Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this

【幻惑密室】 西澤保彦

 11, 2010

◆◇◆エスパーバスター・嗣子◆◇◆

神麻嗣子チョーモンイン)シリーズ1
長編
講談社ノベルス 1998.1
  講談社文庫 2003.6

幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)
幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars神麻嗣子》シリーズの第一長編
starsそうなんだけど
stars長編を支える程のアイデアでは...
stars一問の解答・解説としては長すぎませんか?
stars超能力って・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

ンマンで女好きの社長宅で開かれた新年会。招待された男二人と女二人は、気がつけば外に出ることが出来なくなっていた。電話も通じない奇妙な閉じられた空間で、社長の死体が発見される。前代未聞の密室の謎に挑戦する美少女・神麻嗣子たち。大人気<チョーモンイン>シリーズ長編第一作、待望の文庫化!
(講談社文庫より)

■ヒロイン
  神麻嗣子〔超能力者問題秘密対策委員会出張相談員・(見習)〕
  能解匡緒〔32歳・警部〕 

■感想
 西澤作品は、今までタックシリーズを読み進めてまいりましたが、ここらで別シリーズにも取り掛かろうと思います。
 このシリーズは、神麻嗣子の超能力事件簿、通称チョーモンインシリーズです。
 本作は、刊行順では第1作なのですが、時系列では、【念力密室!】(短編集)の中の表題作・『念力密室!』の次に当たります。タックシリーズと同様、時系列順に読もうとすると、【念力密室!】の短編1つを読んでから、長編を読むという具合に錯綜してしまうのですよね(^^;)
 当ブログでは、書籍単位で紹介する都合上、刊行順にご紹介することにします。ホントにレビュー泣かせですよ、西澤先生
 ただ、主人公たちの出逢いは短編『念力密室!』に書かれているため、いきなり本作に当たると多少説明不足な部分があります。時系列にこだわりたいなら、『念力密室!』を読んでから本作をお読みください。

 それでは主要キャラのご紹介。
 見た目は中学生ぐらいの女の子で、三つ編みに袴姿といういでたちの超能力者問題秘密対策委員会出張相談員・(見習)神麻嗣子(かんおみ・つぎこ)。
 肩書き長っ!これを略してチョーモンインと呼んでいます。
 次に、ナイスバティなセクシー美女で、32歳にして警部という能解匡緒(のけ・まさお)。
 そしてバツ1のしがないミステリ作家、保科匡緒(ほしな・まさお)。
 物語は保科の一人称で語られています。
 あ、そうそうもう1人ではなく、もう一匹、いるだけですべての超能力を無効化することができるカウンターエスパー猫、アーノルド・ボルシチ(通称アボくん)。
 何故アーノルド・ボルシチというかは・・・アホらしいので、本文をお読みくだされ(^^;)

 なんといっても神麻さんがめちゃくちゃかわいいのですよ~。ドジでけなげで(笑) 萌え系キャラですね。表紙イラストのイメージ通り(^^)
 でも、保科に仕事の協力をしてもらうため、《賄賂》の食事を作ってくるあたり、意外と計算高い一面も。それでもかわいいから許せちゃうんですよね、保科さん
 神麻さんのお仕事は、超能力を悪用して不当な利益を得た超能力者を《補導》すること。大抵は犯罪がらみとなるので、能解警部とタッグを組んで捜査に当たります。

 今回の密室も超能力によって構成されたものです。普通、トリックに超能力を使用してしまうと、何でもありになってしまい、ミステリとしては破綻してしまいますよね。しかし、そこはさすが西澤先生、超能力が使われたことを前提としながらも、論理的な謎解きがされています。
 作品の世界観は、コミカルなノリも含めて【七回死んだ男】に似ていますね。あのタックシリーズがシリアスに見えてきます(笑)
 動機は身勝手過ぎて納得は出来ないけれど、ちゃんと伏線があるのですよね。

 ちなみに本書の解説は田中芳樹氏で、薬師寺涼子と泉田刑事の対談形式になっています。お涼さんファン必見です(^^)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • SFが好きな方
  • 超能力に興味がある方
  • 美少女キャラに萌えたい方(笑)
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:神麻嗣子 チョーモンイン 西澤保彦

COMMENT 8

Tue
2010.05.11
13:04

あかね

URL

いいないいな~♪

おっi-176
ついにチョーモンインシリーズなのですねi-179
しかも、また・・・時系列1作目は別収録って・・・i-230
またもや複雑i-282(笑)

でも、コミカルな部分を含めてぜひぜひ読んでみたいしi-194表紙もかわいいからi-189(笑)揃えたくなっちゃうなぁ~i-175

私は「解体諸因」読みましたi-70
西澤先生のデビュー作ですが・・・時系列があれなので(笑)タックの雰囲気が・・・i-229
こそばゆかったですi-199

Edit | Reply | 
Tue
2010.05.11
21:47

翠香

URL

あかねさんへ

そうなんですよね。またもや順番が入り組んでいて・・・(^^;)
実は以前、途中まで読んでいたのですが、どうも話が見えない??と思ったら、
これより前の作品があったという(苦笑)

ノリは『七回死んだ男』に近いと思います。あのタックシリーズがシリアスに見える~(笑)
神麻さん、表紙のイメージそのままで、かわいいですよ~v-344

『解体諸因』読みましたか!
タックの雰囲気どんななのだろう・・・気になるな~

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.12
00:48

viviandpiano

URL

かわいい

キャラクター、かわいらしいですね♪
西澤先生の作品は、しばらく読んでないのですが、
結構沢山書かれているので、追いかけるのは大変そうですね。

チョーモンインというネーミングも面白い☆
最初、お寺かなんかの名前かと思ってしまいました(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.12
23:19

翠香

URL

viviandpianoさんへ

長門院ですか?なるほど(笑)

神麻さん、ホントかわいいのですよ(^^)
文中に、一生懸命速く走ろうとしているペンギンみたいにとっとこ駈け寄ってくる
という描写があるのですが、想像するとめっちゃかわいくて(笑)
こんなかわいい子が料理作ってくれるなら、もう賄賂でも何でもOKですよ。
ちなみに神麻さんの料理は純和風でおいしいのだとか。(いいな~w)

確かに西澤作品たくさん出てますけど、森ミステリを追いかけるよりは楽かも(^^;)

Edit | Reply | 
Sun
2010.05.16
23:54

Erebos

URL

こんばんは

はじめまして。
遅くなりましたが、トラックバック有難う御座います!!
トラックバックさせて頂きました。
挨拶のみですが、今後もお邪魔させて頂くかと思います。
西澤氏作品を始めミステリーは本当に大好きなので、こうして輪が広がっていくのも凄く嬉しいですね。
宜しくお願いします。

Edit | Reply | 
Mon
2010.05.17
23:51

翠香

URL

Erebosさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
えーと、私の方からトラックバックはしていないのですが・・・。
コメントとトラックバックは全く別の機能なんですよ。
それから言及リンクはトップページではなく、該当記事(今回の場合、この記事です)にしていただけるとありがたいです。

Erebosさん、西澤作品をたくさん読まれていますね。
西澤作品は、SF設定のものが多いですが、解決は論理的なのがいいですよね。独創的なミステリだと思います。
ミステリー好きの輪、広げて行きたいですね!
こちらこそ、よろしくお願いします(^^)

Edit | Reply | 
Sun
2010.05.30
22:27

Erebos

URL

すみませんー

こんばんは翠香さん。
以前間違えて勝手にトラックバックしてしまったようですね。
申し訳ありません!!本当にコメントと混ざっておりました・・・反省;
トラックバック仕組み自体良くわからないまま混乱の中で行っておりました・・・ハワワ;;
トラックバック取り消しておきます故!すみませんでした!!

西澤氏作品はチョーモンインシリーズやら匠千焼シリーズ、ノンシリーズ読んでいます。面白いですからね!
結構エグイ所もまた・・(苦笑)
では、失礼しました!

Edit | Reply | 
Mon
2010.05.31
00:04

翠香

URL

Erebosさんへ

えーと・・・まだトラックバックについて誤解があるようですね。
「間違えて勝手にトラックバックしてしまった」と仰っていますが、
こちらの運営としては、記事内に言及リンク(こちらの記事へのリンクのことです)を付けて頂ければ、トラックバックしても一向にかまいません。
本来、トラックバックは相互にするものではないんです。(そういう運営をしているブログが多いですが・・・)
それから、トラックバックは送った方から削除は出来ません。
Erebosさんのブログを拝見しましたが、どうやら言及リンクの記事を削除してしまったようですね。
これだと、Erebosさんの送ったトラックバックがリンク切れ状態になってしまうので、
こちらからトラックバックを削除しますね。
初心者向けに解説しているサイトもありますので、もう一度仕組みについて確認してみてください。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?