【未明の家】 篠田真由美

◆◇◆美貌の建築探偵現る!!◆◇◆

桜井京介シリーズ1
長編
講談社ノベルス 1994.9
講談社文庫 2000.1

未明の家
未明の家篠田 真由美

おすすめ平均
stars完全読みきりにして欲しかった
starsまだまだ始まり・・・
stars建築探偵

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

築探偵・桜井京介が文庫初登場!
 京介を訪ねた古風な美少女の依頼は“閉ざされたパティオ”を持つ別荘の鑑定と主である祖父の死の謎を解くことだった。少女の一族を巻き込む不可解な事故死、そして自殺未遂。事件はすべて別荘をめぐって起きた。ミステリアスな建築造形に秘められた真実を、京介が追う!
(講談社文庫より)

■テーマ
 近代建築(スペイン・アンダルシア様式)

■舞台
 伊豆熱川
    修善寺
 渋谷区松涛

■ヒロイン
 遊馬理緒(18歳・W大学文学部一年)

■感想
 建築探偵桜井京介シリーズ第一作です。

 ミステリー界には、様々な素人探偵がおりますが、そもそも建築探偵って何者?・・・以下にノベルス版あとがきを引用します。

(前略)ここに登場するのは海を見下ろす丘の上に建つささやかな平屋の別荘だ。しかし秘められた謎は決して小さくはない。すべての事件は別荘をめぐって起こり、すべての解決はそのはらんだ謎に収斂(しゅうれん)する。探偵役はものいわぬ建築の代弁者であり、それを救うためにこそ奔走する。“建築探偵”と名乗る所以である。(後略)

・・・だそうです。確かにスペイン・アンダルシア様式を踏襲していながら、どこか奇妙な別荘で、次々と事件は起こるのですが、
トリック性は乏しく、事件は偶然性が強いものがほとんど。
逆に『宝物』(ブルー・サファイヤ)の隠し場所は随分と大仕掛けだったのですが、なんだか冒険物かRPGっぽい。

むしろこの作品は主要キャラクターの個性が魅力かなと思います。
探偵役・桜井京介類まれな美貌を持ちながら、それを鬱陶しがって眼鏡と前髪で顔を隠している。(まるでムク犬か湯浅弁護士!?)感情をあまり表に出さない(といっても前髪で顔は見えないのですが・・・)、ミステリアスな雰囲気がいいですね。398
脇を固める蒼(通称)と深春のかけあいも面白い。蒼は本名を伏せており、謎多き少年なのですが、
過去が明らかになるのは、第五作【原罪の庭】までお預けということです。

なお、ヒロインは依頼人である、遊馬理緒としましたが、姉の朱鷺の方が目立ってましたねぇ。
朱鷺の描いたイラスト、ちょっと見てみたいな♪・・・って腐女子じゃないですよ、私(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ! 

  • スペイン502文化に興味がある方
  • 建築に興味がある方
  • 乗馬230が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 桜井京介(建築探偵)
Published on: Sun,  08 2006 22:48
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

桜井京介 建築探偵 篠田真由美

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment