FC2ブログ
毛髪再生

【アヒルと鴨のコインロッカー】 伊坂幸太郎

Category伊坂幸太郎
 2  0

◆◇◆神様を閉じ込めに行かないか?◆◇◆

伊坂幸太郎(シリーズ外)
長編
東京創元社ミステリ・フロンティア 2003.11
  創元推理文庫 2006.12
20第25回吉川英治文学新人賞受賞作。
  202008年本屋大賞受賞作

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
おすすめ平均
starsラストにびっくり。
starsなんか、すっきりしない。
stars頑張る ポスト村上
stars読みやすい小説
stars構成は良いけれど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は──たった一冊の広辞苑!? そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ! 注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。
(創元推理文庫より)

■感想
 第25回吉川英治文学新人賞受賞、2008年本屋大賞受賞、さらには『このミス』の上位入賞など総じて評価が高く、先に読んだブロガーさん達からも「面白い」「びっくりする」という話を聞いていたので、かなり期待して読んでみたのですが・・・。
 伊坂さんの書かれる登場人物って、皆こんな感じなんでしょうか?なんというか感情が欠落しているというか・・・。
 私は伊坂作品は【オーデュボンの祈り】しか読んでいませんが、主人公がごく普通の若者で、その若者に近付いてくるのが、ちょっと風変わりな男という設定は似ていると思いました。
 また、動物を虐待する3人組の若者が描かれており、読んでいて嫌な気分になりました。伊坂作品には女性に乱暴する男などが悪の象徴として描かれることが多いそうなのですが、たとえ悪者に制裁が下されたとしても、好んで読みたくなるものではないですね。

 本作は現在と2年前の話がパラレルで進んでいきます。始めは全く関連性がないように見えましたが、共通の人物が登場してきて、少しずつ繋がりが見えてきます。しかし、2年前の話の語り手である琴美ちゃんが現在では全く登場しないのが気になりましたね。ペット殺し3人組の不穏な動き、現在の登場人物の様子などから彼女の身に何か起こったことが想像できて先を読むのが恐ろしく、でも気になるので読みたくなるという・・・完全に術中にハマっていますね(^^;)

 終盤にあっと驚く仕掛けが!・・・と言いたかったのですが、一瞬「えっ?」と思ったけれど、「なーんだそうなのか」という感じで、あまり驚きは感じませんでした(^^;)
 確かに伏線らしきものはいくつかありましたけどね。うーん、【十角館の殺人】【葉桜の季節に君を想うということ】ほどの衝撃はありませんでしたねぇ。おススメしていただいたブロガーさん、伊坂ファンのSちゃん、ゴメンナサイ。

 というわけで、ミステリーとしてはいまひとつだけど、お話としてはよく出来ていると思います。やはりグイグイ引き込まれる筆力は凄いですし、現在と2年前の語り手のつぶやきが時空を越えてシンクロしているところなど心憎い演出もありました。

 ただひとつ解せないのが、麗子さんに殴られた女性が麗子さんの店で働いていたという点。本筋には関係ないけど、心情的にありえないでしょ!(^_^;)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • ファンタジーが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

伊坂幸太郎

2 Comments

きっし~  

あぁ・・・確かに読み進んじゃいますよねw

 たしかに「十角館」「葉桜」もすごかったですけどね。伊坂さんはやっぱり「ビックリ」よりは「ページが止まらない感」を求めて読んだほうがいいかもしれませんねぇ・・・いや、私はびっくりしましたよ、「アヒルと鴨」ww

 伊坂さんでミステリといえばやっぱり『ゴールデンスランバー』とかかもしれません。こちらも娯楽性抜群の良作です。

2009/09/15 (Tue) 23:43 | REPLY |   

翠香  

きっし~さんへ

随分お待たせしてしまったみたいですみません。
驚きは薄かったんですよ・・・『十角館』では背筋が凍り、『葉桜』では頭がパニック状態になったので、
それに比べると・・・普通かなと。
「びっくりする」という前情報から、あらゆる可能性を想定していたので、それもありかと思ってしまって。

でもページを繰る手は止まらなかったですね。何だろう?怖いもの見たさかな?(笑)

伊坂作品はまたそのうち・・・。
米澤穂信さんの『秋期~』は10月の初旬ぐらいに読もうと思いますので、もう少々お待ちを(^^)ゞ

2009/09/16 (Wed) 00:23 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment