【軽井沢殺人事件】 内田康夫

◆◇◆信濃のコロンボ・竹村警部との競演!◆◇◆

浅見光彦シリーズ17  
長編  
カドカワノベルズ 1987.11
角川文庫 1990.10
  光文社文庫 1998.5
  集英社文庫 2002.4

軽井沢殺人事件
軽井沢殺人事件 内田 康夫

集英社 2002-04
売り上げランキング : 215368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ
 金の売買などのインチキ商法で世間を騒がせた「佐賀原商事」の幹部社員平山は、南青山で交通事故に遭い、死亡した。後には「ホトケのオデコ」という謎の言葉と「九条亜矢子」という名刺が残った。亜矢子は現在、政界に隠然たる影響力を及ぼすフィクサー・大原と結婚していた。一方、軽井沢大橋で、警視庁公安部員が不審死を遂げた。事件の背後には四十数年前のある出来事・・・・・が・・・・・・。信濃のコロンボ・竹村警部と名探偵浅見光彦が初めて競演!
 霧の軽井沢を舞台に、上流社会の絢爛たる世界を描くロマンティック・ミステリー。

(角川文庫より)

■テーマ
 豊田商事事件(作中では「佐賀原商事」としている)

■舞台
 長野県北佐久郡軽井沢町  

■ヒロイン
 野本美貴(24歳・OL)

■感想
 信濃のコロンボ・竹村警部との競演!という文言に惹かれ、これは一粒で二度おいしいかも・・・と期待していたのですが、
(ちなみにご存知ない方のために、竹村警部とは、内田氏のデビュー作、【死者の木霊】に登場するキャラクターで、信濃のコロンボシリーズは、浅見シリーズと共に内田氏の人気シリーズです)
2人の初対面は物語の3分の2を過ぎたぐらいからで、からみも少なく、ちょっと物足りなかったですね。もっと2人の推理対決を見たかったな・・・。

肝心の事件の方も、すっきりとしない終わり方で、肩すかしを食らったような感じでした。さすがの浅見も今度ばかりはグロッキーだったようで・・・。

 なお、ヒロインは【浅見光彦 the Complete】に倣って野本美貴としましたが、残念ながら(?)浅見は恋愛対象ではありません(笑)431
事件解決後、彼女がどうなったかも不明。事件の鍵267を握る人物なのに、ぞんざいな扱いだなぁ・・・。

■評価  ★★★

■特におすすめ!

  • 信濃のコロンボシリーズをご存知な方
  • 関連記事
    スポンサーサイト

    最後までお読みいただきましてありがとうございました。
    ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

    Category: 浅見光彦
    Published on: Mon,  14 2006 00:53
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    nemurineko  

    面白かったです

    翠香さんこんにちは

    竹村警部と浅見光彦の競演と言うことで一気読みしました。
    初共演と言うことでいわば顔見せ的な演出でしたね、以後競演されるかわか
    りませんけど次の競演が本格的に推理を競い合う感じで面白くなりそうなのですが(^^)
    最後気になるのは竹村警部が最後捕まえたかたなぜ翌日大橋の下から発見
    されたのかわかりません

    2012/06/19 (Tue) 17:51 | EDIT | REPLY |   

    翠香  

    nemurinekoさんへ

    これ、ファンにはうれしいコラボですよね。
    しかしこの記事、随分と古いなぁ(^^;)
    内容も全然書いてないし、下手で恥ずかしいe-330。書き直そうかしら・・・。

    浅見と竹村の競演はこの後もありますよ。
    ちなみに浅見と岡部の競演もあります(^^)

    2012/06/20 (Wed) 00:12 | EDIT | REPLY |   

    コメント&トラックバックに関する注意

    コメントについて

    他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
    そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
    また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
    くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
    どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
    ナイショのコメントにしてくださいね。

    トラックバックについて

    言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
    言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
    当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
    それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
    トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

    なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
    記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
    また、コメント・トラックバックのルールについては、
    Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
    合わせてご一読ください。

    Post a comment