Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > あ行の作家 > 【黒いハンカチ】 小沼丹

【黒いハンカチ】 小沼丹

 12, 2010

◆◇◆午睡と絵画と推理◆◇◆

小沼丹作品集
短編集
三笠書房 1958.8
  創元推理文庫 2003.7

黒いハンカチ (創元推理文庫)
黒いハンカチ (創元推理文庫)
おすすめ平均
stars小粋な推理連作短編集
starsあの明るく希望に満ちた時代
stars小気味よい
starsちょっとひと昔への散歩
stars利発で可憐でお茶目なニシ・アズマ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

A女学院のニシ・アズマ先生の許にちょっとした謎が持ち込まれる、あるいは先生自らが謎を見つけ出す。すると彼女は、鋭い観察眼と明晰な頭脳でもってそれを解き明かすのだ! 飄飄とした筆致が光る短編の名手による連作推理全十二編。昭和三十二年四月から一年間、『新婦人』に「ある女教師の探偵記録」という角書付きで連載され、後に一本に纏められた短編集の初文庫化である。
(創元推理文庫より)

■ヒロイン
 ニシ・アズマ(A女学院教諭)

■感想
  【色付くミステリーseason2】、2番手は、【黒いハンカチ】です。
 ちょっと意外性をついてきました(笑)

  この作品は、昭和32年4月から33年3月まで雑誌『新婦人』に連載されたものを纏めたもので、45年の歳月を経て、創元推理文庫より再出版されたものです。
 私はこの作品の存在を知るまで、作者の小沼丹という方を存じ上げなかったのですが、北村薫氏が編集した『謎のギャラリー-謎の部屋-』に、『指輪』と表題作『黒いハンカチ』が収録されているそうです。
 『謎のギャラリー~』をお読みになった方はご存知かもしれませんね。芥川賞候補にもなったそうですが、知る人ぞ知る作家であるようです。

  本作は、以下の12編の短編が収められています。

  • 指輪
  • 眼鏡
  • 黒いハンカチ
  • 十二号
  • スクェア・ダンス
  • 赤い自転車
  • 手袋
  • シルク・ハット
  • 時計

  1つの短編は20ページ弱という短さなので、サクサク読めそうですが、書かれた時代が古いので、漢字やカタカナの表記が現在と違うものが多く、その点では読みにくいです(^^;)

  例えば・・・
        襯衣 → シャツ   悉皆 → すっかり   バレエ・ボオル → バレーボール  など

  シャーロック・ホームズに至っては、『シャアロック・ホオムズ』ですからね(^^;) どうもカタカナの横棒の概念が無いみたい。

  さて、この作品で探偵役を務めるのが、ニシ・アズマという女性です。
  小柄で愛嬌のある顔立ちをした若い女性で、A女学院の先生です。
  彼女のお気に入りの場所が、A女学院の3階・・・というか屋根裏部屋。
 ここに古いベッドを運び入れてあり、昼寝をするのが楽しみ・・・というちょっと怠け者の先生ですね。
 生徒にテストをやらせている間、クロスワード・パズルを解いていたり・・・オイオイ

  短編の中には、殺人事件が起こるものもありますが(『犬』はちょっとグロかった・・・)、ジャンルとしては『日常の謎』モノと言ってよいでしょうね。
 今まで日常の謎のジャンルは北村薫氏が先駆者だと思っていたのですが、実はこんな時代から存在していたのですね~。
 ただ、松本清張などの社会派全盛の時代だったので、あまり受け入れられなかったのかもしれませんね。
 また、犯行の動機や事件の背景などにはあまり触れず、淡々とした語り口である点も時代に合っていなかったのかも。

  ニシ・アズマは、ホームズを彷彿とさせる鋭い観察眼の持ち主。
 ちょっと変だなぁと思うと、じっくり観察しているので、何か事件が起きて皆が騒ぎ出した時には、もう謎が解けていたりします。
 時には、犯人を見逃してあげる場合も・・・罪を憎んで人を憎まずの精神かな。

  凝ったトリックなどはありませんが、ちょっと小粋な作品集だと思います☆

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 女性の方72
  • 日常の謎モノが好きな方
  • ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:小沼丹 ミステリー

COMMENT 2

Sat
2010.02.13
00:48

viviandpiano

URL

まさに

意表をつかれました。
私も知らない作家さんです。
でも、面白そうですね☆

ニシ・アズマって西東をもじっているんでしょうね。
どういう意図を込めてるんだろう・・・

Edit | Reply | 
Sat
2010.02.13
16:42

翠香

URL

viviandpianoさんへ

北村先生でさえ、デビュー前はご存知なかったそうです。
ミステリーを量産していなかったようなので、社会派全盛期とあって、埋もれてしまったのでしょうね。

ニシ・アズマの妹はミナミコといいます(笑)
どういう意図かは分かりませんが、方角であることは間違いなさそう。
名前をカタカナ表記にしているのも、味がありますよね。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?