Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > 【浅見光彦~最終章~ 第4話 金沢編】

【浅見光彦~最終章~ 第4話 金沢編】

 06, 2009

■放送日時
  2009年11月11日 TBSテレビ 21時00分~21時54分

■番組名
  『水曜劇場 浅見光彦~最終章~ 第4話 金沢編』

■原作
   内田康夫『伊香保殺人事件』

■REGULAR CAST
  浅見光彦    ・・・沢村一樹
  浅見陽一郎  ・・・風間杜夫
  浅見雪江    ・・・佐久間良子
  吉田須美子  ・・・原沙知絵
  浅見和子    ・・・黒田知永子
  桐山道夫    ・・・田中幸太朗

■GUEST CAST
  三之宮由佳  ・・・京野ことみ
  川上トキ    ・・・香山美子
  三之宮志乃  ・・・大空真弓
  小川イネ    ・・・三篠美紀
                     ほか

■あらすじ

日本舞踊・桃陰流の取材に行く光彦に母・雪江とお手伝いの須美子が同行し、金沢へ。3人は稽古を見学し、家元の川上トキは、一同の前で、「次の会で“蝶の道行”という舞を一緒に踊ります」と言って、先ほど踊っていた由佳を紹介する。それを聞いて、その場に居た他の弟子たちが凍りついた。家元のトキと一緒に“蝶の道行”を踊るということは、トキが由佳を後継者として決めたということを意味していた。
若く美しい由佳が次期家元候補となったことを、先輩弟子たちは面白く思わず、由佳に辞退しろと迫る。しかし、由佳は先輩たちの前で、次期家元として精進すると、堂々と宣言する。
その後日、先輩弟子の一人、大戸世志子が遺体で発見された…。

■感想
  毎回、原作とあまりにもかけ離れた出来栄えに呆れてしまい、もうレビューはやめようかと思ったのですが──。

  今回の第4話はタイトルは金沢編となっていますが、原作は【伊香保殺人事件】です。
  【金沢殺人事件】という別の作品もあるので、混乱を招く元だと思うのですが・・・。
 もしドラマを観て、原作を読んでみようと思った方は、お間違えのないように!

  舞台が金沢であることは、この際無視して(!)、【伊香保殺人事件】として話を進めていきますね。

  この【伊香保殺人事件】は、結構好きな作品で、楽しい要素がたくさんあるのです。
  でも1時間ドラマだと収まりきれないのか、かなりの部分がカットされていましたね。カットされた部分が面白いのだけどな~。
  まず、須美子が帰省した帰りにある事件に巻き込まれてしまいます。
  ドラマだと雪江さんのお供と称して、光彦の取材先に付いてきますけど、お手伝いさんなので、めったに遠出はしないんです。
  なので、原作でもかなり珍しいパターンなんですね。

  それから以前にも書きましたが、温泉48の場面が面白いのです。
  湯船につかりながら「おれが警察庁長官になったら、暴力団を叩きつぶすのだが──」と心の中で豪語する220光彦。
  そもそも警察庁長官になれるのか?とつっこみを入れたくなりますが、
  その時、先客が湯船から上がり、その背中にはクリカラモンモン・・・。399

  物語の主題である、家元の後継者争いについては、原作に近いイメージだったと思います。
  女たちの嫉妬と欲望はよく描けていたのではないでしょうか。
 しかし、怖かったですね~(^^;)

  ヒロイン・三之宮由佳を演じた京野ことみさんは、和服姿335も似合っていて良かったと思います。
  前回は、ヒロインまでドラマの創作でしたからね(^^;) 今回は原作通りでよかった(笑)
 今回が今までの中では、一番原作に沿った出来栄えだったと思います(^^)

■参考
 
TBS「水曜劇場 浅見光彦~最終章~」
   番組HP。あらすじ、沢村一樹さんインタビュー、ファンメッセージなど。

 ●ミステリー処【love knot】 【伊香保殺人事件】 内田康夫
   原作のレビューはこちらです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?