映画【タロットカード殺人事件】

◆◇◆恋人は殺人者!?◆◇◆

制作年 2006年
制作国 イギリス
時間 95分

タロットカード殺人事件 [DVD]
タロットカード殺人事件 [DVD]
おすすめ平均
starsこうんちうん
starsスカーレット・ヨハンソンの魅力爆発
stars英国版・火曜サスペンス劇場 with 豪華メンバー!!!
starsスカーレット・ヨハンソンのコメディエンヌの魅力を引き出すウディの名伯楽ぶり
stars評価に悩む作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  シド・ウォーターマン   ・・・ウディ・アレン
  サンドラ・プランスキー  ・・・スカーレット・ヨハンソン
  ジョー・ストロンベル   ・・・イマン・マクシェーン
  ピーター・ライモン    ・・・ヒュー・ジャックマン
■STAFF
  監督:ウディ・アレン
  製作:レッティ・アロンソン、ガレス・ワイリー
  脚本:ウディ・アレン

■STORY

三流マジシャン、シドのショーで“チャイニーズ・ボックス”に入った女子大生サンドラは、幽霊となった新聞記者から世紀のスクープを耳打ちされる。それは、ロンドンを恐怖で揺るがす<タロットカード殺人事件>の犯人の名前―。証拠を掴むため、父娘と偽ってシドと、ピーターに接近を試みたサンドラだが、洗練された英国貴族の彼にたちまち心を奪われてしまう。恋に落ちたサンドラは、もはやピーターを疑惑の目で見ることができない。しかし、そんなある夜・・・。

■感想
  ウディ・アレン監督作です。実はそうとは知らずにこの作品を選んだのですが、タイトルの上に『ウディ・アレンの』としっかり書いてあります(笑)
  ということは、ミステリーと思いきやこれはコメディなのか??と思って観始めたのですが、内容的にはコメディタッチのサスペンスといったところでしょうか。一部ファンタジーの要素もあり。

  黒髪でショートヘアの娼婦ばかりを狙った連続殺人事件。殺害現場にはタロットカードが置かれていたため、『タロットカード殺人事件』と呼ばれ、切り裂きジャック以来の猟奇的犯罪として恐れられていた──。

  このような連続殺人事件が背景にあるだけに、全体的にサスペンス色が強いですが、どこか2時間ドラマっぽい。
  さらにウディ・アレンのコミカルな演技があまり緊迫感を感じさせないのですよね(笑)
  【マンハッタン殺人ミステリー】のときもそうだったのですが、いやあ、ウディよくしゃべります(笑)今回の役どころはマジシャンだったのですが、マジシャンがこうもおしゃべりだと胡散臭いな~(^^;)

  タロットカード殺人事件を追っていた記者の葬式のシーンから始まり、死者たちが三途の川を渡る船に乗っているシーンに変わります。
  三途の川を渡るイメージといえば、小船に乗ってゆらゆらと物悲しい情景を思い浮かべるのですが、西洋だと随分様子が違うようで、大船にたくさんの死者が乗せられ、「あなたは何で死んだの?」なんて和やかに談笑したりしてなんだか楽しそうです(笑)
  その船の中で新聞記者だったジョーは、殺人犯として狙いをつけていた男の秘書をしていた女性に出会います。彼女は真相に気付いてしまった為、毒殺されたようです。
  ジョーはこれは大スクープだと喜んだものの、彼はもはやこの世の人ではない。そこでジョーは学生ジャーナリストのサンドラにこのことを伝え、事件の捜査を依頼します。
  ジョーはもちろん幽霊なのですが、ジョーの出没はコミカルでなんだか笑ってしまいます。さらに「死神に見つかるからもう帰らなきゃ」なって言っているところがまたおかしい(^▽^)

  ジョーが犯人だと狙いをつけていた人物は、英国貴族のピーター。このピーターを演じているのが、あの「世界一セクシーな男」、ヒュー・ジャックマンなんですね~。
  紳士的で洗練されたピーターと接し、サンドラは恋に落ちてしまいます。う~ん、サンドラでなくても女子なら彼にメロメロ10になってしまいますよね~。
  ピーターに対する疑惑は深まるものの、状況証拠ばかりで決め手に欠ける。サンドラはシドの忠告も聞かず、事件から目をそらし彼を信じようとするのですが・・・。

  結末はちょっとお粗末だったかな。まあ予想はついていたし。謎解きを楽しむことはあまり期待できません。
  音楽はなぜあの曲白鳥が使われていたのかが謎だったのですが、クライマックスになって納得。でもあまり関係はない(笑)
  ちなみにグロいシーンは一切ないので、苦手な人も大丈夫ですよ。
  色んな意味でピーターにドキドキしてみてください(*^^*)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • コメディが好きな方
  • サスペンスが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 映画
Published on: Fri,  28 2009 21:31
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

映画 ウディ・アレン ヒュー・ジャックマン

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment