Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 瀬在丸紅子(Vシリーズ) > 【夢・出逢い・魔性-You May Die in My Show】 森博嗣

【夢・出逢い・魔性-You May Die in My Show】 森博嗣

 20, 2010

◆◇◆夢で逢いましょう◆◇◆

瀬在丸紅子Vシリーズ)4
長編
講談社ノベルス 2000.5
  講談社文庫 2003.7

夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)
夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)
おすすめ平均
starsクオリティが落ちていく
starsタイトルばかりが目立つ、やや頭でっかち。
stars楽しいミステリィ
stars東京
starsタイトルもすごいが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

20年前に死んだ恋人の夢に怯えていたN放送プロデューサが殺害された。犯行時響いた炸裂音は一つ、だが遺体には二つの弾痕。番組出演のためテレビ局にいた小鳥遊練無は、事件の核心に位置するアイドルの少女と行方不明に・・・・・・。
繊細な心の揺らぎと、瀬在丸紅子の論理的な推理が際立つ、Vシリーズ第4作!
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 瀬在丸紅子(29歳・自称科学者)

■感想
  Vシリーズ第4弾です。
 今回、紅子・紫子・練無の3人は、渋谷にあるN放送のクイズ番組に出演するため、那古野から東京へ。保呂草も別の用事を作って引率の先生よろしく同行しています。
 しかし、出演するクイズ番組は3人一組の『女子大生大会』!
 本物の女子大生は紫子1人なのだけど、紅子と練無も女子大生ということにして、応募書類を出してしまった!
 う~ん、れんちゃんは見た目女の子にしか見えないから(名前も性別不明だし)誤魔化せるけど、紅子さんは・・・ちょっと無理あるんじゃない?てゆうか、しこちゃんって、大学の女友達いないの!?
 今回は、クイズマニアの私にはツボでしたね~(笑)3人一組というのが、高校生クイズみたいじゃないですか。高校生クイズ、過去に2度ほど出たけど、結果は・・・聞かないでっ!(笑)

 今回は、舞台が東京だったため、林や七夏の登場はなし。紅子とのバトルも一時休止です(笑)
 そういえば、森川くんも出てなかったですね。そのかわりと言っては変ですが、保呂草の探偵仲間の稲沢という人が登場します。このシリーズは主要キャラの個性が強いせいか、脇役キャラがなんだか影が薄いのですよね(^^;)
 でも、この稲沢という人、なかなかどうして大した人物ですよ。

 今回も懲りずに密室(笑)犯行現場の出入り口は2箇所で、非常口は内側から施錠されていて、外側からは操作できない。廊下側のドアの鍵は開いていたが、出入りしたのはアイドルの立花亜裕美だけ。
 トリック自体はさほど難しくはないですね。ただ、犯人と被害者の思惑のズレが事件を複雑なものにしています。
 そして、犯人なんですけど、この人物なら犯行が可能だったというレベルで、この人物である必然性がないのが不満でした。どうもこのシリーズは精神に異常をきたしている人物の犯行が多いような・・・。
 あ、そうそうちょっとした叙述トリックも仕掛けられていますのでご注意を!

 今回も、練無が大活躍しています。れんちゃんって見た目は女の子だけど、中身はアイドルが好きなフツーの男の子なんですねぇ。紅子が「小鳥遊君って、意外と複雑なんだ」って言ったのが可笑しかった。
 紅子もテレビ局のスタジオで名探偵よろしく謎解きを披露しているし。
 紅子に意外な特技があったのにもびっくり。しかし、TVディレクタが「なんで、今の撮らないの!」といっているのは、テレビ人の浅ましさを感じてしまいました。

 この作品、タイトルもすごく凝っていますね。タイトル、英語のサブタイトルともに『夢で逢いましょう』と読めます。しかも意味も内容に即しているのが上手い。各章の章題も言葉遊びになっていますよ。子供の時にこういうのやりましたね。毎回、遊び心満載なのが楽しいです(^^)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • テレビ番組の制作に興味がある方
  • 叙述モノが好きな方
  • れんちゃんファンの方w
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣 Vシリーズ 瀬在丸紅子 小鳥遊練無

COMMENT 2

Thu
2010.04.22
03:18

viviandpiano

URL

これこれ!

キャラが自然に動き始めたような、
そんな印象の作品です♪

ミステリとしては、ちょっと軽いと思うんですけど、
小ネタが満載で、楽しい話ですね!

例の人には、私もビックリ!
やられた~!と思いました(^^;

Edit | Reply | 
Thu
2010.04.22
23:49

翠香

URL

viviandpianoさんへ

まさか、れんちゃんが伏線(?)とはね~!
事件の真相とは関係ない部分だったので、私も油断しておりました(^^;)
でも、犯人も「やられた~」じゃないですか?

今回はテレビ局が舞台ということもあり、華やかで楽しい作品でしたね☆

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?