Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 内田康夫旅情サスペンス 岡部警部シリーズ 【シーラカンス殺人事件】

内田康夫旅情サスペンス 岡部警部シリーズ 【シーラカンス殺人事件】

 30, 2009

■放送日時
  2009年11月27日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  内田康夫旅情サスペンス 岡部警部シリーズ シーラカンス殺人事件』

■原作
  内田康夫シーラカンス殺人事件』

■CAST
  岡部和雄    ・・・近藤真彦
  一条万里子   ・・・平 愛梨
  上田刑事    ・・・植草克秀
  恵木 学     ・・・鈴木亮平
  一条秀夫    ・・・眞島秀和
  坂口刑事    ・・・松尾 諭
  桜井清三    ・・・鶴見辰吾
  岩本(監察医) ・・・武田鉄矢(特別出演)
  神谷部長刑事 ・・・泉谷しげる
                         ほか

■あらすじ

4月5日、シーラカンス調査隊が帰国した。アフリカ大陸東南部、コモロ諸島近海で幻の魚と言われるシーラカンスの捕獲に成功したのだ。
しかし、その翌日、品川マリンランドの職員で、シーラカンスの調査隊に加わっていた平野優子が殺害される。
捜査線上には、大東新聞の記者で、調査隊に同行していた一条が容疑者として浮かび上がるが、一条は行方不明だった。
平野殺害に使用したバットからは一条の指紋が検出され、岡部は一条を指名手配するが・・・。

■感想
 マッチの岡部警部シリーズも今回が第4弾だそうですが、実は私、今回初めて観たのです(^^;)
 前3回はどうも間が悪かったのか、観てなくて・・・。

  しかし、何故今、この作品を取り上げたのでしょうね?
 シーラカンス調査隊がシーラカンスの捕獲に成功というのは、本当の話ですが、もうカビが生えたような話で・・・(苦笑)
 まあ、岡部シリーズの著作は少ないので、やむを得ないかもしれないですね。
 この先、ドラマシリーズが続いたらネタ切れになりそう・・・内田先生の著作は大部分が浅見光彦シリーズなので。
 一応、岡部シリーズに【「萩原朔太郎」の亡霊】というのがありますが、かなりグロいんですよね(^^;) 映像にするにはちょっと・・・。
 これはもう、内田先生に岡部シリーズの新作を書いてもらうしかない!そうだ!それがいい!(笑)

  さて、11月27日の読売新聞のレビューにこんなことが書いてありました。

(前略)真っ赤なポルシェを乗り回し、捜査手法を含め様々な点で、まったく刑事らしくないマッチ。
メロドラマ調も入り、気恥ずかしいところもあるが、ファンには楽しめるのでは。

  『ファン』が何を指すのか、はっきりしませんが、確かにマッチファンなら楽しめるかもしれません。
 しかし、岡部ファンとしては(私は自称アサミストですが、岡部ファンでもあります^^)、かなり微妙です・・・。
 真っ赤なポルシェ♪を乗り回すなんて、およそ岡部のイメージではないですから(^^;)
 それに、死体発見現場に白いバラの花束を手向ける『儀式』、キザですね~。
 大体、捜査一課の警部が、現場検証で鑑識がワサワサしている所でそんなことをするわけがありません。
 唯一、岡部のイメージに合っているのは、三つ揃いのスーツを着こなして、刑事らしく見えない点かなw

 今回のキャストはマッチに縁のある人たちが多く出演されています。
 まず、マッチの後輩の植草克秀さん。
 植草さん演じる上田刑事は、このドラマシリーズではおなじみらしいですが、
 原作では上田刑事は【倉敷殺人事件】に登場する倉敷署の刑事です。
 このドラマシリーズの第1回が『倉敷殺人事件』だったので、その流れでレギュラー化したみたいですね。

 それから、武田鉄矢さんと鶴見辰吾さんは、『3年B組金八先生』の懐かしいメンバー。
 特に武田鉄矢さんとのからみは、久しぶりに会った先生と生徒という設定だったので、楽しかったですね。

 肝心のドラマの内容ですが、細かい部分で差異はあるものの、大筋で原作通りだったので、満足しています。
 トリックも原作そのままでした。
 ただ月食については、ちょっとあからさまでしたね(^^;)
 これはドラマの創作で、原作ではもっと地味で細かい部分から、犯人のトリックを暴いていきます。
 まあ、部下の助けを借りたとはいえ、地道に捜査した点では原作と同じなので良しとしましょう(笑)

 欲を言えば、万里子と恵木の恋愛を、もう少し描いて欲しかったな。
 岡部と万里子がいい雰囲気になっていたのが、最後になって、恵木が「僕たち婚約しました」じゃあね(^^;)
 そもそも岡部は原作では奥さんも子供もいるのですが、ドラマでは独身の設定なのかな?

 内田先生の著作が浅見光彦シリーズだけではないことを知ってもらうにも、このドラマは価値がありそうですね(^^)

■参考
 
金曜プレステージ 内田康夫旅情サスペンス 岡部警部シリーズ『シーラカンス殺人事件』 - フジテレビ
  番組HP。ドラマのあらすじや出演者コメント等。

 ●ミステリー処【love knot】 【シーラカンス殺人事件】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:内田康夫 岡部警部 シーラカンス

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?