Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 浅見光彦 > 【氷雪の殺人】 内田康夫

【氷雪の殺人】 内田康夫

 11, 2010

◆◇◆プロメテウスの火矢は氷雪を溶かさない◆◇◆

浅見光彦シリーズ80
長編
文藝春秋 1999.9
ジョイ・ノベルス 2001.9
  文春文庫 2003.11
  角川文庫 2007.4

氷雪の殺人 (文春文庫)
氷雪の殺人 (文春文庫)
おすすめ平均
starsヒロインが独特
stars面白いのだが
stars北の浅見さん
stars「覚悟」をもって
stars良い意味での裏切り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

最北の国境をのぞむ利尻島で、一人の男が変死を遂げた。警察が自殺として処理しようとする中、謎のメッセージと一枚のCDを託された浅見光彦。調査を進めていくうちに、背後に蠢く巨大な謀略が見え隠れする──。光彦と兄・陽一郎の思いは、“国”を動かすのか。戦後、日本人が喪った「覚悟」をテーマに描いた渾身の長篇小説。

(文春文庫より)

■テーマ
 北朝鮮テポドン発射事件

■舞台
 北海道稚内市
      利尻郡
 静岡県小山町

■ヒロイン
 中田絵奈(22歳・女子大生)

■感想
 浅見光彦シリーズ、ドラマのレビューはちょこちょこと書いていたけれど、小説を読むのは、しばらく振りでした。調べてみたら、昨年は5作品しか読んでいなかったのですね・・・反省orz
 今年は、倍増で10作品は読むぞ~!220

 浅見光彦というと、自分から事件に首を突っ込んで、雪江さんに「陽一郎さんに迷惑をかけないように412」などと言われてしまうイメージがあると思いますが(ドラマの影響でそういう印象を植え付けているかもしれませんね^^;)、
 実は捜査を依頼されるパターンもかなりあります。今回もそのパターンで、なんと北海道沖縄開発庁長官から陽一郎を介して捜査依頼を受けます。
 浅見の名探偵ぶりも世間に広まりつつあるようです(^^)
 まあ、陽一郎は警察の要職にあるので、内偵を進めるには浅見の方が身軽で動きやすいということもあると思いますが・・・。

 今回のテーマは、北朝鮮のテポドン発射事件。この作品が書かれたのは11年前ですが、今も北朝鮮はミサイル発射していますし、過去の話では片付けられません。
 日本人は平和ボケしていますけど、こんな物騒な国がすぐ近くにあるのですから、安穏としていられない問題ですね。

 この記事の見出しに付けた『プロメテウスの火矢は氷雪を溶かさない』は、被害者が遺したメッセージです。
 直接死に際に書いたものではないのですが、ある程度死を予感して、遺したものなので、ダイイング・メッセージと言ってもいいでしょうね。
 もう一つ、被害者が旅先で、愛人の女性に送った品物、これが事件の肝になります。219
 いやあ、内田先生にしては珍しくメカニックなトリックを使いましたね(笑) こんなやり方があるとは知りませんでした。

 今回のヒロインは、中田絵奈。女子大生ですが、被害者の男性と不倫関係にあったという・・・浅見光彦シリーズでは珍しいタイプかも。
 大抵こういう場合、ヒロインが愛する男性を喪い、浅見がヒロインの心の支えになり・・・という図式になるのですが、どうもそうならなかったようです。
 ハッキリとは書かれていませんでしたが、彼女は別のお相手を見つけたようで・・・浅見ちゃん残念350
 ここ何作かはヒロインにお相手がいるパターンが続いてますね。一度に2人から想われることもあったのにねぇ。浅見も婚活したほうがいいかも?

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 男性の方71
  • 社会派志向の方
  • パソコン216に詳しい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 2

Wed
2010.01.13
03:20

viviandpiano

URL

テポドン!?

ちょっと気になる内容ですね。
内田先生は、社会的な内容を小説に取り入れるけど、
あんまり説教臭くないという長所を持った作家さんなので、
期待が持てるかも☆

浅見光彦シリーズでメカニカルトリックって珍しいかも。

Edit | Reply | 
Thu
2010.01.14
00:15

翠香

URL

viviandpianoさんへ

私もこの作品を読んでいて、「あれっ?最近の話だっけ?」と錯覚してしまいました(^^;)
11年もこの問題を野放しにしているとはねぇ。
ただ本作は、北朝鮮の行為の是非を問うものではなくて、
ミサイル発射事件を契機に、防衛機器の強化へと話は進みます。
(あんまり言うとネタを割ってしまうので、この辺で)

この作品で使われているトリックは、ちょっとパソコンに詳しい人なら、たいしたことないかもしれないですが、
戦前生まれの内田先生がこの技術を知っていたのは、賞賛に値しますね(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?