映画【ザ・ファーム 法律事務所】

◆◇◆四面楚歌からの大逆転!◆◇◆

パラマウント映画=UIP配給 1993年
制作国 アメリカ
時間 155 分

ザ・ファーム 法律事務所 [DVD]
ザ・ファーム 法律事務所 [DVD]ジョン・グリシャム

おすすめ平均
stars結末はハリウッド的だけど
stars不完全燃焼
stars若き弁護士が選んだ道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  ミッチ・マクディーア         ・・・トム・クルーズ
  エイヴァリー・トラー         ・・・ジーン・ハックマン
  アビー・マクディーア         ・・・ジーン・トリプルホーン
  ウエイン・タランス(FBI捜査官)  ・・・エド・ハリス
  タミー                  ・・・ホリー・ハンター

■STAFF
  監督:シドニー・ポラック
  原作:ジョン・グリシャム
  脚本:ロバート・タウン/デイヴィッド・レイフィール

■STORY

苦学してハーバードの法科を卒業したミッチは、破格の待遇で、ある法律事務所にスカウトされる。先輩弁護士たちからも温かい歓迎を受け、意気揚々と弁護士生活をスタートしたミッチだったが、実はこの弁護士事務所には、組織ぐるみの恐るべき悪が存在していた。

■感想
  ハーバード法科で成績優秀のミッチは、引く手あまた。その中でひときわ高待遇でスカウトしてきたメンフィスの法律事務所。歓迎パーティーに招かれたミッチは、音楽も料理もダサい田舎町だけれど、アットホームな雰囲気がすっかり気に入った。一方、妻のアビーは、「共働きは禁止してはいないけれど、皆専業主婦」、「子供を作ることを奨励」と家庭生活にまで干渉してくるのを不審に思っていた。
  メンフィスの法律事務所で働き始めたミッチだが、残業続きの毎日だった。ある夜、ファストフード店で残業仕事をしていると、見知らぬ男たちが店にやってきて、自分の法律事務所の所属弁護士がここ数年で4人も亡くなっていると話しているのを耳にする。
  死んだ4人の弁護士について、調べ始めるミッチ。4人は殺されたのではないかという疑いを強く持つ。やがてミッチは、この法律事務所の裏の顔を知ることになる。

  2時間半という、長めの映画なのですが、バックのピアノ音楽が効果的でテンポがよく、長さを感じさせませんでした。
  トム・クルーズ演じるミッチは、家と事務所は盗聴されているわ(逃げ出した弁護士は皆殺されている。)、FBI捜査官が接触してきて、事務所の重要書類を渡せば身柄は保護するという条件を突きつけられるわ(それは弁護士資格の剥奪を意味している。)、さらに罠にはめられ、不倫の弱みを握られ、妻とも上手くいかなくなるわ・・・とまあ、まさに四面楚歌、八方ふさがりな状況に追い込まれてしまいます。
   服役中の兄の紹介の私立探偵、なかなかナイスキャラだったのに、あっさり殺されちゃいましたねぇ(^^;) 彼は最期までボケかましていましたけれど。(だから殺された?)

  後半は、殺された私立探偵の秘書・タミーの協力で、ミッチの大逆転劇が始まります。さすがに成績優秀のミッチ、服役中の兄を助け、自分が命の危険に晒されることなく、弁護士資格も守るという凄い方法を思いつきます。しかし、途中で事務所に裏切りがばれ、事務所がまわした殺し屋とFBIの双方に追われる身となってしまいます。このあたりの展開はハラハラドキドキ。
  それにしても、ミッチはバスケットボールで鍛えていただけあって、(最初のバスケの試合のシーンはこの伏線か?)逃げ足が速いんですよね~。かなり無茶してましたが・・・。

  この映画は、1993年製作なので、今から16年前の作品。トム・クルーズ、若いです!でもあまり古さは感じませんでした。トム・クルーズもこの役がぴったり合っていると思います。

  最後がご都合主義な感じがしたのがちょっと残念。そんな子供騙しなやり方が通用するのか、かなり疑問でしたが、サスペンスあり、アクションありで楽しめました。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 映画
Published on: Tue,  19 2009 23:57
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

映画 トム・クルーズ

2 Comments

viviandpiano  

以前見ました♪

細かい筋立ては忘れてしまったのですが、
かなりドキドキしながら見た記憶が有ります。
アメリカはハッピーエンドじゃないと売れないといわれるので、
ご都合主義なのも仕方ないことかも。

それにしても、こうやってトム・クルーズを見ると、
本当に若いですね!!
今も大活躍だし、いい俳優さんだと思います☆

2009/05/20 (Wed) 02:22 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

単身でマフィアの事務所に乗り込み、逆に脅迫めいたことをするなんて、
その勇気には恐れ入りましたが、現実だったら、命はないでしょうねぇ(^^;)
ま、観ている方もハッピーエンドの方が安心できますけどね(笑)

トム・クルーズの出演作品はいくつか観ていますが、やっぱりカッコいいですね~v-398
見た目だけでなく、演技にも引き込まれるものがありますよね。

2009/05/20 (Wed) 22:09 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment