Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 加賀恭一郎 > 【赤い指】 東野圭吾

【赤い指】 東野圭吾

 17, 2010

◆◇◆血は水よりも濃い◆◇◆

加賀恭一郎シリーズ7
長編
講談社ノベルス 2006.7
  講談社文庫 2009.8

赤い指 (講談社文庫)
赤い指 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars最後は蛇足かな
stars家族のあり方を考えさせられる作品
starsとても悲しくて切ないお話
stars懊悩する家族に、社会問題をみるか…
stars壊れた家族の描写で、良質ミステリーに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は? 家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。
(講談社文庫より)

■テーマ

 老人介護
 親子の情

■感想
  【色付くミステリーseason2】、第3弾は、【赤い指】です。
 先日、【新参者】が連続ドラマになるというニュースがありましたが、本作は、同じ加賀恭一郎シリーズの第7弾です。

 ここ数作ほど、加賀の刑事としての側面しか見られず、キャラ読みとしてはちょっと寂しい思いをしていたのですが、今回は、加賀のプライベートな部分も見られます♪
 加賀は警察官だった父親と上手くいっておらず、一度は中学教師になったのですが、教師としては上手くいかず、結局父親と同じ警察官の道へ進みます。(この辺りのいきさつは【悪意】をお読みください)
 その父親が病気で入院し、もう長くないという。父親の最期に加賀が今までのわだかまりを捨て、父親と向き合うことが出来るのかに注目です。
 また、加賀の従弟が捜査一課の刑事になっていて、加賀とコンビを組まされるのですが、加賀のことを「恭さん」と呼んでいるのも新鮮でしたね(^^)

 本作はいわゆる倒叙ものです。犯人側の隠蔽工作をいかに加賀が見破るかが見所です。
 なんとなく【容疑者Xの献身】に雰囲気が似ているな~と思っていたら、【容疑者~】のレビューでは、「加賀シリーズに近い雰囲気」なんて書いていましたね。自分。やっぱりそうか(笑)

 この作品は、老人介護と親子の情がテーマとなっています。特に老人介護については、高齢者社会とあって、昨今クローズアップされている問題であり、色々考えさせられます。
 それにしても東野作品はトリッキーなものが多いと思ったのですが、社会派っぽい仕上がりになっていたのは意外でしたね。

 倒叙なので言ってしまいますが、犯人の一家、読んでいてイライラしてきました(ー^ー;)
 殺人を犯しておきながら、自分は逃げることしか考えず、尻拭いを親に任せる馬鹿息子、自分勝手なことばかり言って、息子を甘やかして育ててしまった妻、妻に対しても息子に対しても毅然とした態度で接することの出来ない情けない夫・・・。
 でも、死体を公園に捨てに行く件はやけにリアリティありましたね(^^;)

 加賀は真相に気付きながら、それを突きつけることをせず、家族の中で解決させようとします。クールなように見えて、優しい加賀さん、いいですね(^^)

 事件のオチについては、賛否両論あるようですね。まあ、確かに現実的にはちと苦しいのかもしれませんが、私はこの方がよりテーマが生きてくるし、ミステリーらしさも出るので、これで良かったと思っています。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ! 

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 加賀恭一郎

COMMENT 12

Wed
2010.02.17
23:09

乱歩

URL

私も読みました

赤い指 よかったですよね。
真の親子愛、偽りの親子愛が見事に描かれていましたね。
加賀さん活躍も良かったですね。
加賀親子がちょっと切なかったですが・・・。

Edit | Reply | 
Thu
2010.02.18
21:39

翠香

URL

乱歩さんへ

コメントありがとうございます。
この作品は、東野圭吾氏にしては珍しく社会派っぽい内容でしたね。
加賀さんもあまり説教くさくなくて良かったと思います。
加賀さん、お父さんにはそっけない態度だったけれど、
やっぱり親子なんだなぁと思いました。
ちょっと心が暖かくなるような終わり方でよかったですね(^^)

Edit | Reply | 
Fri
2010.02.19
10:00

あかね

URL

今回は赤か~♪

翠香さんの色特集~チェックするまではあんまりピンときてなかったのですが、
ミステリって、色がタイトルに入っていたり、印象的なもの・・・多いんですねi-80《目》のつけどころが・・・翠香さん・・・すてきi-101

そして、私も「赤い指」購入したばかりっi-260ですi-80
翠香さんの感想を読んで、読むのがさらに楽しみになりましたよっi-184「新参者」のためにも読むぞ~i-178
でも、かなりエログロな1冊を読み終えたばかりなので、今はミステリじゃない本を読んでますーi-240

Edit | Reply | 
Sat
2010.02.20
18:58

翠香

URL

あかねさんへ

昨日は男子フィギュアに夢中になってしまって、お返事遅くなりました。
特集は、本棚をぼ~っと眺めていて、ちょっとした共通点を見つけて企画しています。
色々思いつくけど、自分の読書計画に合わなくてボツになるものも多いです(^^;)
実はまた変な(?)企画を思い付いちゃったんですけど(笑)
実現するか分かりませんが、少し構想を練っておきます♪

『赤い指』は久々に加賀さんのプライベートサイドが描かれていて、ちょっとうれしい(^^)
加賀さんって、親戚の間では「恭さん」って呼ばれていることも分かったし♪
エログロのお口直しをしたらぜひ読んでみてね☆

Edit | Reply | 
Wed
2010.03.10
08:57

あかね

URL

読みました~~~~!

同じく“恭さん”萌えi-175(笑)&涙涙の読書となりましたi-237


・・・でしたが、日本の・・・どこにでもありそうな、あるような問題をテーマに・・・こんなに感動する作品を書かれるなんてi-181東野先生のイメージがかなり変わりましたよ!
昔ハマって読みあさっていた頃に戻れそうなくらい
「赤い指」は自分内大ヒットでしたi-1(大袈裟かな?笑)

「新参者」も楽しみ♪ドラマが待ち遠しいです♪

Edit | Reply | 
Wed
2010.03.10
23:56

翠香

URL

あかねさんへ

かなり感動されたようですね(^^)
私も、加賀さんが「恭さん」と呼ばれているのをみて、
「恭さん」だって~v-344と1人で喜んでいました(アホですね~w)

今回は社会派っぽい内容だったので、あかねさんは苦手なのかな?と思いましたが、
大丈夫なようですね。
これなら浅見光彦シリーズもいけるかも!?
私が愛してやまない名探偵なので、ぜひ読んでみてね♪

あ、トラックバックなのですが、一応、ウチでは言及リンク(記事内に当ブログのリンクを付けること)をお願いしています。
今回は、こちらからもトラックバックさせていただきました。

Edit | Reply | 
Sat
2012.03.10
11:10

nemurineko

URL

初めまして

初めましてnemurinekoともうします。ミステリー小説は大好きです
東野さんは好きな作家さんです加賀恭一郎シリーズは加賀さんの観察眼で事件を
捜査するという手法がお気に入りです
彼の捜査対象だけではなくかわる人たちに対する配慮ただ犯人を捕まえれば
いいわけではないという考え方も好きです
海外作品だとクリスティーさんとポアロが大好きです。

Edit | Reply | 
Sun
2012.03.11
16:14

翠香

URL

nemurinekoさんへ

nemurinekoさん、初めまして!コメントありがとうございます♪
nemurinekoさんもミステリーが好きなのですね。
こちらからもお邪魔させていただきます(^^)

私も加賀恭一郎シリーズはお気に入りです♪
基本文庫派なので、『赤い指』で止まってますが・・・。
早く『新参者』、文庫化しないかなぁ。
私は海外ミステリはまだまだなんですが、ポアロシリーズはお気に入りです。
作品について色々お話できるとうれしいです。よろしくお願いします☆

Edit | Reply | 
Tue
2012.03.13
20:03

nemurineko

URL

翠香さん今晩は『赤い指』の記事を書いたのでTBさせてもらいました
私も出来れば文庫で読みたいのですが待つのが我慢できずに結局ハードカバー
を買っちゃうんですよね(^^;
ミステリーは大好きで海外作家さんも読みますよ古典ミステリーなども
好んで読みますよ

Edit | Reply | 
Wed
2012.03.14
00:21

翠香

URL

nemurinekoさんへ

この下にあるコメント&トラックバックに関する注意にも書いてあるのですが、
言及リンクのないトラックバックは受け付けない設定になっています。
トラックバックに関しては、過去に色々あったので、ルールを徹底することにしました。
ご了承ください。

Edit | Reply | 
Thu
2012.03.15
21:14

nemurineko

URL

トラバックについてをよく読み理解しないうちにTBを送ってしまい申し訳ありませんでした
ブログを始めたばかりと言うこともあり今回のことでいろいろあるんだなと
心にとめておきます。
小説の話をする方があまりいないのでお話しできるだけでもうれしいので
また遊びによらせてください

Edit | Reply | 
Thu
2012.03.15
23:51

翠香

URL

nemurinekoさんへ

トラックバックって、ブログ独自の機能なので、難しいですよね。
長年ブログをやっている人でも正しく理解している人、本当少ないのですよ。
私も昔は知らなくて、勝手にトラックバック、バンバン送りつけてました(冷汗)
いつも後味悪い思いをするので、うるさいことは言わずにいた方がいいのかな~と
悩むことが多いのですが、ご理解いただけてよかったです。
もちろん作品に関する話はいつでもOKです。
また遊びにきてください(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  赤い指 / 東野圭吾
  • 久しぶり~に加賀さんシリーズを読みましたっ『赤い指』です  赤い指東野圭吾講談社 2006-07-25 STORY:少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。 「この家には、隠されている真実がある...
  • 2010.03.10 (Wed) 08:50 | 恋する図書館。

WHAT'S NEW?