FC2ブログ
毛髪再生

【天河伝説殺人事件】 内田康夫

Category浅見光彦
 2  0

◆◇◆能楽界のプリンスの死の真相とは?「五十鈴」に秘められた謎とは?◆◇◆

浅見光彦シリーズ21
長編
カドカワノベルス 1988.4(上)/1988.7(下)
角川文庫 1990.6(上下とも)
  角川春樹事務所 1995.12(上下合併)
338映画化作品!(1991年東映 主演:榎木孝明)

天河伝説殺人事件
天河伝説殺人事件 内田 康夫

角川書店 2005-12
売り上げランキング : 378959


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ
 能の水上流宗家・和憲には、和鷹、秀美という二人の孫がいた。巷では、異母兄妹になるこの二人のうちどちらかが将来、宗家をつぐだろうといわれていた。だが、舞台で道成寺を舞っている最中、和鷹は謎の死を遂げた。そして宗家・和憲も理由もなく突然行方不明に・・・・・・。一方、新宿の高層ビル街で、一人の男が突然苦しみ倒れた。その側には天河神社のお守りである「五十鈴」が・・・・・・。舞台は東京から、吉野・天川へ━━。
 名キャラクター浅見光彦の推理が冴える。

(角川文庫・上巻より)

■テーマ
 能楽

■舞台
 奈良県吉野町
 奈良県天川村
 愛知県豊田市

■ヒロイン
 水上秀美(24歳・能楽師)
 川島智春(21歳・大学生)

■感想
 映画にもなった有名な作品で、浅見シリーズ初の上下巻という大作です。
・・・なんて書くと構えてしまいそうですが、わりと会話文が多く、すんなり読めました。
かといって【終幕のない殺人】のような軽いタッチではなく、日本の伝統芸能である、能楽を題材としています。
作品の中でも能楽の演目について解説されており、私は今まで能についてほとんど何も知らなかったのですが、大変勉強になり、実際に能を観てみたいと思いました。

さて、物語の方は新宿の高層ビル群の中での「サドンデス」と、能楽界のプリンスの公演中の変死という、衆人環視の中で二つの事件が起こります。二つの事件は全く関連のないように見えたのですが、新宿の事件の被害者が、天河神社のご神体である「五十鈴」を持っていたことから、意外な繋がりが発覚します。

浅見の母・雪江は、偶然にも(?)プリンスが変死した能楽の舞台を観賞していました。まあ、それがきっかけで浅見が事件を調査することになるんですけどね(笑)

なんと浅見は2人の女性から思いを寄せられるという、超モテぶりです(笑)。しかし、浅見の朴念仁ぶりも相変わらずでして・・・。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 能楽が好きな方

●○●bk1でGETするならこちら(・e・)●○●

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦内田康夫

2 Comments

nemurineko  

今晩は

この作品は映画化されてますよね、榎本さんが浅見光彦役でしたので
みたいと思いながら今まで見てなかったんですよね、今度レンタルして見ようと思って
ましたけどまずは先に原作を読みました。
ちょっとページ数的に上下巻に分けるほどでもないような気もしますが(^^;
能の世界舞台にしてますけど能に関しての知識がないけど作品中で簡単な説明的
なシーンもあるのでわかりやすかったです(^^)

昨日『終幕のない殺人』を読み終わったので記事を探したらまだ読まれてないようですね
珍しく館物の本格ミステリーを浅見光彦シリーズで書かれていて楽しかったですよ

2012/06/03 (Sun) 23:06 | REPLY |   

翠香  

nemurinekoさんへ

私も映画はまだ観ていないので、レンタルしようと思ったのですが、
自分が利用している所では、置いてないみたいなんですよね。
テレビ放映も今までなかったような・・・。
ちなみに榎本さんではなく、榎木さんです。

内田作品は、色々と勉強になるのですよね。
能についても分かりやすく説明されていて、観てみたいと思いました。

【終幕のない殺人】、読んでますよ(^^;)

2012/06/04 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment