FC2ブログ
毛髪再生

【晩夏に捧ぐ-成風堂書店事件メモ(出張編)】 大崎梢

Category成風堂シリーズ
 2  0

◆◇◆幽霊も本を読む?◆◇◆

成風堂シリーズ2
長編
東京創元社 2006.9
創元推理文庫 2009.11

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)
晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)大崎 梢

おすすめ平均
starsミステリーとしては、ガッカリさせられる。
starsなんだかなあ
stars長編化と方向転換が裏目に…
stars本屋って奥深い。
starsページのムダ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、アルバイトの多絵と共に信州へ赴いた。だが幽霊騒ぎだけでなく、二十七年前に老大作家が弟子に殺された事件をめぐる謎までもが二人を待っていて・・・・・・。人気の本格書店ミステリ、シリーズ初長編。
(創元推理文庫より)

■感想
 成風堂シリーズ第2作。タイトルに合わせて、暑さもひと段落したので読んでみました。
 今回は、駅ビル6階の書店「成風堂」を離れて、信州の老舗書店・通称「まるう堂」が舞台となります。
 サブタイトルに“出張編”とありますけど、本屋の出張ではありません。

 事の起こりは、杏子の元同僚である、美保が勤める「まるう堂」での幽霊騒ぎ
 まるう堂に幽霊が出没し、27年前に起きた殺人事件の犯人の霊ではないかという噂が流れた。
 27年前の殺人事件とは、信州に住んでいた作家・嘉多山成治が書生・小松秋郎に殺害されたというもの。
 秋郎はその2年後、刑務所内で病死していたのだ。
 しかし、犯人は秋郎ではないのではないかという噂もあった。
 そして、幽霊騒ぎの他、嘉多山の関係者の家では、小火や空き巣事件が相次いでいた──。

 美保は、杏子から多絵の探偵としての活躍を聞いていて、二人に信州へ出向いてくるよう要請するのですが、
 この美保という女性が騒々しくて、強引なので好きになれませんでした。
 せっかく夏休みをとって信州までやってきたというのに、観光気分もろくに味わえず、
 関係者の事情聴取に引っ張りまわされるなんて、割に合いませんよね(^^;)

 それに、20代前半の女の子2人が取り組むには、ここでの謎は重過ぎるのです。
 それこそ浅見光彦が登場してもよいくらいです(笑)
 その反面、柔らかい文体のせいかもしれませんが、妙に緊迫感がなく、
 なんだか探偵ゴッコをしているような雰囲気。
 当時、さんざん警察が調べつくした事件を、遠方から来た女の子がたった3、4日で解決してしまうなんて、
 ちょっとありえない。
 事件の重さにそぐわないお気楽さなんですよね(^^;)

 第1作の【配達あかずきん】では、書店にまつわるちょっとした謎を解いていくのが
 小気味良かったのだけど、本作ではこのシリーズの持つよさが失われてしまったのが残念です
 長編に挑戦した意欲は買いますけど、やっぱり日常の謎は短編の方がキレがあっていいですね。
 次回作【サイン会はいかが?】では、再び成風堂を舞台にした短編集のようなので
 (実は既に購入済み^^)、次回に期待ですね。

 ちなみにこの本の巻末には、久世番子さん(『配達あかずきん』と『サイン会はいかが?』の漫画を
 描いているそうです)の漫画がおまけについてます。多絵ちゃんがかわいい♪

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★

■特におすすめ!

  • 女性の方72
  • 本屋さんが好きな方
  • 書店員の経験がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

大崎梢成風堂

2 Comments

viviandpiano  

引用されてる

Amazonの評価の欄が、
内容のイマイチさを物語ってますね(^^;

まあ、でもどんな作家も満点の作品ばかりじゃないから、
次作には期待してもいいんじゃないでしょうか♪

2010/09/22 (Wed) 02:29 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

Amazonのレビューも一通り読みましたが、
ほとんどの方が私と同様な感想を持っていましたね(^^;)
第1作が良かったので、期待値が上がってしまった分、
ガッカリ度が大きくなってしまった・・・。
でも、楽天ブックスだと反対に高評価なんですよ。
人によって受け止め方が違うのかな。

第1作の『配達あかずきん』は、書店好きのツボを押さえた良作なので、
おススメです(^^)

2010/09/22 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment