毛髪再生

映画 スルース【探偵】

Category映画
 2  0

◆◇◆3セットマッチを制した者は?◆◇◆

制作年 2007年
制作国 アメリカ
時間 89 分

スルース 【探偵】 [DVD]
スルース 【探偵】 [DVD]
おすすめ平均
stars本当の勝利者はどちらなのか?
starsオマージュだけが能じゃない
stars中盤まで
starsオリジナルを再見したくなってしまう
stars遊び心がオリジナルに比べると足りないかな・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  アンドリュー・ワイク    ・・・マイケル・ケイン
  マイロ・ティンドル     ・・・ジュード・ロウ

■STAFF
  監督:ケネス・ブラナー
  脚本:ハロルド・ピンター
  原作:アンソニー・シェーファー

■STORY

ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家ワイクの邸宅に、ティンドルと名乗る若い男がやって来る。彼はワイクの妻と不倫関係にあり、離婚を承諾しないワイクを説得にやってきた。ティンドルの要求にワイクはある提案をする。それはティンドルに、ワイクの高価な宝石を盗み出させる事だった。ワイクには保険金が入り、ティンドルも別れた妻と暮らせるお金が手に入る。承諾したティンドルはワイクの言うままに泥棒を演じるが…。

■感想
  有栖川有栖氏の著作【英国庭園の謎】の作中で、アリスが名作だとのたまっていた本作、ぜひ観たいと思っていました。但し、アリスが観たのは1972年に映画化されたオリジナル版。
  本作は、オリジナル版で若者役を演じたマイケル・ケインが初老の推理小説家にスイッチし、設定を現代に置き換えてリメイクされたものです。
  そして、かつてマイケル・ケインが演じた若者役にはジュード・ロウを迎えました。
  登場人物が極めて少ないので、映画というより舞台向けの作品だなと感じましたが、やはり元々は舞台用に書かれた作品のようです。

  ワイクの狂言泥棒の提案、絶対ワナだよな~と思っていましたが、ティンドルは言葉巧みに乗せられてしまいます。相手が生活力がないという弱みに付け込んでいるあたり、非常に狡猾ですね。
  しかも、ティンドルが屋根によじ登ったりしてあたふたしている様子を監視カメラで見てニヤニヤしていたり、電動梯子をわざと上げておいたり、かなり性格の悪いオヤジです(^^;)
  でもこんなのはまだまだ序の口。さらに恐ろしい「死のゲーム」へとエスカレートしていきます。

  多くの方がレビューで書かれているように、第2セットまでは息詰まる攻防戦で見ごたえがあったのですが、第3セットになってからは、なんだか狐と狸の化かし合いみたいになってきて、面白みが半減してしまいました。
  事態は思わぬ方向へ向かうのですが、どんでん返しというより、なんだそれ?って感じで・・・。オリジナル版はまた違うのかな??

  マイケル・ケインといえば、先日このブログで紹介した【デストラップ 死の罠】にも出演されています。
  舞台用の脚本であるほか、役どころも推理作家の大家で共通しているし、その対比として若者が出てくるところやお互いの関係など非常に似通ったところがあり、ちょっと新鮮味に欠けてしまった感があります。

  そんな中で、ジュード・ロウの演技は光っていましたね。彼は本作のプロデュースも手がけています。
  社会的地位のある初老の男の対比として、若者らしい情熱や青臭さを表現できていたし、妖しい魅力を兼ね備えていたのも良かったです(^^)
  ジュード・ロウの他の出演作も観てみたいと思いました。

  ラストは観たままの解釈でいいのでしょうか?どうもどれが本当なのか分からなくなってくるのですよね(^^;) なんだかあっけないような・・・。
  もっとあっと驚くような終わり方を期待しただけに、ちょっと残念です。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 舞台劇が好きな方
  • 心理劇が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

映画ジュード・ロウ

2 Comments

viviandpiano  

見たことないけど

オリジナル版との違いが気になりますよね~。
全く同じじゃ芸が無いから、
なにか新味を加えていると思うんですけど・・・

オリジナルを見る機会があったら、
そちらからチャレンジしてみたいですね(^^)

2009/09/10 (Thu) 03:08 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

この推理作家の家は全自動監視システムを搭載したハイテクな家なので、
これはリメイク版のアレンジだと思います。
逆にオリジナル版には自動で笑い出す人形があったとか(不気味ですね^^;)

ちょっとオチがあっけない感じなんですよ。
私もオリジナル版を見る機会があったら確認しておきたいと思います(^^)/

2009/09/10 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment