Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > あ行の作家 > 【ちょんまげぷりん】 荒木源

【ちょんまげぷりん】 荒木源

 16, 2010

◆◇◆拙者、ぱてしえにござる◆◇◆

ちょんまげぷりんシリーズ1
長編
小学館(ふしぎの国の安兵衛)2006.8
 小学館文庫2010.2
338映画化作品 (2010.7.31公開 主演:錦戸亮)

ちょんまげぷりん (小学館文庫)
ちょんまげぷりん (小学館文庫)荒木 源

おすすめ平均
stars面白かった?
stars実はイラストに魅かれて読みました
stars軽く読むのにはいい
stars映画化が待ちきれなくて買っちゃいました
starsどんどん読める

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

 シングルマザーの遊佐ひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。男は180年前の江戸時代からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気づく。
 安兵衛は料理のレパートリーを増やし、菓子づくりに挑戦。これが評判を呼び、「ござる」口調の天才パティシエとして時の人となるが──。
(小学館文庫より)

■感想
 今回はミステリではないのですが、ずっと気になっていた本だったので読んでみました。
 初めに書店で見かけた時から、目を惹く本でした。
 奇抜なタイトル(「ちょんまげぷりん」ってなに!?)に
 劇画タッチのイケメンの手にプリン(しかも素手で!)というインパクト。
 後ろ髪を引かれつつも、その時は購入には至らなかったのですが、
 なんと映画になったというじゃないですか!
 これはもう読むしかないと思いましたよ(笑)
 先週、王様のブランチでも紹介されていましたね。

 本作は、いわゆるタイムトラベルものです。
 文政九年(1826年)から180年の時を越えて現代にタイムスリップしてきたのは、
 徳川家直参のお侍・木島安兵衛。
 安兵衛は、自分のいる場所のあまりの変わりように混乱し、立ちつくしていた。
 そこへ来合わせたのが、シングルマザーの遊佐ひろ子とその息子・友也。
 安兵衛はタイムトンネルの入り口が見つかるまで、遊佐家に置いてもらうことになり、
 世話になる恩義に報いるため、家事と友也の世話を引き受ける。

 始めのうちは、安兵衛の混乱ぶりが可笑しさを誘います。
 自動車は動く箱、山手線は銀の竜か、なるほど(笑)
 ちなみに安兵衛は、表紙のようなイケメンではありません(^^;)
 一本気で頑固な性格に見合った『泥臭い』顔立ちのようです(笑)
 下手したら「成敗」、「腹を切る」と言い出しかねない剣幕に、
 ひろ子たちが慌てる一幕もあって面白い

 ひろ子は、夫と共働きでしたが、夫が家事や育児に全く協力してくれなかったのが離婚の原因でした。
 仕事を持つ女性ならば必ず直面する問題ですよね。
 ただのドタバタではなく、社会問題もさりげなく取り混ぜています。

 あまり遊んでやれない為、わざとひろ子を困らせることをしていた友也でしたが、
 そこへ安兵衛の一喝が!
 それ以後、友也は言うことを聞くようになり、自らお手伝いをするように変わっていきます。
 安兵衛が家事を引き受けてくれることで、ひろ子は仕事に専念でき、物事は良い方向に回転していきます。

 安兵衛は、料理のレパートリーを増やしていき、お菓子作りにも磨きがかかるようになります。
 そこへ舞い込んできた「お父さんの手作りケーキコンテスト」の出場。
 コンテストの模様は臨場感があって、ワクワクしました。
 以前、TVでスイーツコンテストを観たことがあるのですが、
 質感が本物そっくりに再現されていて、感動しました。もはや芸術の域に達していますね。
 安兵衛のケーキの出来栄えも素晴らしいものでした。

 コンテストの出場を機に、安兵衛の侍言葉も受けて、一躍時の人に。
 安兵衛はTVの仕事が増え、遊佐家の家事をすることができなくなってしまいます。
 ひろ子との間にも溝ができ、そして、ある事件が・・・。

 文章も易しいので、どんな世代の方にも楽しんで読めると思います。
 安兵衛からは、働くことへの喜び、社会に認められることへの喜びを教えられました。

 最後は、タイムトラベルものならではのオチで、なかなかいいですね。
 爽やかな読後感を味わうことが出来ました(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆奇想天外度
◆ほのぼの度
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • タイムトラベルものが好きな方
  • お菓子作りが好きな方
  • ワーキング・マザーの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:荒木源 ちょんまげぷりん

COMMENT 8

Fri
2010.09.17
01:49

viviandpiano

URL

うわ~

思わず、表紙買いしそうですね!
しかもタイムスリップもの☆
行き当たったら、読んでみたいかも♪

タイムスリップものって、最近の流行かな?
「仁」とかもありますし・・・
これも、ドラマや映画にしたら面白いかも☆

Edit | Reply | 
Sat
2010.09.18
00:54

あかね

URL

意外☆

意外なチョイスだな~i-1って思いましたが。。。実は私も気になってました(笑)
本の表紙i-189目を引きますよね~i-237

それに映画化にもなってるし、サムライが現代にやってきてパティシエ???ってどういうこと~????って思っちゃうi-1

安兵衛とひろ子との関係も気になるしi-80おもしろそうだな~i-178

映画みちゃおっかな~i-175

Edit | Reply | 
Sat
2010.09.18
20:30

mokko

URL

オオーw(*゚o゚*)w

このカバーイラスト
あちこちで目にしてはいたものの
タイトルの意味もわからずに放置してましたけど
なにやら面白そうじゃないですかぁ~
もの凄く気になってきました(;^_^A

Edit | Reply | 
Sat
2010.09.18
23:22

翠香

URL

viviandpianoさんへ

この作品、今年の夏に映画公開されたのですよ。
錦戸亮さんの主演で。
原作より安兵衛さん、カッコ良すぎなんですけど(笑)

『仁-JIN』は反対に現代から江戸時代にタイムスリップする話でしたね。
ドラマは残念ながら観ていないのですが・・・。
『ちょんまげぷりん2』では、同様に友也が江戸時代にタイムスリップする話みたいです。

Edit | Reply | 
Sat
2010.09.18
23:49

翠香

URL

あかねさんへ

意外でしたか?(^^;)
ミステリ以外でも興味はあるのですよ、私。
『鹿男あをによし』なんかも気になってます☆

やっぱりこの作品、表紙がかなりインパクトがあるので、気になりますよね~。
安兵衛の侍ことばにかなりハマりました(笑)

私もDVDになったら、映画も観てみようかな。
錦戸くんの安兵衛、観てみたいし。

安兵衛とひろ子との関係は・・・読んでのお楽しみ♪

Edit | Reply | 
Sat
2010.09.18
23:58

翠香

URL

mokkoさんへ

私も書店で初めて見たときは、
「ちょんまげぷりん?なんじゃこりゃ??」でしたよ(笑)

安兵衛の侍ことばにハマってしまって、
セリフを口に出して読んで、1人で喜んでいました(怪しい奴w)

面白くて元気になれるお話なので、おススメです(^^)
あ、また積読本が増えちゃいます?(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.21
12:34

あかね

URL

鹿おとこ!

『鹿男あをによし』・・・私も興味ありますi-1
ドラマは見ていなかったのですが・・・おもしろそうだな~♪って思っていて、文庫が欲しい今日このごろです♪

先日『鹿男あをによし』ではなく、奈良のキャラクター・・・せんとクンのシールブックを買ってしまいましたi-194
少しずつ使っていますi-235(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2010.09.21
23:57

翠香

URL

あかねさんへ

『鹿男あをによし』のドラマは面白かったですよ~。かなりハマってました!
DVDなどで観る機会があればぜひ♪
私も文庫買おうか、ちょっと迷い中(笑)

先日、記事でもご紹介したCREA9月号に鹿男の作者の万城目さんとせんとくんが
奈良を旅する記事が載っていましたよ。
万城目さんとせんとくんのツーショット、不思議(笑)
ところでせんとくんシールは何に使っているのですか?気になるな~(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?