Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【仮面山荘殺人事件】 東野圭吾

【仮面山荘殺人事件】 東野圭吾

 13, 2010

◆◇◆誰が彼女を殺した?◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
トクマノベルズ 1990.12
  講談社文庫 1995.3

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
おすすめ平均
starsやられました
starsあっという間に読めてしまう
stars読みやすいがありえない話
starsお勧めの一冊
stars消費されるストーリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった・・・・・・。
(講談社文庫より)

■感想
 前から気になっていた作品です。タイトルからして、ミステリー好きにはそそられますよね(笑)
 そう、タイトルに『山荘』とある通り、いわゆる“山荘モノ”(クローズド・サークル)です。
 普通、山荘モノというと、雪に閉ざされてとか、大雨で土砂崩れが起きてといった具合に天災によるものが多いのですが、本作では、なんと銀行強盗が押し入って立て込まれた状態で、閉ざされた空間を作り出しています。
 人質となった極限状態の中、殺人事件が発生、強盗たちが犯人でないことは明らかで、7人の中に犯人がいる・・・。

 本作は、東野圭吾氏としては比較的初期の作品で、読んでいてあまり東野氏らしさは感じませんでした。初期の頃は、コテコテの本格だったのですねぇ。
 でも、犯人が明らかになった時点で、あ~やっぱり東野作品だ~と思いました。なんというか人間の内面にある欲望とか嫉妬とか打算とかがドロドロと・・・(^^;)

 この本の解説は折原一氏なのですが、折原氏、なんでも本作刊行時、同様のトリックの作品を3分の1ほど書き上げていたのだとか・・・やっぱりトリックは早いもの勝ちですからねぇ。いくら自分も前々から考えていたんだ!と言ったところで、後になってしまったらパクったと思われるのがオチですから・・・。お気の毒さまです
 でも、こういう話は往々にしてあるみたいですね。誰にも考え付かないようなトリックを編み出すのも大変だあ

 折原氏は、ある映画をヒントにしてトリックを思いついたそうですが、ひょっとすると自分もその映画、観ているかも。おそらくそれが頭にあったのか、トリックは予想出来てしまいました。本の帯には「スカッとだまされてみませんか」って書いてあるのですけど、残念ながらスカッと騙されませんでしたねぇ(^^;)。想定内だったので。

 それにしても、強盗たち、何か間抜けでしたねぇ。合鍵を作るほど容易周到なのに、押し入るのは場当たり的だし(^^;) こういうつっこみどころも伏線と言えなくもないのだけど。トリックにしても随分と大仕掛けなことを考えたものです。

 やっぱり東野氏って、女性心理が分かってないなと思います。女性はそんなに弱くない(笑)
 雪絵にしても、どっちつかずな感じでいまひとつ納得できなかったですね。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 クローズド・サークル

COMMENT 6

Fri
2010.05.14
00:55

viviandpiano

URL

これこれ!

私も読んだけど、スカッとは騙されませんでした(^^;
折原先生のせいだ~・・・

ところで、やっぱりアイデアがかぶることはあるみたいですね。
太田先生も、アイデアが先に使われて、
困ったことがあるそうです。

手をつけてない間ならマシだけど、
途中まで書いたときに知ったら衝撃でしょうね(^^;

それにしても。
東野先生、本当にドロドロですね・・・

Edit | Reply | 
Fri
2010.05.14
14:35

あかね

URL

面白そう!

この作品~東野作品にハマっていたころ
なぜか読まずにいた作品なので・・・i-201
今さらながらですが・・・翠香さんの感想を読んで気になってしまいましたi-185

スカっとだまされ・・・ないi-198(笑)ですかi-229

最近は、おおお~っと驚くことはあっても。なかなかスカっと騙された感は無かった気がするので・・・i-228スカっと騙されてみたいなi-185

Edit | Reply | 
Sat
2010.05.15
00:08

翠香

URL

viviandpianoさんへ

実は、折原先生の例の作品と読み比べてみようとしていたのですよ。
でも、タイトルが・・・すでにネタバレしているorz
トリックを先に使われて悔しいのは分かるけど、その怒りを読者にぶつけないでほしい・・・。
しかし、既に3分の1書いていたというのは痛いですね(^^;)

読んでいる途中は、東野作品らしくないと思ってましたが、
真相が分かってみると、やっぱりドロドロでした(笑)

Edit | Reply | 
Sat
2010.05.15
00:14

翠香

URL

あかねさんへ

私も、スカッと騙されたい(^^;)
犯人当てがメインのものは、当たるとうれしいけど、この手のものは、逆に騙されるとうれしいですよねw
あまり余計なことは考えずに、素直な気持ちで読めば、驚きも大きいかも。

Edit | Reply | 
Tue
2010.05.18
23:45

乱歩

URL

面白かったですよ

私も少し前に読みました。
あっさりすっきり騙され私好みの作品でした。
私のなかではお勧めの作品になってますよ。
タイトルセンスも良いですね。

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.19
00:14

翠香

URL

乱歩さんへ

読みましたか。
やっぱり、すっきりと騙されると評価も高くなるのかもしれませんね。
まあ、話自体は面白かったですが。
タイトルセンス・・・う~ん、、ベタですねぇ(^^;)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?