FC2ブログ
毛髪再生

犯人当てアンソロジー【気分は名探偵】

Categoryアンソロジー
 2  0

◆◇◆6つの謎に挑戦!!◆◇◆

有栖川有栖貫井徳郎麻耶雄嵩霧舎巧我孫子武丸法月綸太郎
アンソロジー
徳間書店 2006.5  
  徳間文庫 2008.9  

気分は名探偵―犯人当てアンソロジー (徳間文庫)
4198928525

■あらすじ

密室と化した路上の殺人、豪雨の貸別荘で劇団員全員変死、学問の府の惨劇、疾走する新幹線で倒れる男、芸能プロ殺人クルージング、容疑者は同姓の三人・・・・・・名手六人が作り上げた難事件にようこそ。問題篇に潜む犯人を正しく名指すまで、さらに巻末の謎の著者座談会「わたしは誰でしょう?」を解き明かすまで、あなたはこの本から出られない!
(徳間文庫より)

■感想
 探偵Xのseason2が始まったので、ウォーミング・アップを兼ねて取り組んでみました~。

  本作は、「夕刊フジ」紙で2005年5~10月に、犯人当て懸賞ミステリーとしてリレー連載されたものの書籍化です。
  有栖川有栖貫井徳郎麻耶雄嵩霧舎巧我孫子武丸法月綸太郎の6氏によるアンソロジーとなっていて、正解率は1~28%という難問揃い。
  それぞれの話の扉裏には、著者の略歴と正解率がついています。
 で、私もチャレンジしてみたのですが・・・完全正解できたのはアリス先生の作品だけ・・・トホホ(^^;) でもアリス先生のが解けたのならまあいいか(笑)

  巻末には謎の著者座談会「わたしは誰でしょう?」が付いています。これは著者名が匿名(A~F)になっていまして、誰が誰かを当てる楽しみもあります。
 アリス先生はすぐ分かりましたよ~。だって関西弁だし(笑)
 こういうのは、普段作品を読んでいるだけでは分からない、作家さんの本音が聞かれるので楽しいですね。410
 それから匿名になっているのに、何故かしっかり顔写真は出ておりまして(意味ない~w)、
 麻耶雄嵩さんが俳優の田辺誠一さん似でかっこいいのですよ344。今度、麻耶さんの作品読んでみようかな♪(←安易)
 でも、某氏が変な文章で読みにくいって仰ってたんですよね・・・天は二物を与えなかったか(笑)

 有栖川有栖 【ガラスの檻の殺人】 正解率 11%
  私立探偵の俺は、大学時代の友人・辻村沙耶から依頼を受けた。ストーカーに付きまとわれて困っているというのだ。意気込んでストーカー男と対決するも、逆に殴られて気を失ってしまう俺。
  しかし、俺が気絶している間にストーカー男は何者かによって刺し殺されていた!警察は辺りをくまなく探したが、凶器はどこにも見当たらなかった・・・。
  犯人と凶器の隠し場所を答える問題です。これ、出来ました~v(^^) 問題編の中に割と分かりやすいヒントがあったのですよね。凶器の隠し場所が分かれば、自動的に犯人も分かります。
  犯人当てに関係なく、アリス先生の文章は読んでいて楽しい♪

  貫井徳郎 【蝶番の問題】 正解率 1%
  貫井氏の著作【被害者は誰?】で御馴染みという、セレブな大ベストセラー作家の吉祥院としがない捜査一課の刑事、桂島のコンビが登場。
  奥多摩にある貸別荘で五人の男女の変死体が見つかった。どうやらその中の一人が犯人で、四人を殺害後、事故か自殺により死亡したものらしい。
  被害者の一人が残した手記を手がかりに犯人を当てる問題。なんと正解率1%という超難問です。当時、完全正解者はたった1人だったそうです!405
  でも貫井氏は簡単だと思っていたそうで・・・。う~ん、ある趣味、というか特技を持っている人なら気がつくかもしれないけど。
  それにしてもヘンテコな事件だな、と思ったらそういうオチだったのね。

  麻耶雄嵩 【二つの凶器】 正解率 22%
  これもシリーズキャラの木更津・香月コンビだそうです。
  京都理科大学で殺人事件が起こり、先輩・直子の弟、秀則が容疑者として疑われていた。秀則には犯行時刻に直子と電話で話していたというアリバイがあったのだが、警察は取り合ってくれない。
  他の研究員たちはそれぞれ複数でいたことが証明されており、がぜん秀則は不利な状況にあった・・・。
  私はアリバイモノが苦手なので、読んでいて頭がグルグルしてしまい、さっさと解答編へw(オイ!)
  正解率は22%ですが、新聞掲載時には著者のヒントがついていたそうです。(本書にはついてなかった!) ヒントがあればな~分かったのに(嘘w)

  霧舎巧 【十五分間の出来事】 正解率 6%
  ミステリ脚本家の大神は、新幹線235の車内で後頭部を殴られて倒れた男に遭遇した。この男は、女性パーサー(車内販売の売り子)、鉄道オタク、ボクサー、車掌の4人に因縁をつけ、暴力をふるっていたのだった。
  4人の持ち物を調べたが、殴った形跡のあるものは見つからなかった。果たして誰が仕返しして殴ったのか?
  これも正解率6%という超難問。解答編を見て「あっ!」と思いました。ちゃんと注意深く読んでいれば分かったかもしれない・・・くやし~(>_<)
  論理的に納得できる解答だったので、後味スッキリです(^^)

  我孫子武丸 【漂流者】 正解率 8%
  瀬戸内海のK島に1人の男が漂流していたのを救助された。男は後頭部に怪我を負っている他は外傷はなかったが、記憶を失っていた。
  男が着ていたライフジャケットのポケットには手帳が入っており、その手帳に書かれた内容から殺人事件が起こり、逃げ延びてきたものと思われるのだが・・・?
  犯人を当てるのではなく、この漂流者が誰なのかを当てる問題です。
  我孫子先生は、今回の探偵Xの問題も執筆されているので、気合を入れて取り組みました。途中、あることに気付いて、解答の推理も一度検討したのだけど、これはないだろうと思ったんですよね~。
  世の中探せばこういう人もいるかもしれないけど・・・ちょっとねぇ。それに偶然に頼りすぎている気がするのですよね。うーん、いまいち釈然としない(^^;)

  法月綸太郎 【ヒュドラ第十の首】 正解率 28%
  著者と同名の名探偵が登場します。
  染井霊園で蟹江という男が殺された。蟹江は妹がヒラド・ノブユキという男と不倫の末、自殺したことを知り、復讐の機会を狙っていた。ヒラド・ノブユキは3人まで絞り込んだが、誰が蟹江の妹と関係があったのかは分からなかった。証拠隠滅のため、蟹江の自宅に侵入した犯人は、奇数枚の軍手を使用していた・・・。
  ちょっと専門知識が必要となるので、ネットで調べて、この人が犯人だと確信・・・が、もう一ひねりありました。くー(>_<) ちょっと気になる点はあったのですけどね~。ちゃんと伏線もあったし、いやあ参りました!438

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 犯人当てが好きな方
  • 謎解きに挑戦したい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

ミステリーアンソロジー有栖川有栖我孫子武丸

2 Comments

viviandpiano  

これは

いつかチャレンジしようと思ってるんですよね。
アリス先生のは「壁抜け男の謎」で読みましたけど。
それにしても正解率低いですね~(@_@;)
難しそう・・・
ま、難しいからミステリは面白いんですけど♪

探偵Xの解決編も楽しみですね☆

2009/10/14 (Wed) 02:46 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

探偵Xのウォーミング・アップになればと思ってチャレンジしたのですが、予想以上に難しかったです(>_<)
連載が夕刊紙だったので、ミステリーマニア以外の方も参加していたと思いますが、
それでもこの正解率ですからねぇ。
貫井氏の出題は完全正解者がたった1人!v-405

探偵Xのミステリーメールが来ましたが、完全正解者は少ないみたいですね。
どんな解決編になるのやら、ドキドキですね~。

2009/10/14 (Wed) 23:14 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment