Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 大倉崇裕 > 【白戸修の事件簿】 大倉崇裕

【白戸修の事件簿】 大倉崇裕

 02, 2010

◆◇◆巻き込まれども、巻き込まれども◆◇◆

白戸修シリーズ1
短編集
双葉社 2002.8
双葉文庫 2005.6
20第20回小説推理新人賞受賞作(『ツール&ストール』)

白戸修の事件簿 (双葉文庫)
白戸修の事件簿 (双葉文庫)
おすすめ平均
starsさわやかほのぼの、気持ちよい良書。
stars軽犯罪
starsいいワンパターン
stars愛すべき主人公♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

こにでもいる善良な大学生・白戸修にとって東京の中野は鬼門である。殺人の容疑者が飛び込んで来たり、ピンチヒッターで行ったバイトが違法だったり、銀行で強盗に銃を突きつけられたり・・・・・・。だが次々に事件を解決する彼を人は「巻き込まれ探偵」「お人好し探偵」と呼ぶようになる。小説推理新人賞受賞作を含む、ちょっと心が優しくなれる癒し系ミステリー。
(双葉文庫より)

■感想
 初大倉崇裕作品です。先日、この白戸修シリーズの続編が出版されたと聞き、本作を積読していたことを思い出して読んでみました(笑)

 大倉さんは、本書収録の『ツール&ストール』で第20回小説推理新人賞を受賞し、本格的デビューを果たしたそうです。本書は、双葉社より出版された【ツール&ストール】を改題し、文庫化したものです。

 白戸修はごく普通の大学生。なのに何故か毎回事件に巻き込まれてしまいます。そして毎回押しの強い人物に遭遇し、怒鳴られる始末。逃げたり、追いかけたり、投げ飛ばされたりで満身創痍状態(^^;)
 このトホホぶりが彼には気の毒だけど可笑しさを誘います
 また彼は自他共に認めるお人よし。お人よし故にトラブルに巻き込まれてしまうのですけどね(^^;)
 しかし、一見頼りなさそうに見えて、機転を利かせてピンチを切り抜けたり、時には敵に勇敢に立ち向かったりしています。

 本作では、スリや万引きなど軽犯罪のテクニックが多数出てきます。綿密に取材したのだろうなと思ったら、大倉さんは、警察雑誌の編集部に勤めていたのだとか。意外な経歴が作品に役立っているのですね。


 【ツール&ストール】
 白戸は、殺人容疑で追われている友人を助けるため、元警視庁捜査第三課の山野井と共に、殺害現場にいたというスリの桑田を探す。あと一歩のところで桑田を取り逃がしてしまうが・・・。
 スリのテクが満載。知らず知らずのうちにスリに合図を送っているというのには驚きでした。気をつけなくちゃ。
 ここでは白戸は完全なる道化役。でも悪いことばかりじゃない(^^)

 【サインペインター】
 怪我をした友人のピンチヒッターで行ったバイトは、ステ看板の取り付け。縄張り争いが激化し、一触即発のムードに・・・。
 今度は白戸くん、しっかり推理してます(笑)最後は人情話になってました。しかし白戸くんって、いいやつだ~。

 【セイフティゾーン】
 銀行で虎の子の一万円を引き出そうとしたら、残高がない!銀行の手違いだと分かるが、白戸がトイレに行っている隙に、銀行は武装強盗グループに占拠されてしまう。
 この短編のみ凶悪犯罪を扱っています。さすがの(?)白戸くんも銃を突きつけられては・・・。アクション映画のようにハラハラドキドキしました

 【トラブルシューター】
 買ったばかりの携帯に間違い電話が。切迫した雰囲気に無視できず、相手に直接間違いを知らせに行く白戸。相手は私立探偵で、何故かストーカー被害者のボディガードを手伝うハメに・・・。
 ここでは白戸くんの機転でストーカーの正体を掴んだけれど、最後は道化になっちゃいましたねぇ。

 【ショップリフター】
 入社式に着て行くスーツを引き取りにデパートへやって来た白戸。しかしすそ上げに失敗し、2時間待たされるハメに。時間潰しに入ったCDショップで万引きの濡れ衣を着せられ・・・。
 やや強引な展開だったけれど、こういう犯罪を逆手に取った犯罪もあるのですね。
 【ツール&ストール】に登場したある人物が再び登場。ラストはうれしいサプライズが!

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • コメディが好きな方
  • 人情話が好きな方
  • 気軽に読めるミステリをお探しの方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:白戸修 大倉崇裕

COMMENT 2

Mon
2010.05.03
18:54

viviandpiano

URL

大倉作品

私も、大倉作品はアンソロジーで短編を読んだだけなのですが、
けっこう気になっている作家さんです。

それにしても、警察雑誌って、どんな雑誌でしょう?
ちょっと興味があります(^^)

Edit | Reply | 
Tue
2010.05.04
11:36

翠香

URL

viviandpianoさんへ

白戸くん、お人よし過ぎるけど、いいやつなんですよ~。

大倉作品は、福家警部補シリーズも気になっています。
倒叙形式らしいので、面白そう♪

警察雑誌、アリス先生の作品を連載するぐらいだから、ミステリファンが読んでも楽しいのかもしれませんね(笑)
ちょっと読んでみたいな~v-291

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?