Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > ライアーゲーム > 【ライアーゲームseason2】 第2話

【ライアーゲームseason2】 第2話

 21, 2009

  前回、ナオちゃんが気付いた『罠』とは、一体!?

■放送日時
   2009年11月17日 フジテレビ 21時00分~21時54分
   第2話 「ついに秋山登場」

■CAST
  神崎直     ・・・戸田恵梨香
  秋山深一    ・・・松田翔太
  谷村光男    ・・・渡辺いっけい
  エリー       ・・・吉瀬美智子
  福永ユウジ   ・・・鈴木浩介
  西田勇一    ・・・荒川良々
  菊地翔     ・・・眞島秀和
  小坂妙子    ・・・広田レオナ

■あらすじ

ライアーゲーム」4回戦に参加することになった神崎直と秋山深一。福永ユウジとも再会し、3人は太陽ノ国チームとして月ノ国チームの3人と戦うことになった。

まずは、福永と西田勇一が先鋒戦として“24連装ロシアンルーレット”で対決することに。見事な作戦でゲームを優勢に進めていた福永だが、太陽ノ国エリアで対戦を見つめていた直がゲームに仕掛けられた“罠”に気付いた。それを福永に教えようと、ゲームにタイムをかけようとする直だが、それを秋山が止めた。福永は大丈夫だという秋山の言葉通り、その後も福永の優勢は変わらなかった。

福永のペースでゲームが進む中、突然、直がゲームにタイムをかけた。いい流れを止められて不機嫌になる福永。しかし、太陽ノ国エリアに戻ってくると、直に求められてこれまで西田に仕掛けた作戦を得意げに話しだした。それを聞いた直は、福永が驚くある提案をする。一方、月の国エリアに戻った西田は菊地翔と小坂妙子に激しく怒られる。必死で弁明するも菊地は聞く耳を持たず、西田を殴りつけた。その勢いで中央エリアに落ちてきた西田。それでもなお殴ろうとする菊地を止めた直は…。

(番組HPTrailerより)

■感想
  先週に引き続き、第4回戦第1ゲームの『24連装ロシアンルーレット』の途中から。
 それまで有利にゲームを進めてきた太陽ノ国チーム278ですが、
 ナオちゃんの「このまま福永さんがゲームを続けたら、私たちは絶対負けます!」という気になるセリフで前回終わっていました。
  「私たち」って、「太陽ノ国チーム」ではなく、プレイヤー全員を指していたのですね。
 なるほど、確かにプレイヤーが5回パスをすると、その勝負は「流れ」で、コインは事務局に回収されてしまいます。
 この時、弾が入っていようがいまいが関係なく事務局がコインを得ることになるので、アンフェアなルールですよね。
 公平を規するなら、弾がはずれだったら事務局が場のコインを回収、当たりだったら、それぞれのプレイヤーにコインを返すとすべきです。
 これがナオちゃんの言う『罠』だったのですね。

  それにしてもナオちゃん、2年前と比べるとたくましくなりましたねぇ。
 2年前は、お人よしが徒となって、コロッと騙され、秋山に泣き付いていたのに・・・(^^;)
 あのキノコ・福永を騙すなんて、成長(?)しましたね~w

  さてさて、見事キノコ・福永をおいしいエサを釣って騙し、第1ゲームを引き分けに持ち込むことに成功しましたが、
  続く第2ゲームは、17ポーカー。119121120122
 Aと絵札カードとジョーカーのみを使用しますが、ルールは普通のポーカーと同じ。
 ここで注意しなければいけないのは、カードはジョーカーを除くと4種類しかないので、5枚の手札の中には必ずダブりが出ます。
  つまり最低でも1ペアの役が出来るということ。
 さらに手札の中にジョーカーがある場合は、ジョーカーはワイルド・カード(どんなカードにも代用できるオールマイティなカードのこと)なので、
 最低でも3カードの役が出来るのです。
 プレイヤーはそれぞれ5枚の手札を持つので、残りのカードはたったの7枚。
 交換する枚数によっては、残りのカードをほぼ使いきってしまうので、
 自分の手札にジョーカーがなければ、相手がジョーカーを持っている確立はかなり高くなります。
 ジョーカーが手札にあるかどうかで勝敗が大きく決まるゲームなんです。219

  しかし、ここで秋山には気になっていることがありました。
  リハーサルで、菊池が4枚のカードを交換していたこと。
  最低でも1ペアの役が出来るのだから、カードの交換は3枚までしかありえないはず。
  どうやら菊池が必勝法に気付いたのではないかと睨みます。
  事務局の様子も気になるところです。
  菊池のプロフィールを見ていましたが、菊池は腕利きギャンブラーなのか?いかさま詐欺師なのか?

  第2戦までは、秋山の連勝で太陽ノ国が優勢ですが、
 菊池はジョーカーを自由に操る必勝法を完成させたと言い放ちます。
 第3戦では、菊池の手札には、指定した場所にジョーカーが!
 おそらく最初にカードの山をカットする枚数がポイントだと思うのですが、でもジョーカーのある場所なんて分からないですよね?
 この後、秋山が徹底的に打ちのめされる・・・らしい409
 このゲームのカラクリって一体??
 またもや気になることがてんこ盛り状態で次回に続きます。 

■参考
 
ライアーゲーム シーズン2 - フジテレビ
   番組HPです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ライアーゲーム 戸田恵梨香 松田翔太

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?