【朱色の研究】 有栖川有栖

◆◇◆夕暮れのお告げ◆◇◆

火村英生シリーズ8
長編
角川書店 1997.11
  角川文庫 2000.8

朱色の研究 (角川文庫)
朱色の研究 (角川文庫)有栖川 有栖

おすすめ平均
stars世界の終り。
starsちょっとがっかり…
starsトリックの意味
stars映像的な作品
stars端正な一作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

“2年前の未解決殺人事件を、再調査してほしい。これが先生のゼミに入った本当の目的です”臨床犯罪学者・火村英生が、過去の体験から毒々しいオレンジ色を恐怖する教え子・貴島朱美から突然の依頼を受けたのは、一面を朱で染めた研究室の夕焼け時だった──。
さっそく火村は友人で推理作家の有栖川有栖とともに当時の関係者から事情を聴取しようとするが、その矢先、火村宛に新たな殺人を示唆する様な電話が入った。2人はその関係者宅に急行すると、そこには予告通り新たなる死体が・・・・・・?!
現代のホームズ&ワトソンが解き明かす本格ミステリの金字塔。
(角川文庫より)

■テーマ
  夕焼け

■舞台
  和歌山県西牟婁郡すさみ町

■ヒロイン
  貴島朱美(英都大学社会学部火村ゼミ学生)

■感想
  色付くミステリー、第2弾は、【朱色の研究】です。これは、火村シリーズ第8弾になります。
  タイトルから、コナン・ドイル作で、シャーロック・ホームズのデビュー作『緋色の研究』を連想された方も多いと思いますが、やはりもじったそうです。
  今回、『朱色』ということで、この作品を選んだのですが、作中では、夕焼けのオレンジ色482、火事の炎、大阪大空襲で真っ赤に染まった夜空・・・と朱色が効果的に使われています。まさに今回の色特集にふさわしい内容でした。本の装丁の朱色をバックにした目416(しかも朱色を見ているため、瞳に朱色が映っている)というデザインもインパクトがあり、作品の内容が表現されていて、なかなかよいですね。

  私は、火村シリーズは長編の方が好きです。短編は、推理クイズ的なものが多くて、なんだか物足りない気がするのですよね。長編の方が人物をきちんと描けているし、火村とアリスのかけあいも楽しい。また、火村の抱えている秘密が少しずつ明らかになるのは長編ならでは。そう、今回、火村がうなされていた夢の内容が分かります。といっても、まだ詳しくは明らかにされません。うーん、気になりますね~。アリスも火村に対しては普段は軽口をたたいているけれど、実は放っておけないほど心配しているのですね。

  今回は終盤ぎりぎりまで犯人が分からない状態だったのですが、一気に謎を解いた火村、さすがです!6年前、2年前、そして現在の3つの事件がすべて繋がっており、推理にも無理がありませんでした。しかしこの犯人、随分と小難しいトリックを考え出したものですね。火村も危うく騙されるところでした(^^;)
  ただ、動機に関しては、やはり疑問が残りますね。純愛とも言えないような、身勝手な理由。赦せないのは、相手ではなく、自分の気持ちでしょう。

  火村はフィールドワークに出かけるたびに休講にしていて、こんないい加減でいいのか?常々と思っていましたが、今回は大学の先生らしい一面を見せていましたね。火村の講義は人気があるのだとか。私も英都大学に潜り込んで火村の講義を聴講してみたい(^^)・・・あ、湯川(探偵ガリレオ)のときも同じこと言ったかしら?(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • トリックモノが好きな方
  • 歴史・伝説に興味がある方

■関連本

朱色の研究―夕陽丘殺人事件 (あすかコミックスDX―臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート)
朱色の研究―夕陽丘殺人事件 (あすかコミックスDX―臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート)有栖川 有栖

おすすめ平均
stars朱色の研究・前編☆
starsこれの続きは・・・
stars最強のタッグを組んだ御二人の・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲コミック版もあります♪火村がイケメンに描かれてますよ~

 

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 火村英生(作家アリス)
Published on: Mon,  18 2009 23:40
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

火村英生 有栖川有栖

2 Comments

viviandpiano  

きゃ~♪

「朱色」のリクエストに早速お応えいただきましてありがとうございます♪
私も長編は大好きです☆
火村の内面もかかれるし、作家アリスの心情も書かれるし、
「小説」を読みたい者としては、濃厚で。

コミック版も読みましたけど、ハンサムすぎる!(笑)
火村もそうだけど、アリスがイメージと違~う!!
ま、これもアリですけどね(優柔不断w)

2009/05/19 (Tue) 02:56 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

viviandpianoさんがリクエストされた「朱色」は、もちろんこの作品ですよね!
これ、ずっと読みたかった作品だったので、期待に違わず、大満足(^^)
これで動機が納得のいくものだったら、★5つだったのですが。

やはりこのシリーズは、火村とアリスのかけあいが楽しいですよね♪
火村の心の闇も気になるところです。この辺は京介と似たところがありますね。

コミック版は実は持っていて(ブックオフで105円だったw)、
原作読んでから、と思ってパラパラとしか見てないのですが、
火村カッコ良過ぎ。アリスもなんか可愛い感じですよね(笑)

2009/05/20 (Wed) 00:27 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment