Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北村薫 > わたしのベッキーシリーズ > 【玻璃の天】 北村薫

【玻璃の天】 北村薫

 31, 2010

◆◇◆お嬢様はお年頃◆◇◆

わたしのベッキーシリーズ2
短編集
文芸春秋 2007.4
  文春文庫 2009.9

玻璃の天 (文春文庫)
玻璃の天 (文春文庫)
おすすめ平均
stars元教師の誠意を感じさせる強い思い
stars天罰か
stars知的に再現された失われた時代の姿
starsたしなみ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑むベッキーさんシリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。
(文春文庫より)

■ヒロイン
 花村英子(女子学習院後期1年)
 別宮みつ子(英子付きの運転手)

■感想
 ベッキーさんシリーズ第2弾。
 【街の灯】から1年が経ち、時は昭和8年。英子も女子学習院の後期の生徒となりました。

 今回も3つの短編が収められています。今回特徴的だったのは、まずは当時の社会情勢。
 当時の日本は軍国主義で、自由などと気安く口に出来ない時代でした。
 しかし英子は、このような国家に対して、異を唱えます。

国家という行進なら、その向かう先は、孔子のいう仁や、あるいは、殺すなかれといった、基本的な徳であるように思えます。(中略)自由とは、基本的な徳に向かう行進の中で、右を向き左を向く自由です。(中略)そこから、機械の尊さではない、人の尊さが生まれるのではないでしょうか

 時代が違うとはいえ、弱冠14歳の少女がこれだけの思想を持っているとは思えないのですが、
 これは、英子の口を借りた北村先生の言葉であると思われます。
 そして、その対極に位置する思想を持つ人物が象徴的に描かれています。

 次に、今回は恋愛話が多く見られます。英子のご学友達は、婚約したり、ロミオとジュリエットばりの恋をしたり、駆け落ちしたり・・・と恋愛に忙しくなってきました。
 英子にはまだ恋と呼べるお相手はいないのですが、ご学友の家に招かれた際に、同席していた陸軍少尉の方と語らう機会がありました(話の内容は、先ほどの自由についてという、硬いものでしたが)。
 また、自宅で開いた晩餐会が自分のお見合いの場ではないかと期待したり(笑)
 英子も年頃になってきたのですね(^^)

 ではここで、各短編について、簡単にご紹介。

 【幻の橋】
  英子のご学友・百合江の祖父・晃二郎とその兄・洋一郎は、あることがきっかけで長年仲たがいをしていた。
  ところが、百合江は洋一郎の孫・東一郎と恋に落ちる。
  仲直りの印に東一郎が持参した浮世絵は、謎の怪盗によって盗まれたという。
  ここでは、思想家・段倉とベッキーさんとの問答がおまけのように書かれていますが、
  これが、第3編【玻璃の天】へと繋がっていきます。

 【想夫恋】
  英子は、綾乃が『あしなが おぢさん』を読んでいたのをきっかけに声をかけ、親しくなる。
  ベッキーさん曰く、『あしなが おぢさん』は、ある意味、探偵小説であると。
  子供の頃、お気に入りだった作品について書かれていて、うれしくなりました。
  後に綾乃が失踪してしまい、暗号文の入った手紙が残されます。
  この暗号、いかにも北村先生らしいですね。文学部向けです(^^)

  【玻璃の天】
  英子が招かれたお邸にある、天窓のステンドグラスを破って段倉が転落死した。
  ちょうどその頃、雪が降っていて、天窓へ続くスロープには段倉の下駄の痕と、もう一足靴の痕が。
  足跡は、上りのみだったが、天窓付近には誰もいなかった。
  ついにベッキーさんの出自が明らかにされます。
  あまりに壮絶な過去に驚きました。パンドラの箱を開けてしまった気分。

  前作では、ベッキーさんの武術に長けている様子がクローズアップされていましたが、
  今回は、博識さがより際立っていました。なるほど、といったところです。

  そしていよいよ第3作へと繋がっていきます。
  ついに太平洋戦争に突入という時代です。
  未来の私達は、日本がどういう状態になるのか知っているわけで、
  英子やベッキーさん達が気懸かりです。
  彼女たちが強くたくましく生き抜くことを願っています。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 女性の方72
  • 文系の方
  • 円紫さんと私シリーズ』が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:北村薫 ベッキー

COMMENT 2

Thu
2010.04.01
00:52

viviandpiano

URL

どきどき・・・

翠香さんのレビュー見てるだけで、
読みたくなってきました☆
北村先生、やっぱり文章が好きだ~!!

あと、北村先生の描く女性って、
本当に尊敬しちゃうようなしっかりした人が多くて、
私より年下設定でも、お姉さんのように感じてしまいます(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2010.04.02
00:04

翠香

URL

viviandpianoさんへ

久々に北村作品を読んで、柔らかい文章が心地よかったです(^^)
私も同じく好きだ~!!(笑)

今回は、ベッキーさんの出自が明らかになるのですが、
ベッキーさんにこんな辛い過去があったなんて・・・v-409
それでも凛として生きているベッキーさん、凄いなぁ。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?