毛髪再生

【白馬山荘殺人事件】 東野圭吾

Category東野圭吾
 2  0

◆◇◆マザー・グースの呪文◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
カッパ・ノベルズ 1986.8
  光文社文庫 1990.4

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)
白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)
おすすめ平均
starsミステリーとして古典的な舞台設定
stars1986年
stars難易度の高い謎解き
stars暗号解読
stars密室殺人に謎解きとして童謡マザーグースを絡めたストーリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

1年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一。その死に疑問を抱いた妹の女子大生・ナオコは、親友のマコトと、兄の死んだ信州・白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。常連の宿泊客たちは、奇しくも一年前と同じ。各室に飾られたマザー・グースの歌に秘められた謎、ペンションに隠された過去とは? 暗号と密室の本格推理傑作。
(光文社文庫より)

■感想
 【僧正殺人事件】からマザー・グースつながりで読んでみました。またもや『○○山荘殺人事件』です(笑)
 本作は、【放課後】【卒業】に続く東野圭吾氏の長編第三作になります。この作品は前二作とは雰囲気が異なっていて、東野氏特有のドロドロ感はあまりありません。

 主人公は、女子大生のナオコで、1年前に白馬のペンションで自殺した兄の死に疑問を持ち、親友のマコトとともに兄が泊まったペンションを訪れ、真相を探るというもの。
 名前がカタカナ表記なのは、理由があるのですが、東野氏のちょっとした遊び心だと思うので、意を汲んでバラさないでおきます。(たいしたことじゃないですが・・・。)
 対照的な性格の素人2人組が謎を解く、というのは、岡嶋二人氏の【焦茶色のパステル】を想起しますね。
 本作では、主に推理するのはマコトの担当ですが、ナオコも推理に貢献しています。刑事たちもあまり感じがよくないものの、プロらしい働きをしていますね。なので、いわゆる絶対的な『名探偵』は存在しません。

 ペンション『まざあ・ぐうす』の各部屋には、マザー・グースにちなんだ名前が付けられており、部屋の中には、マザー・グースの歌が書かれたレリーフが掛けられています。このマザー・グースの歌を基に暗号を解読していくことになります。実はこの暗号解読はかなり難解で、多少こじつけ部分もあるのですが、ナオコとマコトが徐々に謎を解き明かしていく過程が面白く、どんどん引き込まれていきました。
 また、現場は密室でもあります。やはり初期の作品らしく、色々な要素を盛り込もうとしているのが窺えますね(笑)
 密室トリックに関しては、ちょっとイマイチかな?完全とは言えないですね(^^;)

 ナオコたちが捜査している途中で、宿泊客の1人が崖から転落するという、新たな事件も起こります。1年前の兄の自殺事件との関連性ありと確信した二人は、ついに暗号解読に成功します。
 刑事たちに推理の補強をしてもらい、真犯人を挙げ、一件落着!・・・と思ったら、これだけでは終わらなかった!
 実はナオコの兄の死の以前にも、このペンションにまつわる死亡事件があり、その真相が次から次へと明らかになる怒涛の展開を迎えます。
 また、暗号についてももう一ひねりあって、驚きの連続でした。この一冊で色々楽しめたので、大満足でした(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

東野圭吾マザー・グース

2 Comments

viviandpiano  

これは

読まなきゃ!
面白そうですね~、謎解き♪
暗号&密室で本格でしょ?
もう、王道ですよね!

2010/06/02 (Wed) 03:03 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

暗号はかなり難解なので、自力で解くのは難しいと思いますが、
ナオコたちと一緒に解読する楽しみがあります♪
事件が解決したと思ったら、次々と新事実が出てくるので、
最後まで気が抜けませんよ~。
ぜひ読んでみてください(^^)/

2010/06/02 (Wed) 23:51 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment