毛髪再生

【心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている】 神永学

Category神永学
 2  0

◆◇◆死人に口あり◆◇◆

心霊探偵八雲シリーズ1
短編集
文芸社 2004.10
  角川文庫 2008.3
299‘09発見。角川文庫夏の100冊対象本

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
おすすめ平均
stars続きを読むかは人それぞれ
stars子供向け
stars普段あんまり活字本読まない人にも
stars何を良しとするか、かな?
stars面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!? 女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人・・・・・・次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場!!
(角川文庫より)

■感想
  発見。角川文庫夏の100冊対象本。
  昨年、新刊で出たのをジャケ買いした記憶があります(笑) 『心霊探偵』というのが若干気になってはいたのですが・・・。

  主人公は、左目が炎のように赤く、死者の魂が見えるという特異体質を持つ斉藤八雲。それ故、周りから気味悪がられたり、変人扱いされたため、すっかり性格がひねくれています。でも、死者の魂が見えるだけで何も出来ずに歯痒く思っていたりして本当は優しい心を持っています。
  そして、八雲の元を訪れ、色々相談事を持ち込むのが小沢晴香。晴香自身も幼い頃に双子の姉を亡くすという辛い過去を持っています。晴香の位置づけが八雲の相棒や助手ではなく依頼人というのが探偵モノのメインキャラとしてはちょっと変わっているかな。
  八雲は毎回晴香の相談事からトラブルに巻き込まれ、さんざん文句をいいながらも晴香の身の危険を案じ、間一髪のところで助け出しています。う~ん、こういう設定は少女マンガチックだなぁと思ったら、マンガにもなっているんですね。さらにドラマ化、舞台化もされたとか。実際のキャストは知らないのですが、八雲役は松山ケンイチさんがいいかな。たまたま夏の100冊のイメージキャラクターだったので、小冊子の写真を見たわけなんですが、本作の表紙イラストの八雲と髪型が似ているし、ちょっとつかみどころのない感じが雰囲気にあっているように思います。

  『心霊探偵』と銘打っていることもあり、心霊スポットや幽霊39が出てくる場面があります。夏の読書にピッタリなのですが、実はオカルト色はあまりありません。幽霊も元を正せば生きた人間。自分の意志に反して亡くなったのは、殺した犯人がいるからで、あくまで八雲は殺人事件の罪を暴くことになります。さすがに幽霊から「コイツに殺された!」と聞くという禁じ手は使っていないものの、地道に捜査した結果、真相に行き当たるパターン(しかもあまり意外性はない^^;)なので、本格推理好みの方には物足りなく感じるかもしれません。どちらかといえばライトノベルかな。人気シリーズということですが、ハマっているのはやはり若い方が多いみたいですね。

 本作は3つの短編+文庫書き下ろしエピソードという構成なのですが、どうも展開がワンパターン。このシリーズ、現在8作(文庫は5作)まで出ているそうですが、ずっとこのパターンで8作まで引っ張っているのでしょうか?(^^;) 登場人物も少ないので、新キャラを登場させるとか新たな展開がないと退屈しそう。八雲の過去も最初からオープンにしないで小出しにすれば、次回作に期待が持てたのですけどね。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★

■特におすすめ! 

  • 中高生・大学生の方
  • キャラ萌え10したい方
  • 気軽に読める本をお探しの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

心霊探偵八雲神永学夏の100冊

2 Comments

viviandpiano  

なるほど

キャラ読みとしても、本格読みとしても、
物足りない感じなんでしょうか。
タイトルから、やっぱりジュニア向けラノベな感じですね。

けど、魂見えちゃったりしたら・・・
安心して暮らせませんよね?(^^;

2009/08/22 (Sat) 17:00 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

これは本格とは言えないですね。
キャラ読みとしては、少女マンガ的シチュエーションが好きな人ならハマる要素があるので、
好みによると思いますよ。
私個人としては、京介や火村ほどではなかったかな(^^;)

八雲の親代わりの叔父さんがお寺の住職なので、家に帰ると(霊が)騒がしくてやっていられないので、
大学の部室に寝泊りしているという・・・。結構大変そう(笑)

2009/08/22 (Sat) 23:32 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment