FC2ブログ
毛髪再生

映画【ゆれる】

Category映画
 2  0

◆◇◆真実は藪の中◆◇◆

制作年 2006年
時間 119 分

ゆれる [DVD]
ゆれる [DVD]西川美和

おすすめ平均
starsストーリーのひねりと香川さんの存在感。
stars素晴らしい
stars答えなんてない
stars静かな映画
stars兄ちゃんは許していない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■CAST
  早川猛    ・・・オダギリジョー
  早川稔    ・・・香川照之
  早川勇    ・・・伊武雅刀
  岡島洋平   ・・・新井浩文
  川端智恵子 ・・・真木よう子
■STAFF
  監督・脚本:西川美和

■STORY

東京で写真家として成功した早川猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷する。母の葬儀にも立ち会わず、父・勇とも折り合いの悪い猛だが、温厚な兄の稔はそんな弟を気遣う。稔は父とガソリンスタンドを経営しており、兄弟の幼なじみの智恵子もそこで働いていた。智恵子と再会した猛は、その晩、彼女と関係を持つ。翌日、兄弟と智恵子は近くにある渓谷へ向かい、稔のいないところで智恵子は、猛と一緒に東京へ行くと言い出す。智恵子の思いを受け止めかね、はぐらかそうとする猛だが、猛を追いかけて智恵子は吊り橋を渡る。河原の草花にカメラを向けていた猛が顔を上げると、吊り橋の上で稔と智恵子が揉み合っていた。そして智恵子は渓流へ落下する。

■感想
  評判が良かった作品なので、期待して観たのですが・・・うーん、私的にはイマイチでした。
  観る人によって、かなり評価が分かれると思います。

   始めのうちは、オダギリジョーさんがボソボソっとしたしゃべり方なので、ほとんど聞き取れませんでした(^^;)
  (外が嵐だったせいもあるのですけどね)
  戻って聞きなおしたり、音量を上げてもダメでした(苦笑)

  写真家として成功し、自由奔放に生きる弟と、父の経営するガソリンスタンドで働き、地味で真面目な兄──。
  この兄弟の対比はよく表現されているなと思いました。
  そして、二人の幼馴染の智恵子の存在。
  稔は一緒に働きながら、彼女に思いを寄せている。
  しかし、智恵子の方は、写真家として華々しく活躍している猛にあこがれている・・・。
  ふらっと帰ってきた弟に、文字通り彼女の心も体も奪われてしまう──。
  そんな兄の心情を演じる香川さんの演技が光りますね。
  顔は笑っていても、目が笑ってないのですよ・・・。内心どう思っているのだろう、とかなり不気味でした(^^;)

  香川さんといえば、大河ドラマ『龍馬伝』でも、岩崎弥太郎役の『怪演』が話題になっていますよね。
  弥太郎の父親役の蟹江敬三さんも、この作品では伯父役で出演しています。
  こんなところで共演していたとは!
  そうそう、ピエール瀧さんも刑事役で出演していましたよ(笑)

  理解できなかったのは、何故、稔は智恵子を追って吊り橋を渡ったのかという点。
  これは、作中でも、猛が稔に問い質しているのですが、
  危ないと思って追いかけたというより、彼女が弟の元へ走っていってしまうのを食い止めたかったのではないかと思います。
  ただ、「チエちゃん、危ないよ」なんて言いながら、あんな風に体を後ろから掴んできたら・・・正直キモイです。
  あれは、智恵子でなくても「触らないで!」って言ってしまうかも
  その辺の女性心理も分からない、不器用な男だったってことなのかな。

  とにかく、はっきりとした正解がないのが、この作品。
  複数の方と観て、意見交換すると、違った解釈があって面白いかもしれません。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 心理劇が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

映画オダギリジョー香川照之西川美和

2 Comments

viviandpiano  

怪演!

香川さんって、すごいですよね、なんか。
こういう、ちょっと屈折した役をやらせると、上手すぎる。
本人はエリートだし、コンプレックスとは無縁かもと思ってたけど、
実はすごく奥の深い俳優さんなのかもしれませんね。

この映画、見たことないんですけど、
最近DVDレンタルにハマっているので(笑)
見かけたら、借りてみたいと思います♪

2010/04/03 (Sat) 17:51 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

香川さんって、確か東大卒でしたよね。
本当、インテリっぽいイメージはあまりなくて、独特の存在感を放っているというか。
『龍馬伝』でも、主役を喰ってしまっているような気も・・・(^^;)
viviandpianoさんのブログで話題になっていた『キサラギ』にも香川さんが出演しているのですよね。
前からちょっと気になっていたので、観てみようかな。

この作品は、智恵子の転落死が事故なのか、突き落とされたのか、最後まで分からないのですよ。
タイトル通り、観ている方の気持ちも「ゆれる」作品です(笑)

2010/04/03 (Sat) 23:04 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment