映画【オペラ座の怪人】

◆◇◆マスクの下に隠された孤独な男の素顔◆◇◆

製作年 2004年
製作国 アメリカ
時間 143 分

オペラ座の怪人 通常版 [DVD]
オペラ座の怪人 通常版 [DVD]
おすすめ平均
starsメニュー選択欄にひとこと
stars見る価値はあると思う
stars要するに全て下手。レベルが低い。
starsだれもが孤独なファントムの心をもっているはず
stars墓地のシーンが印象的

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  ファントム           ・・・ジェラルド・バトラー
  クリスティーヌ       ・・・エイミー・ロッサム
  ラウル            ・・・パトリック・ウィルソン
■STAFF
  監督:ジョエル・シュマッカー
  製作・音楽:アンドリュー・ロイド・ウェバー
  原作:ガストン・ルルー

■STORY

19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。クリスティーヌの幼なじみ、ラウルは、彼女の輝きに惹かれ愛を告白するが、「音楽の天使」ファントムはクリスティーヌを地下洞窟へ案内し、自分と共に生きるよう願い出た。しかし、クリスティーヌがファントムの素顔を知ったことから、運命は悲劇へと向かい始める…。

■感想
  ミュージカルの演目としてもずっと興味があって、映画化されたものも観たいと思っていたのを、今回ようやく観ることができました(^^)
  ミュージカルを映画化したとあって、内容もミュージカル仕立てです。
  導入部分は映画ならではの場面で、20世紀の初頭に行われたとあるオークションの場面。オペラ座にまつわる数々の品がオークションにかけられ、そして巨大なシャンデリアにかけられた幕が外された瞬間、あのテーマ曲が流れ、栄華を極めたオペラ座が蘇り、ミュージカル『オペラ座の怪人』の世界へと誘われていきます。
  この演出には魅了されましたね~。398朽ち果てたオペラ座が蘇るのはCGを使っているから当然ミュージカルでは表現できないのですが、映画とミュージカルを上手く融合させた作品だと思います。

   映像もゴージャスです。本番直前に踊り子さん達がお化粧をしたり、トウシューズの先に粉をつけたり、裏方さんが忙しく動き回ったりする、いわゆる楽屋裏の様子も楽しいですし、劇中劇のオペラを見られるのも楽しい。
  圧巻だったのは、仮面舞踏会のシーンで大勢の出演者がマスカレードの曲に合わせて歌とダンスをする場面。こういうのは生の舞台で観るのがいいのですけどね~。
  また、ファントムがドンファン役をやる俳優のメタボ腹をサーベルの先で突っつき、「もう少しやせろ」なんていうちょっとコミカルな場面も。411

   音楽もとてもいいですね。なんといっても私はテーマ曲が好きだなぁ。

   クリスティーヌ役のエイミー・ロッサムは、肌が白くてすごく細い!どこか儚げな印象があるし、ファントムとラウルの間で揺れる女性として表現できていたと思います。
  また、彼女の歌声は迫力はないけれど、とてもきれいな声ですね。

   映画版では、ミュージカルにはない、ファントムが何故オペラ座に棲み付くようになったのかが描かれています。
  怪人のマスクの下には、悲しい過去を背負った孤独な男の素顔が隠されていたのです。このエピソードが物語に深みを増していますね。

   惜しむらくは、クリスティーヌが師と仰ぐ「音楽の天使」、ファントムの歌声。怪人らしい怪しさは表現できているのですが、「音楽の天使」と言わしめるほどの歌声ではなかったですね。
   クリスティーヌがどうやって「音楽の天使」からレッスンを受け、プリマを射止める実力を身につけたのかが漠然としていたので、マイナス1点。
  その他は申し分なく、魅了された作品でした。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • ミュージカルが好きな方
  • 歴史ロマンが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 映画
Published on: Fri,  25 2009 21:49
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

映画 オペラ座の怪人

2 Comments

viviandpiano  

いい映画ですよね♪

これは映画館でかかっていたときに見られなくて、
友人から、なんで見なかったんだ!と怒られた作品(^^;
確かに映画館の大画面サラウンド音声で鑑賞したかった・・・

クリスティーヌの役の人の声にほれ込んだけど、
舞台で毎日歌わせるのは声を潰すから無理だという判断で、
映画を作ったとか、そういう裏話じゃなかったでしたっけ?
ファントム役の人は、普段はポップスとか歌ってる人だったかも・・・
それであれだけ歌えれば、たいしたものかもしれませんよ。

2009/09/26 (Sat) 00:34 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

確かに映画館の大画面と音響効果なら迫力満点でしたでしょうね~。
私はミュージカルの方も是非観てみたいです。

そんな裏話があったのですか?
クリスティーヌはほとんど出ずっぱりだから毎日2時間の舞台はハードかも・・・。

ファントム役の人の歌が下手だと言っているわけではないのですよ。
彼の声は悪魔的(怪人だから仕方ないけど^^;)で、「音楽の天使」のイメージではないなと思ったので。

今回レンタルだったのですが、自分用に欲しくなっちゃったな~v-238

2009/09/27 (Sun) 00:04 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment