Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 海外ミステリ > 【モーツァルトの陰謀】 スコット・マリアーニ

【モーツァルトの陰謀】 スコット・マリアーニ

 25, 2010

◆◇◆モーツァルトの死の謎◆◇◆

ベン・ホープシリーズ2
長編
河出書房新社 2010.10

4309908896モーツァルトの陰謀
スコット・マリアーニ 高野 由美
河出書房新社 2010-10-09

by G-Tools

■あらすじ

軍隊時代の旧友、オリバー・ルエリンの不慮の死を調べていく中で、ベン・ホープは、何世紀も昔の「モーツァルトの死」の謎に巻き込まれていく。
オリバーが追い求めたモーツァルトの書簡は、どこにあるのか。
そして、オリバーが生命をかけて郵送したCDには何が眠っているのか。

オリバーの葬儀のあと、ベンは、世界的に有名なオペラ歌手となっていたリー・ルエリンから突然の呼び出しをうけて再会する。
だが、それは二人にとって15年前の苦い過去との再会でもあった。

凍てついた冬のヨーロッパ。二人が「モーツァルトの死」の真実に迫るとき、モーツァルトを葬り去った殺人者たちも、歴史のむこうから蘇ってくるのだった。

英国の読者を夢中にさせたベン・ホープ・シリーズ第二弾!!
(河出書房新社より)

■感想
 ベン・ホープシリーズ第2弾。
 今回もエンジン・ルーム様より献本いただきました。ありがとうございます。

 今回は、モーツァルトの死の謎がテーマということで、かなり期待が高まっていました。
 以前、TVでモーツァルトの生涯を特集していたのを観たのですが、
 モーツァルトの天才的な音楽の才能、不遇な家庭環境などは解説されていたものの、
 その死については、あまり触れられていた記憶がありませんでした。

 著者のあとがきによると、モーツァルトの死は、公式には病死ということになっていますが、
 毒殺されたという説があるそうです。
 本作では、毒殺説を元に、誰が何のために殺したのかという切り口で進んでいきます。
 モーツァルトが遺した最後の手紙を追ってのスリリングな展開は手に汗握りました。
 しかし、手紙の内容は期待したほどではありませんでしたねぇ(^^;)
 もっと驚くべき事実が隠されているとか、暗号めいているとかだと思ったのですが・・・。
 唯一、『アドラー』という言葉が暗号めいていると言えるでしょうか。
 ちなみにシャーロック・ホームズシリーズに出てくるアイリーン・アドラーとは
 何も関係ありません(残念・・・!)

 前作と比べると、暗号解読などの謎解きの要素が少なくなってしまった分、
 ミステリーファンにとっては、ちょっと魅力に欠けてしまうように思いました。
 ただ、前作同様アクションシーンは満載で、アメリカ映画をみているような気分になります。

 そしてベン・ホープは、またもや女性にモテまくりです。
 ベンは15年前、恋人のリーの前から姿を消していたのですが、
 リーからの突然の呼び出しを受け、再会を果たすことになります。
 お互い、過去のわだかまりや、自分の置かれている状況が昔とは違うことから
 なかなか昔のような恋人同士になれないところがもどかしいですね。
 しかし、前作でいい感じだったロベルタはどうしたんだろう?(^^;)
 また、敵に囲われているイブという女性からも想われるようになります。

 ただ、ラストはここまでする必要があったのかが疑問ですね。
 ハッピーエンドで終わってもよかったと思うのですが・・・。
 シリーズはまだ続くようなので、ベンは一匹狼でないといけなかったのかなぁ。
 ちょっとやり切れない読後感になってしまいました。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • アクション物、ハードボイルドが好きな方
  • モーツァルトに興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ベン・ホープ ミステリー

COMMENT 2

Tue
2010.10.26
19:59

mokko

URL

興味深いです!

知らない作家さんです。
シリーズ物なんですねぇ
考えてみたらモーツァルト関連のテレビとかでは
どういう死だったのかを聞いた事がないような・・・
毒殺説があったなんて知りませんでしたよぉ~
もの凄く気になるんですけど、シリーズ物は
手を出すのが怖いです(;^_^A

Edit | Reply | 
Wed
2010.10.27
00:21

翠香

URL

mokkoさんへ

スコット・マリアーニは、前作【消えた錬金術師】でデビューした新人作家さんです。
シリーズ物ですが、1話完結なので前作を読んでいなくても大丈夫ですよ。

モーツァルトに毒殺説があったのは、私も初めて知りました。
35歳の若さで亡くなったのは、何か外的要因があったとも考えられますよね。
真偽のほどは分からないけど。
こういう歴史の謎なんかも結構好きです♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?