Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【放課後】 東野圭吾

【放課後】 東野圭吾

 09, 2009

◆◇◆前門の虎、後門の狼◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
講談社 1985.9
  講談社文庫 1988.7
20第31回江戸川乱歩賞受賞作。

放課後 (講談社文庫)
放課後 (講談社文庫)東野 圭吾

おすすめ平均
stars動機
stars哀しい結末
starsそれぞれの放課後とは
stars「すべてはこの1冊からはじまった!」。この名キャッチコピーが、全てを物語っている
stars驚きの動機と切ない結末

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将──犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が・・・・・・。乱歩賞受賞の青春推理。
(講談社文庫より)

■テーマ
 アーチェリー
 体育祭

■感想
 私が初めて東野圭吾氏の作品を読んだのは、2作目の【卒業-雪月花殺人ゲーム】でした。その前のデビュー作にして乱歩賞作品、ずっと気になっていたのですが、ようやく読むことが出来ました。
 【放課後】というタイトルからも分かる通り、学園ミステリです。『放課後』、懐かしい響きですね~。でも、「私」という一人称で語られるのは、生徒ではなく、前島という数学教師です。
 私事ですが、意外な符合に驚いてしまいました。高校の時、前島先生という数学教師がいたのです。しかも弓道部の顧問(確か・・・)! まあ、この作品の前島先生は洋弓(アーチェリー)部の顧問ですけどね。

 閑話休題。
 さすがに乱歩賞に応募しただけあって、かなり気合の入った作品ですね。とにかくトリックが凝っています。ある女生徒が披露したトリックになるほどね~と感心したのですが、なんと『捨て石』トリックだったとは!
 東野作品は、「・・・のように見せかけて、実は・・・」というパターンが多いような・・・。あ~書きながらニンマリしている姿が目に浮かびますよ。
 伏線の張り方はフェアだと思います。そして全く無駄がないですね。

 読みながらずっと不穏な空気を感じていて、終盤に『何か』があるのではないかと思っていました。それが、前島が探偵役を務めて真相解明。これで終わり?と腑に落ちない気分でいたら、やはり最後に大きな落とし穴が!最後の最後まで気を抜けない展開、さすがですね。

 なお、動機については物議を醸したようなのですが、内容を見てみると、「感受性の強い年頃だから・・・」といわゆる『主』の方に言及されているのがほとんどでした。私はこっちの方は多少不満はありますが、まあ分からないでもないかな・・・と思っているのですが、むしろ分からないのが『裏』の方の動機。もっと穏便な(?)大人の解決方法がありますよね。

 アーチェリーについては、ほとんど知識がなかったのですが、東野氏は大学時代にアーチェリー部に所属していたそうで、ルールや道具について詳しい解説がなされていました。東野作品には、アーチェリー、剣道、数学教師、ピエロと作品間で共通のキーワードがありますね。【卒業-雪月花殺人ゲーム】では、茶道をテーマにしていたし、幅広い知識が作品に生かされているのを感じました。また他の作品を読むのが楽しみです。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 本格推理をお好みの方
  • アーチェリー・弓道の心得のある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 江戸川乱歩賞

COMMENT 2

Tue
2009.06.09
23:41

viviandpiano

URL

こってり。

さすが大阪人らしく(笑)
色んなトリックをギュウ詰めでしたね。
乱歩賞応募作ということで、気合いの入り方が違います。

多分、ミステリの美味しい要素を全部入れたかったんだと思います。
密室、どんでん返し、見えない動機、意外な結末・・・などなど。
「裏」は途中で読めてたのですが、確かに大人の解決があったかも。
まあ「許せなかった」ということにつきるのだとは思いますが(^^;

Edit | Reply | 
Wed
2009.06.10
00:15

翠香

URL

コテコテミステリ?

> viviandpianoさん
そうそう、東野さん大阪人でしたね。
何が審査員の好みにヒットするか分からないので、とりあえず全部入れておけ、という感じだったのでしょうか。
この一冊でお腹いっぱいですね(^^;)

「裏」は分かりやすかったですよね。そのあたりがデビュー作らしく荒削りな感じがしました。
ラストのアレはない方がよいという意見もありましたが、それでは収まりがつかないですよね。
おそらく後味の悪さから来ているのだと思いますが、あのラストで初めてタイトルの意味が分かるので、
絶対必要だと思います。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?