Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > 【浅見光彦~最終章~ 第1話 恐山・十和田・弘前編】

【浅見光彦~最終章~ 第1話 恐山・十和田・弘前編】

 01, 2009

  待望の浅見光彦シリーズの連ドラがいよいよ始まりました~!毎週浅見ちゃんに会える幸せ343

■放送日時
  2009年10月21日 TBSテレビ 21時00分~22時48分

■番組名
  『水曜劇場 浅見光彦~最終章~ 第1話 恐山・十和田・弘前編』

■原作
  内田康夫『恐山殺人事件』

■REGULAR CAST
  浅見光彦    ・・・沢村一樹
  浅見陽一郎  ・・・風間杜夫
  浅見雪江    ・・・佐久間良子
  吉田須美子  ・・・原沙知絵
  浅見和子    ・・・黒田知永子
  藤田編集長  ・・・大和田伸也

■GUEST CAST
  藤波紹子    ・・・片瀬那奈
  井出啓介    ・・・山本學
  宮坂       ・・・中山仁
  藤波憲夫    ・・・前田吟
                     ほか

■感想
  レビューがすっかり遅くなってしまいました。もう第2話も放送されたというのに、今頃、第1話・・・。すみませんっ356
  やっぱり『相棒』とのバッティングはつらいわ~。あっ、でもこの記事を読まれている方はきっと 浅見光彦 > 相棒 な方ですよね!
 欲張りな私は、両方観ている(もちろん同時には観られません)ので、レビューが遅れ気味になりますが、よろしくお付き合いください(笑)

  さて、連ドラ化にあたって浅見家の人々が新しいキャスティングになりました。
  今回は初回ということで、須美子との出会いから描かれていました。須美子役が原沙知絵さんと聞いて、原作のイメージと違うなぁと思っていましたが、居候として浅見家にやってきたという設定に変えていましたね。
  しかし、ただの居候では申し訳ないので、お手伝いとして住まわせてください、ということに。なるほど、そうきたか~。
  先輩居候の光彦はさらに肩身の狭いことになりましたねぇ。でも、須美子のイメージが一新されたことは確か。光彦との恋愛もあるかも??392(原作の須美ちゃん喜ぶぞ~w)

  各話のタイトルは地名を冠しているのですね。
 で、第1話のタイトルは『恐山・十和田・弘前編』。青森県が舞台になっています。
 勇壮なねぶた祭りや、恐山の荒涼とした風景など、浅見の旅先での観光スポットや名物を紹介する、という番組のコンセプトが伝わってきました。
 やはり映像で観光名所を観られるのはいいですよね。これはドラマの強みなので、最大限に生かして欲しいなと思います。

  それから、沢村さんご自身が仰っていたのですが、毎回、浅見の入浴シーン4878があるのでお楽しみ♪なのだとか(笑)
  原作でも、やはり旅が多い浅見なので、入浴シーンはいくつかありますね。
  印象的なのは、【伊香保殺人事件】【怪談の道】【神戸殺人事件】あたりでしょうか。
 なかなか面白いシーンなので、ドラマでも取り上げて欲しいな~♪

  今回の原作は、【恐山殺人事件】となっていますが、設定がまるで変わってしまっています。
  原作では、ヒロインの藤波紹子は、歌手志望から女優へと羽ばたいていくサクセスストーリーで、芸能界のお話です。
 ドラマでは料理人の世界に変えられていましたが、どういった意図があったのでしょうね?
 その他の登場人物も原作の名前はそのまま使っていても、人物関係は全く違っています。宮坂は原作では悪役じゃないのですよ。

  各話、一話完結のストーリーということですが、
 根底には一貫したストーリーがある模様。光彦の妹の死が何か関係していることが、意味深に暗示されていましたね。
 実は、初めから気になっていることがありまして(あの原作を読んでいる方なら驚きますよね!)、
 初回で既になんとなくこのドラマの着地点が見えてきました。
 う~ん、それで『最終章』なのか~!
 原作を読まずにドラマを楽しんでいる方にはネタバレになってしまうので、気になると思いますが、内緒♪
 最終回は怒涛の展開になりそうですよ、これは!

■参考
 
TBS「水曜劇場 浅見光彦~最終章~」
  番組HP。あらすじ、沢村一樹さんインタビュー、ファンメッセージなど。

 ●ミステリー処【love knot】 【恐山殺人事件】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 2

Wed
2009.11.04
22:22

yueyue

URL

No title

連ドラだけあって、1話目の演出クオリティは2時間サスペンスとは比べ物にならなかったですね!カメラの機材が違うのかなと思いました(笑。

原作通りにシナリオを勧めるのかと思っていただけに、新鮮味がありますね。原作どおりに見て見たい気持ちもありますが、新しいのもありかなと思います。

ただ、1時間に全てをまとめることは辛いですね。今回はSPでしたが、やはり前編・後編のようにした方が、より内容にこだわれるんじゃないかと思います。

第4話も公式HPを見る限り、舞台は金沢だけど、内容は伊香保のようですね。

今丁度、「怪談の道」を読んでいるところです!

Edit | Reply | 
Fri
2009.11.06
00:07

翠香

URL

yueyueさんへ

カメラとかの技術的なことは分かりませんが、
観光名所を紹介するという姿勢は、浅見の「本業」にも繋がるので、良いですね(^^)

原作はヒロインのサクセスストーリーが気に入っているのですよ。
(ドラマでもサクセスストーリーにはなっていましたけどね)
浅見が紹子に「僕をあなたのファン第一号にしていただきたいな」と言うのが好きなシーンなので、
正直、設定は変えないで欲しかったですね。
まあ、ここまで原型をとどめないほどアレンジされていては、もはや別の作品と思ったほうがいいのかも(^^;)

えっ!もう『怪談の道』まで進んでいるのですか?
すごいハイペースですね。そのうち追いつかれそう(^^;)
yueyueさんは、ブログで原作の感想はアップしないのですか?
同じ作品を読んだ方がどんな感想を持たれたのか、興味があるので。
『怪談の道』は、お風呂のシーンが楽しいですよね♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?