毛髪再生

ドラマ【浅見光彦シリーズ27 斎王の葬列】

Category浅見光彦(ドラマ)
 6  0

  久々の沢村一樹さん主演の浅見光彦シリーズです♪

■放送日時
  2009年9月7日 TBSテレビ 月曜ゴールデン 21時00分~22時54分

■番組名
  『浅見光彦シリーズ27  斎王の葬列』

■原作
  内田康夫『斎王の葬列』

■CAST
  浅見光彦    ・・・沢村一樹
  浅見陽一郎  ・・・村井国夫
  浅見雪江    ・・・加藤治子
  小宮山佳鈴  ・・・酒井美紀
  喬木正隆    ・・・山本圭
  小宮山頼子  ・・・松原智恵子
  長屋富子    ・・・音無美紀子
  塚越綾子    ・・・藤吉久美子
                      ほか

■あらすじ

ルポライターの光彦は、学生時代の友人である白井貞夫(山崎銀之丞)に白井が運営する劇団東京シャンハイボーイズの取材を頼まれる。劇団の今回の演目は「斎王の葬列」。都から伊勢神宮へ遣わされた皇女の通い路であった滋賀県土山が舞台で、「斎王群行」を題材にしたものである。
取材に訪れた光彦が、劇団員達に混じって劇団の宴会に出た翌日、シャンハイボーイズの元劇団員で、白井にロケ地を紹介した長屋明正(土屋裕一)が死体で発見される。そしてその数日後、今度はシャンハイボーイズのマネージャーだった塚越綾子が殺されてしまう…。
光彦は、二つの殺人事件を調査していくうちに、明正が劇団を辞めたことと、7年前に綾子が劇団に就職したことには因縁があったことを知る。そこには劇団の看板女優である小宮山佳鈴と劇団のスポンサーである喬木正隆の存在も見え隠れしていた。
(TBS「月曜ゴールデン」HPより抜粋)

■感想
 久々の沢村光彦です!前回はもう1年前になるのですね(津和野殺人事件)。フジ系では中村俊介さん主演の浅見光彦シリーズもあるので、なんだかしょっちゅうドラマをやっているような錯覚をしてしまいますが(^^;)
  やっぱり沢村さん、いいですよね~。398巷ではエロ男爵などと呼ばれておりますが、こうやってドラマを観てみると浅見光彦のイメージに合っているなと思います(^^)
 というより、いい加減エロ封印して欲しい・・・(--;) 先日、フレンドパークに出演したとき、ご本人も「浅見さん」って呼ばれたいとのたまっておりました(笑)

  原作では、わりとのんびりペースで事件が起こる(そもそも浅見がなかなか登場しない)のですが、さすがに2時間ドラマなので、第一の事件はすぐに起こります。
 最初の被害者・長屋は、ドラマでは陰気な男のイメージだったけれど、原作だともっとチャラ男なんですよね。その実、人知れず悩みを抱えているような感じで・・・。その辺りはドラマではあまり表現されていなかったかな。
  また、原作では町役場に勤める久米美佐子という女性が準ヒロイン的な立場だったのですが、ドラマでは町役場サイドの人物は全員カットされていましたね。

  浅見は、友人の白井に舞台の記事を書いてくれるよう頼まれ、あっさり「いいよ」と請け負いましたが・・・浅見ちゃん、自分の裁量で記事を書けるの??と密かにつっこんでしまいました(笑)
 そういえば、藤田編集長が出てくるのはフジ系だけだったかな?

  浅見の身元が割れて刑事の態度が豹変するのは、水戸黄門の印籠のような「お約束」なので、やっぱりありましたね(笑)
 しかし、刑事局長ドノが御自らお出ましとは驚きました(^^;)
 所轄の刑事は笑瓶ちゃんでしたね~。「浅見先生」ってちょっとやり過ぎ・・・。
 雪江さんに須美ちゃんまでお供につけて光彦の取材先について来るのはTBSならではなのだけど、毎回ながらどうも違和感あるな~。ますますマザコンのイメージが強くなります(苦笑)
 そうそう、村井さんの奥様の音無さんも出演されてましたね。ご夫婦で一緒のシーンは残念ながらなかったようですが。

  浅見が何故御輿の中に死体があることが分かったのか、など若干のつっこみどころはあったものの、ほぼ原作に沿っていたので、満足しています(^^)

  さてさてお次は3時間スペシャルもあります!(放送日はまだ未定)
  【高千穂伝説殺人事件】【歌わない笛】の二作を組み合わせた作品だそうで、この二作に登場している本沢千恵子というヴァイオリニストがヒロインです。
 二作以上に登場しているヒロインは、おそらく3人ぐらいしかいないので、光彦のお嫁さん有力候補!?
 10月には連ドラもスタートするし、アサミストさんには楽しみが目白押しですね~♪

■参考
 
浅見光彦シリーズ27  斎王の葬列
  番組HP。みどころ、あらすじ等。

 ●ミステリー処【love knot】 【斎王の葬列】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

■お知らせ

  10月よりスタートする連ドラのタイトルが決まりました!
  タイトルは・・・

  浅見光彦~最終章~』 です!

  ええ~っ!最終章ってどういうこと??405 これで浅見シリーズのドラマはおしまいってことなのかな? 詳細は不明です・・・。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦内田康夫沢村一樹

6 Comments

yueyue  

No title

こんいちわ~

フジとTBSのそれぞれの良さが少しわかった感じがしました~。浅見シリーズにハマってからまだドラマは2,3本しか見てないのですが、TBSの方が演出的には上かなと思ったり、雪江夫人は野際さんがいいなぁとか思ったりしてます。

次回の高千穂と歌わない笛は注目ですね~。
個人的にも好きなヒロインの1人ですし、やっぱり再度登場ヒロイン!というのは大きな印象を与えてくれますね!跡は、浅見はそれなりに、ほどよくヒロインに答えてくれればいいのですが、ほどよく。

2009/09/10 (Thu) 23:54 | REPLY |   

翠香  

yueyueさんへ

光彦以外のキャスティングはフジの方がしっくりきますね。
雪江さんは怖いお母さんなので、野際さんの方が迫力があっていいですよね(笑)
大体、いちいち光彦の取材先についてくるのが不自然なんですよね・・・。
ドラマ自体の作りはTBSの方が丁寧ですね。さすがに『ドラマのTBS』だw

次の3時間スペシャルは2作をどのように合作させるのかが注目ですね。
特に『高千穂』は好きな作品なので、かなり楽しみです♪

2009/09/11 (Fri) 23:43 | EDIT | REPLY |   

ミヒン  

今頃すみません・・再放送みたので

土山と伊勢って、実際は結構遠いんですが・・・

2010/06/14 (Mon) 17:32 | REPLY |   

翠香  

ミヒンさんへ

それだけ遠い道程を何日も掛けて群行したということでしょうね。
難儀なことだったと思います。
原作にも詳しい説明があるので、ぜひ原作も読んでみてください。

2010/06/15 (Tue) 00:20 | EDIT | REPLY |   

ミヒン  

コメントありがとうございます。

いえ、ドラマを見ていると、舞台が土山だったのが、次の瞬間、伊勢うどんを食べていたり、関の町並みだったり、松阪のすき焼きの老舗 だったりするので、地元民としては戸惑ってしまいました。
(土山と伊勢は東京と小田原より離れているはず)
この辺はあまり気にしないほうがいいのでしょうね・・
原作も気になるので読んでみようと思います。
ありがとうございました。

2010/06/15 (Tue) 15:59 | REPLY |   

翠香  

ミヒンさんへ

あ~なるほど、そういうことでしたか。
ドラマは2時間の制約があるので、本筋にあまり関係のない部分は
端折られてしまっても仕方ないのかなと思います。
小説とドラマでは見せ方が違うし、それぞれの良さはあると思いますよ。

私の父の実家が三重県なので、伊勢神宮は行ったことがあるのですが、
伊勢うどんは食べたことないですね。おいしいのかな?
田舎のお土産は、決まって「赤福」です(笑)

2010/06/16 (Wed) 00:07 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment