毛髪再生

【緋色の研究】 コナン・ドイル

Categoryコナン・ドイル
 2  0

◆◇◆永遠の名コンビ誕生◆◇◆

シャーロック・ホームズシリーズ1
長編
新潮文庫 1953.5
  角川文庫 1959
  講談社文庫 1977.8
  ハヤカワ・ミステリ文庫 1983.1
  創元推理文庫【新版】 2006.4
  光文社文庫 2006.7
    他多数

緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)日暮 雅通

おすすめ平均
stars記念すべき第1作
stars理屈なしで面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

ホームズとワトスンが初めて会い、ベイカー街221Bに共同で部屋を借りた、記念すべき第一作。ワトスンへの第一声「あなた、アフガニスタンに行っていましたね?」は、ホームズが依頼人の過去を当てる推理のはしり。第一部はホームズたちの出会いから殺人事件解決まで。第二部は犯人の告白による物語で、米ユタ州からロンドンにいたる復讐劇。
(光文社文庫より)

■感想
  【色付くミステリーseason2】、トップバッターは、【緋色の研究】です。
 やっぱり色特集をやるなら、これは外せないかな、と思いまして。
 有栖川有栖氏の【朱色の研究】、綾辻行人氏の【緋色の囁き】などは、本作のオマージュだと思われますので、ミステリ読みとしては押さえておきたいところです。

  本作は、シャーロック・ホームズシリーズの記念すべき第1作で、ホームズとワトスンの出会いが描かれています。
 ホームズは、ワトスンを見るなり、軍医としてアフガニスタンに従軍していたことを見抜いてしまいます。
 二人はベーカー街で共同生活を始めますが、ワトスンはホームズの鋭い観察眼に舌を巻きます。

「きみはまるでエドガー・アラン・ポーのデュパン探偵みたいな人ですね。あんな人物が、小説の中ではなくて、本当に実在しようとは夢にも思わなかった」

  これは、ホームズに対するワトスンの賛辞。ここでデュパンが引き合いに出されるのが面白いですね。
  ところが当のホームズは、この賛辞を快しとせず、痛烈にデュパンを批判します。
 このあたり、ドイルのミステリ観が反映されているようで興味深いです。

  本作は、二部構成になっており、第一部は、ホームズたちの出会いから殺人事件解決までが描かれ、
  第二部では、犯人がいかなる動機を持って犯行に至ったかが描かれています。

 

  このお話、特にトリックらしきものがありません。
 第一部の終盤になって、いきなり「こいつが犯人です」とばかりに引っ張り出される訳なんですが、
 そもそも伏線が何もないので、「その人、誰?」という感じです(苦笑)
 読者が謎解きに参加することは残念ながら出来ません。

  第二部では、犯人が復讐の鬼と化した背景が描かれているのですが、
 このエピソードが長いのですよね(^^;)
 これで物語が1つ書けそうなぐらい・・・。
 前置きなしにいきなりアメリカに舞台が移り、放浪者の話が始まったので、面食らってしまいました。
 エピソード部分はもう少しコンパクトにまとめてあった方が良かったかな。

  さて、タイトルの【緋色の研究】ですが、これについてホームズは、次のように定義しています。

人生という無色の糸かせには、殺人という緋色の糸が分かちがたく混じりこんでいる。ぼくたちの任務は、それを解きほぐし、分離して、端から端まで一インチものこすことなく白日のもとにさらけだすことなんだ。

 

 このシャーロック・ホームズシリーズは、ホームズの功績をワトスンが記録するスタイルになっておりますが、
  本作では、何故ワトスンが記録することになったのかが終盤に明らかになります。
 ワトスン、意外と熱い男だったのね(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 海外ミステリ初心者の方

■関連

 この度、シャーロック・ホームズが映画化されます。
 タイトルもズバリ『シャーロック・ホームズ』!
 予告編を観ましたが、ミステリーとは思えないようなアクションシーンが満載でした。
 さすがはアメリカ映画ね、と思ったら、イギリス映画でした~。
 ワトスン役でジュード・ロウが出演しているのにも注目です!
 スリムでカッコいいワトスンもいいかも
 劇場公開は3月12日です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

シャーロック・ホームズコナン・ドイルミステリー

2 Comments

viviandpiano  

ホームズ!

ホームズは私が最初に読んだミステリなので、
やっぱり思い入れがあります☆
まあ、ミステリをたくさん読んだ今となっては、
トリックなども古めかしいんですけど・・・

ホームズと言えば、NHKでやってたシリーズが一番好きです♪
あのホームズは、イメージがぴったりだったんですよね。

2010/02/11 (Thu) 03:57 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

やっぱりホームズって名探偵の代名詞ですよね。
ミステリの基本だと思うし☆
私は基本を押さえないで来てしまったので、今さらながら基本に返っています(笑)
これから他の作品にどのような影響を与えたのか、ミステリの変遷を辿ってみるのも楽しみ♪

2010/02/11 (Thu) 21:50 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment