Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 加納朋子 > 市村安梨沙(アリスシリーズ) > 【螺旋階段のアリス】 加納朋子

【螺旋階段のアリス】 加納朋子

 18, 2010

◆◇◆ハードボイルド氏とフリルちゃん◆◇◆

アリスシリーズ1
短編集
文芸春秋 2000.11
  文春文庫 2003.11

螺旋階段のアリス 文春文庫
螺旋階段のアリス 文春文庫
おすすめ平均
stars日常の謎系ミステリ
stars夫婦の絆、さまざま
stars表紙のインパクト
stars日常におけるミステリー
stars加納版現代アリス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

大企業のサラリーマンから憧れの私立探偵へ転身を果たした筈だったが──事務所で暇を持て余していた仁木順平の前に現れた美少女・安梨沙。・・・・・・亡夫が自宅に隠した貸金庫の鍵を捜す主婦、自分が浮気をしていないという調査を頼む妻。人々の心模様を「不思議の国のアリス」のキャラクターに託して描く七つの物語。
(文春文庫より)

■ヒロイン
 市村安梨沙

■感想
 駒子シリーズ以外では読んだことがなかった加納作品。前回の【スペース】のレビューからも1年近く経っているのですね(^^;)
 加納作品は積読が多いので、少しずつ読み進めていきたいです。

 本作は、脱サラをしてあこがれの私立探偵になった中年男・仁木順平と、押しかけ助手の謎の美少女・市村安梨沙が様々な依頼内容をもとに謎を解いていく物語です。
 しかし、依頼人から持ち込まれる内容は、仁木が思い描いていた探偵の仕事とはかけ離れていて、犬探しや子守までやらされる始末(^^;)
 また、仁木は一匹狼のハードボイルドを決め込むはずが、安梨沙によってフリルとレースと花模様に囲まれ、ペースは乱されっぱなし。
 でも安梨沙の存在は好もしく思っていて、その辺がなかなか複雑な心境なようです(笑)

 本作は全編を通してアリスモチーフが散りばめられています。一応、“予習”をして臨んだものの、『鏡の国』の設定も入っていたため、ちょっと失敗(^^;)
 特にアリスの物語を知らなくても問題はありませんが、知っているとなお楽しめるお話になっています。


 【螺旋階段のアリス
 仁木探偵事務所の非常用の螺旋階段から現れ、押しかけ助手となった安梨沙。
 最初の依頼人は中年女性で、亡くなったご主人が自宅に隠した貸金庫の鍵を探してほしいという。
 鍵といえば、アリスが素敵なお庭へつづく小さなドアの鍵を開けるのに四苦八苦していたシーンを思い起こします。
 これは、ちょっぴり皮肉を交えつつも心温まるお話でした。

 【裏窓のアリス
 安梨沙は茶道具を事務所に持ち込み、日によってコーヒー、紅茶、日本茶を淹れてくれる。三月ウサギと帽子屋のお茶会を思い起こしますね。
 今回の依頼は、浮気をしていないことを証明するための素行調査という、ちょっと奇妙なもの。しかし、真相は意外なものでした。

 【中庭のアリス】
 老婦人の依頼は、行方不明の犬を探すこと。しかし、老婦人の身の回りの世話をしている椿は、そんな犬はもともといないと言う。
 一生、何の苦労もなく楽しく過ごせたら幸せのように思えるけれど、悲しみや苦労を知ってこそ、人間の深みが出るものなのかもしれませんね。
 そういった意味では、この老婦人の人生は薄っぺらで不幸だったのかも・・・。

 【地下室のアリス】
 仁木が以前勤めていた会社の地下にある書庫では、誰もいないのに電話が鳴るという。
 ちょっと怪談ぽい話ですが、真相はちょっと拍子抜け。
 ここでは仁木がひとりで奮闘します。生臭い話だったので、安梨沙には向いていなかったですね。

 【最上階のアリス】
 仁木の大学の先輩・真栄田は、奥さんに『お使い』をしばしば頼まれるが、その真意を知りたいという。
 しかし、真栄田の留守中、奥さんは外出もしないし、電話も掛けていなかった。
 これが一番印象に残った話でした。難しいテーマだけど、この犯人のやり方には納得できなかった。ある意味、傲慢だと思いますね。

 【子供部屋のアリス】
 産婦人科医の青山の依頼で、赤ちゃんの子守をすることになった仁木と安梨沙。何やらいわくありげな雰囲気を察して、安梨沙は偵察に行くのだが・・・。
 これはもうミステリではよく使われる手ですね。赤ちゃんが笑っているのは・・・の薀蓄は確かに夢を壊しますね(^^;)言わぬが花ですよ。

 【アリスのいない部屋】
 突然、安梨沙から事務所に電話があり、しばらく休ませてほしいという。しかし、自宅にも帰っていないようで、安梨沙の父親からは、仁木が安梨沙を誘拐したのではないかと疑われてしまう。いったい安梨沙はどこへ行ってしまったのか?
 仁木の不器用だけど、優しい人柄がにじみ出ていますね。奥さんとの心の触れ合いも素敵です。
 ラストがまたいいですね(^^)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:加納朋子 市村安梨沙 アリス

COMMENT 6

Wed
2010.05.19
02:28

viviandpiano

URL

こっちのアリスでしたか♪

一筋縄ではいかない読後感のものもあるけれど、
キャラが引きつける感じでしたよね☆
謎めいて可憐な安梨沙がよかったです。

ロジックや謎解きとしては弱いところもあるけど、
小説を読むのは、それだけじゃないですからね。
一番大事な「物語」の部分に共感できるので、好きなシリーズです。

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.19
13:19

あかね

URL

私も。

この作品とても好きですi-175ラストが良いですよねi-178
というか、加納先生の作品って・・・大好きi-175

と、書きながら・・・この作品の続編「虹の家のアリス」と駒子ちゃんの「スペース」は未読デス~i-183
トホホi-203

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.19
23:28

翠香

URL

viviandpianoさんへ

女性らしい優しい雰囲気の物語ですね。
特に仁木夫婦が素敵だなと思いました。こんな風にお互いを大事に想っていたい。

加納さんの作品は、1編、1編にきちんと物語がありますよね。
人生のほろ苦さを含んでいて、なかなか深いお話が多かったように思います。

『虹の家』はまだ手元にないのですが、手に入り次第、続編を読みたいです。

Edit | Reply | 
Wed
2010.05.19
23:35

翠香

URL

あかねさんへ

素敵なお話でした。『虹の家』は持っていないので、読むのは先になりそうですが、早めにゲットしたいですね。
その前に『鏡の国のアリス』を読まなければ・・・。

『スペース』は、駒子と瀬尾さんの距離が狭まってきますよ~v-344
駒子以外の視点のあるので、他人から駒子がどう写っているかが見られるのも新鮮です(^^)

Edit | Reply | 
Wed
2013.06.12
13:34

結衣

URL

鞠子さんが素敵

北村薫の「覆面作家」シリーズを読み終わったので(千秋さん、キュートでした)、
次に読む「日常の謎」系のものを、このシリーズにしました。
仁木鞠子さんは素敵ですね。
『虹の家』にも仁木の家族が出てくるようなので、引き続いて読んでみますね。

テーマ読みのほうも、どんな名前が出てくるか、楽しみにしています(*_*)。

Edit | Reply | 
Thu
2013.06.13
00:38

翠香

URL

結衣さんへ

読んだのですね(^^)
私は仁木さんが好きだなぁ。
安梨沙をそっと見守るやさしさが素敵です。

テーマ読み・・・結衣さんもブログを持っていれば参加していただくのに。
結衣さんも参加しているつもりで本選びしてみてはいかがでしょう?
いつもと違う視点で本選びをするので、新たな作家さんや作品との出会いがあり、楽しいですよ♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?