま、この手の謳い文句はえてして大げさなのが多いのですが・・・。

この作品は、いわゆる倒叙ミステリです。
倒叙ミステリというのは、まず犯人がどのように犯行を行ったのか、あらかじめ読者に明示されます。
その後、探偵役が現場の状況、関係者の証言等から犯人の齟齬を見つけ出し、真相に到達するというもの。
ただ、この作品の場合、犯行現場が密室になってしまっているため、現場の状況を見ることが出来ません。
普通は密室が完成していても、ドアを破るなりして中に踏み込みますが、
この現場は特殊で、年代物の高価な扉でそう易々と壊すわけにはいかないという事情があるのです。
しかも、部屋の中の人物がただ眠りこけているだけという可能性もあるので、なかなか決断できない。
まさにタイトルどおり扉は閉ざされたまま、ストーリーが展開されます。

この物語の探偵役である、碓氷優佳は、ドアの施錠の状態と窓の外から見た部屋の状況(他の人からの伝聞)、
そして雑談の中から謎を解いているので、安楽椅子探偵の要素も併せ持っています。

さてさて、ミステリーマニアが喜びそうな単語がたくさん出てきましたね(笑)

本の帯に書かれている通り、犯人vs名探偵の頭脳戦は確かに見ごたえがありました。
引き込まれて時間を忘れて読んでしまったほど。
しかもこの2人はお互いを憎からず想っているところが微妙な感じなんですよね。
でも優佳ってちょっと怖い。真相究明の為には他人の秘密を暴露するのも厭わないし、
結局、犯人も手玉に取られてしまうし。

読みながらずっと気になっていたのが、殺害動機と犯人が何故部屋を密室にしたのかということ。
折角事故死に見せかけたのに、下手に密室を作ってしまっては殺人と疑われかねない。
実はこの二つの謎は密接に関わりあっていたのです。
殺害動機に関しては、かなり物議を醸しているようで、
普通こんな理由で人は殺さないという意見が大勢のようです。
私も全く同感です。自分を律している人にとって、赦しがたいことでも、神でもない人が人を裁くことはできません。
さらに踏み込んだ理由付けがあれば良かったかなと思いました。
ただ、何度もシュミレーションをして用意周到だった犯人も、
相手の出方次第では実行しなかったかもしれなかったことが救いでしょうか。

なお、文庫版では、終章の後ろに『前夜』というエピソードが追加されているのですが、
優佳の推理で明らかになっていることなので、蛇足だったかな。

 

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

  ◆トリック度 267267267267
◆冷や汗度 404404
◆満足度 ★★★★

■こんな方におすすめ!

  • ミステリーマニアの方
  • 古畑任三郎シリーズがお好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

石持浅海倒叙ミステリこのミス碓氷優佳

2 Comments

viviandpiano  

これ!

気になってた作品だったんですよ~!
ミステリファンが思わず手に取ってしまいそうな文句ですよね。
古畑もそうですけど、刑事コロンボも好きなので、
そのうち読んでみようかな~♪
最近、読みたい本が増えて困ります。
でも、今積読になってるのを片付けないと・・・

2009/05/05 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

私も本屋で見たときに無性に気になって、思わず手に取ってしまいました(笑)
古畑と刑事コロンボが好きならおススメです。
動機に関しては疑問が残るけれど、犯人vs探偵役の頭脳戦は読み応えありますよ~。

あ~積読本・・・多過ぎて(^^;)
それなのに、本屋にフラフラ~と入ってはつい新しい本を買ってきてしまいます。
買って来ては「これ、どこに仕舞おう?」と本棚の前でパズルしてます(笑)

2009/05/05 (Tue) 22:56 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment