Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 推理クイズ > 探偵Xからの挑戦状! > 【探偵Xからの挑戦状!season2】 第1回「嵐の柩島で誰が死ぬ」

【探偵Xからの挑戦状!season2】 第1回「嵐の柩島で誰が死ぬ」

 16, 2009

  いよいよ始まりました~探偵Xからの挑戦状!season2』
 前回、春に放送されたものを大改善して再スタートを切ったミステリークイズ番組、はてさて結果はいかに?

■放送日時
  問題編:2009年10月7日(水)
  解答編:2009年10月14日(水)
  NHK総合 深夜0時10分~0時39分

■タイトル
  第1回「嵐の柩島で誰が死ぬ」

■著者
  辻 真先

■CAST
  ナビゲーター(探偵X?)  ・・・竹中直人
  ナビゲーター         ・・・谷村美月
  葉月麻子           ・・・佐藤仁美
  松中曲人           ・・・中原丈雄
  佐々木亨           ・・・小沢日出晴
  尾関謙             ・・・細田よしひこ
  夏あやか           ・・・草刈 麻有
  蟻巣のママ         ・・・大久保佳代子 

■あらすじ

ケータイ小説とテレビ番組が完全連動する「探偵Xからの挑戦状!」。今回はミステリーの王道“孤島モノ”。嵐が迫る謎の島に何者かの手で連れてこられた5人の男女。彼らは全員、自殺願望者だった! そして魔の手が次々と襲う…。

(NHK番組表より)

■感想

  問題編は台風が接近中474の最中、放送されました。ドラマの中でも台風がきているという設定だったので、効果満点でしたが、テレビの音がよく聞こえないという難点もあり(^^;)お陰で画面に集中できました(笑)

  今回は、投票数4498票中、完全正解者はたったの4人。初回からかなりの難問だったようです。でも犯人を松中曲人とした人は73.7%もいました。
  さらに、動機を娘の復讐の為とした人も皆様の推理を見る限り、かなりの方が気付かれていたようなので、この時点でも半数以上いたはずです。
  ではどうやって4人までふるい落とされたのか?完全正解の条件を見ていきましょう。

  1.誰も見ていないはずのサンドイッチを松中が指摘している。
   これ、問題編を読んだ時から気付いていたのに書かなかったのですよね・・・。というのは、松中より先に目覚めた佐々木が内部は調べ尽くしたと言っているのですよ。
  調べ尽くした佐々木が何故サンドイッチを含めた食事が用意されていることに気付かなかったのか、矛盾していると思ったので、あえて触れないことにしたのですが・・・。
  ここでのやりとりとしては、
  松中「サンドイッチが用意されているようだ」
  佐々木「そういえば二階にありましたね」
   とすべきでしょうね。

  2.佐々木は腕を骨折しているので、麻子を2階まで担ぎ上げられない。
   この点については指摘しました。が、佐々木だけでいいの?
   選択肢には麻子の自作自演というのがあったので、自分で縛り付けるのは不可能なこと、あやかの力では麻子を2階まで担げないことも書いたのですが・・・。
   麻子は意外に軽かったので、あやかでも運べるだって??それは無理でしょう。あの階段かなり急でしたよ(^^;)

  3.紅茶に睡眠薬を入れられたのは、松中だけ。
   う~ん、睡眠薬はあらかじめ紅茶ポットの中に入れられていると思ったので、全く重要視してなかったのですよね~。
   まさかあのタイミングでピンポイントに麻子を狙ったとは・・・。音がしないようにそっと入れないといけないし、紅茶ってわりと透き通ってますよね?すぐ溶けないと気付かれますよ。
   それにわざわざ麻子1人を眠らせなくても、ポットに入れておけば皆が眠ってしまうので、後々の作業がやりやすいはず。麻子を縛っている途中とかに誰かが起きてきたらどうするんだ??

  それから、放送ではあやかが左側の男性寝室のドアから出てきた描写があったので、松中主犯としながらも共犯説に傾いてしまった方も多かったようです。
  松中が単独で4人もの人間を拉致するのは大変だという意見もあり、確かに一理あります。それに共犯説を採ると、上記3.の疑問点が一部解消されるのですよ。
  でも私は松中単独犯としました。共犯説を採る具体的な論証がなかったというのが主な理由なのですが、心情的にも共犯であって欲しくないと思っていました。
  松中が自分の娘と同じ年頃のあやかに犯罪の片棒を担がせるとはどうしても思えなかったのですよね。
  それについては、殺すつもりではなかったのでは?という意見もありましたが、それはその通りだと思います。佐々木がどんな反応を示すかは予測できないですから。
  あまり驚かないかもしれないし、逆に腰を抜かしてその場で動けなくなるかもしれない。殺すならもっと確実な方法をとるでしょう。
  でもね、警察に事情を聞かれて、「殺すつもりはありませんでした!」と言ったところで、麻子と佐々木を拉致・監禁したことは犯罪ですよ。
  松中は明日をも知れない命だから自分が犠牲になっても、将来のある若者に手出しはさせないはず。たかが推理クイズとはいえ、道義的に。NHKだしね(^^;)
  じゃあ何故あやかは左側のドアから出てきたのか?尾関の毒薬を盗みに入ったのだろうと考えていましたが、当たってましたね。肝の部分ではないので、書かなかったけど(苦笑)

  そうなんです。完全正解のポイントは外しているくせに、その他の部分ではほぼ完璧に推理していたのですよ・・・トホホ(^^;)
  窓の向こうに松中の娘の映像を映し出したというのも当てたのに~評価されないのか・・・。390
  ただカーテンの開閉もリモコン操作だというのは分からなかった。確かに掠れるような音が聞こえたという描写がありましたね。そのときにカーテンを開けたのか!

  とまあ、ぐちゃぐちゃと文句を並べてみましたが、所詮不正解です。(からくりTVみたいに「おしい!」471のポイントはないのかな?「ナイスボケ」520でもいいw)
  もう次回の配信が始まっていますので、そちらに集中しましょう!!

  次回は、近藤史恵さん作『メゾン・カサブランカ』です。

■参考
 
ケータイコラボミステリー探偵Xからの挑戦状!
  番組HP。番組のご紹介、作家プロフィール等
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:探偵Xからの挑戦状! ミステリー

COMMENT 4

Sat
2009.10.17
01:29

viviandpiano

URL

まったく・・・

色々と不満な点もありますが、
(リモコンのことは原作にはなかったですよね?)
まあ、2週間も楽しめたので良かったです♪

共犯無い根拠、なるほどな~と思いました。
確かに赤の他人の麻子を連れてくるのは、誘拐ですもんね(^^;

しかし、あの舞台、見かけに拠らずハイテクでしたね!
音声認識でシャッターが開くなんて、いかにもドラマです(笑)

メゾン・カサブランカ・・・イメージと違うアパートでした(^^;

Edit | Reply | 
Sat
2009.10.17
13:25

あかね

URL

お疲れ様でした!

ズバリ!
まんまと「共犯説」に至ってしまった私でございます☆
しかし翠香さん・・・完全正解にかなり近い位置にいるじゃないですか~♪
おおお!と思わず声が出てしまいましたよ!

正解しなかったくせに、私、今回は「クローズドサークル」のあの雰囲気だけで大満足(?)楽しめちゃいました!(笑)

メゾン・カサブランカ~
がんばりましょう♪

Edit | Reply | 
Sun
2009.10.18
00:18

翠香

URL

viviandpianoさんへ

リモコンは小説には出てなかったですね。
私はTV編で浴室にリモコンとモニターがあるのを見て、動機と佐々木を驚かせた方法が分かりました。
カーテンまでリモコン操作できるとは思いませんでしたが・・・。
でも完全正解のポイントからは外れていたので、リモコンはどうでもよかったのかも。

ホント、なんてハイテクな別荘なんだ~と思いましたよ。
ここまで用意周到だったのに、何故紅茶に睡眠薬はアナログなんだ?(^^;)

メゾン・カサブランカ・・・この手の名前のアパートは実際たくさんありますよ。
年賀状を書く時に、友達のマンション名に「~パレス」だとか「~キャッスル」などを見るにつけ、
宮殿?お城?と密かにつっこみをいれている私です(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2009.10.18
00:34

翠香

URL

あかねさんへ

上の記事ではなんか偉そうなことを書いてますけど(笑)、私も共犯説については随分迷いました。
でもなんとなく共犯じゃないような気がする(←伊集院大介風w)と思ったので。
やっぱりあやかが男子部屋から出てきたのはミスリードだったんですねぇ・・・。
おそらく尾関の毒薬を盗みに行ったのだろうとは思ってましたが、尾関に気付かれた場合のことまで考えてなかった(^^;)
でも思えばあやかは演劇部。「怖くて眠れないの・・・」ぐらい言っておけばOKでしたね。
まんまと騙されるなんて、ちょろいな、尾関w

クローズドサークルってミステリの王道だし、ハラハラドキドキしますよね~(^^)
謎の声が20世紀少年の「ともだち」みたいだったけど(笑)

メゾン・カサブランカも頑張りましょうね~♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?