毛髪再生

【恐山殺人事件】 内田康夫

Category浅見光彦
 4  0

◆◇◆浅見、媚薬を飲まされる!?◆◇◆

浅見光彦シリーズ19
長編
kosaido Blue Books 1988.2
角川文庫 1989.12
廣済堂文庫 1991.3
  光文社文庫 2006.6
55TVドラマ化作品!(1999.11.20放送 主演:榎木孝明)

恐山殺人事件
恐山殺人事件内田 康夫

光文社 2006-06-13
売り上げランキング : 162462


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

「博之は北から来る何かによって殺される・・・・・・」
恐山の祖母サキの予言通り、青森県下北半島出身の音楽教室講師・杉山博之は東京のマンションで変死体で発見された。そして杉山の同僚、高川伸男も「北」からの恐怖に怯えながら謎の死を遂げる。
「北から来る何か」とは? そして杉山が藤波紹子に残した紫水晶とは? 真相究明の依頼を受けたルポライター浅見光彦はよびよせられるように「北への旅」へ向かった。
(角川文庫より)

■テーマ
  イタコ
  芸能界

■舞台
 青森県下北半島・恐山
 青森県・十和田湖
 秋田県・角館町、田沢湖

■ヒロイン
 藤波紹子(元歌手志望、新人女優)

■感想
 この作品は「イタコ」が色々な場面で重要な鍵267を握っています。
 実は私は「イタコ」が何であるか知らなかったのですが、同様に知らない方のために解説すると、「イタコ」というのは、口寄せ巫女のことで、死者の霊魂を呼んで、自分の口を通じて語らせる女性のことです。
 こういうオカルトチック39なのは、苦手なんだな~と思いながら読んでいたのですが、予想に反して、ヒロインの藤波紹子の身辺が芸能関係ということもあって、芸能界の話が中心になっています。

 ヒロインが身近に起こった忌まわしい事件に翻弄されながらも、女優としての一歩を踏み出すという、サクセスストーリーが描かれていて、オカルト的雰囲気の中に爽快感がありました。

 ただ、世界が狭いというか、ちょっと偶然性が強い点があったので、満足度としては、マイナス1点としました。

 推理の方は、いつもは浅見の思考についていけないのですが、今回は浅見より先に犯人が分かりました!221
 といっても浅見の方はまだデータ不足で、甚だアンフェアな勝負(?)でしたが(笑)

 浅見は大学時代にイタコの血を継ぐ女性に慕われていたのですが、ひょんなことからその女性と再会します。そして、なにやら怪しい薬を飲まされてしまい・・・災難なことで390

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/16 (Wed) 19:53 | REPLY |   

翠香  

nemurinekoさんへ

何故か伏せコメントになっておりましたが、こちらからは普通に回答しますね。

いや~nemurinekoさんとは意見が真逆ですねぇ(^^;)
私はオカルトとかホラーはダメなので、
このままオカルト一色だったら、高評価はしていないと思います。
藤波紹子のサクセスストーリーが気に入りましたね。
人が頑張っている姿は素敵だし、応援したくなります。

2012/05/16 (Wed) 23:59 | EDIT | REPLY |   

結衣  

適当に

図書館の棚から適当に「浅見光彦シリーズ」を借り出して読んだら、
ちゃんと翠香さんが書評を書いて下さっているという、この幸せ(*_*)
私も「ホラー」はダメですが「イタコ」とかは割と好きかも(^_^;)

最後の光彦の、犯人に対する態度……このシリーズでは結構よく見る
終わり方のように思いますが、作中で色々コメントしているところをみると、
作者自身も「これはどうなんだろう」と考える事はあるんでしょうね。
その部分が一番印象に残りました。

2013/03/10 (Sun) 08:31 | REPLY |   

翠香  

結衣さんへ

ええ~っイタコが好きなのですか?私は霊的なものはちょっと・・・。
でしたら【ユタが愛した探偵】(浅見光彦シリーズ)はいかがでしょう?
沖縄のイタコというべき「ユタ」がテーマになっています。

犯人を見逃して死を選ばせるというパターンは確かに多いですね。
これは浅見の立ち位置がそうさせるのかな、と思っています。
兄の立場を考えれば逮捕して罪を償わせるべきなのでしょうが、
よく浅見自身が言っているように「兄は兄、僕は僕ですから」ってことでしょうか。

ところで結衣さんは浅見光彦シリーズ以外の内田作品は読まれますか?
私はアサミストですけど、実は岡部警部のファンなんです(*^^*)
信濃のコロンボも味があって面白いし。
あまり反応がないのも寂しいので控えているけど、
結衣さんが読むなら内田作品の記事を増やそうかな。

2013/03/10 (Sun) 17:37 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment