毛髪再生

【水の中のふたつの月】 乃南アサ

Categoryな行の作家
 6  0

◆◇◆三人の魔女の秘密◆◇◆

乃南アサ(シリーズ外)
長編
カドカワノベルズ 1992.9
  角川文庫 1996.9
  文春文庫 2003.11

水の中のふたつの月 (角川文庫)
水の中のふたつの月 (角川文庫)乃南 アサ

おすすめ平均
stars不穏なノスタルジー
stars三人は何がしたかったのか?
stars女性の嫉妬の怖さにぞっとします
starsラストの1行が!
stars正にミステリーと呼ぶにふさわしい作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

「忙しい」が口癖のOL亜理子は、幼なじみの恵美から十数年ぶりに電話をもらった。梨紗も誘ってかつての仲良し三人組で会おうと言う。突然の電話に不審を抱きつつ、彼女の心は夢のようなあの夏の日に溯っていった。心の奥底へと封印した、妖しい記憶の中へと──。
ありふれた生活、時おり見せる特異な性癖。ありふれた彼女たちの表情の裏に見え隠れする、共通の秘密とは?
深層に横たわる恐ろしい原体験が日常に染み出す様を描いた、衝撃のサイコ・サスペンス!
(角川文庫より)

■感想
 月特集三番手は【水の中のふたつの月】です。似たようなタイトルの本が続きました(^^;)
 でも中身は全然違います(当たり前だけどw)
  【ふたつめの月】の場合は、ひとつめは本物の月だったのだけど、
 本作の場合は、「月」は比喩的に使われていて、もはや月ではない・・・。
 この情景を想像してみると、かなり怖いです・・・
 登場人物の1人が、「月の出ない夜がいい」とか言ってまして、月は全く関係ありませんでしたorz

  何も予定がない日を嫌い、次から次へと予定を入れてスケジュール帳を埋めることに喜びを感じる亜理子。
  潔癖症で、短い時間で何回も手を洗わないと気がすまない梨紗。
  虚言癖があり、指摘すると烈火のごとく怒り出す恵美。
  3人は小学校時代の親友で、何をするのも一緒だった。
  そして、誰にも口外しないと固く誓った秘密を持っていた──。
  十数年ぶりに恵美から連絡があり、3人は再会する。
  そして、恵美は恋人・哲士を2人に紹介する。
  哲士は小学校時代の同級生・乾くんとどことなく面差しが似ていた。

  3人が抱えている秘密の内容はおおよそ想像がついてしまいました。
  カットバック形式で回想シーンが入り、3人の秘密の経緯が徐々に分かるようになるのですが、
  1人だけ「少女」と名前が伏せられている理由がよく分かりませんでした。
  しかも回想シーンごとに、「少女」は3人の誰かに入れ替わるので、読み辛かった・・・。

  物語は次第に不穏な気配を感じるようになります。
  これから何かが起こるという、ゾクゾクっとした怖さが・・・
  でも、この展開も予想出来てしまって、「やっぱりそうきたか」という感じですね(^^;)
 予想は出来たけど、やっぱり怖いし、何だかすっきりしません。
 とにかく秘密を守ることが大事ってことなのかな?
 しかし、これでは新たな秘密を抱え込むことになってしまう。

  3人の女性の誰にも感情移入出来ませんでしたね。なんか3人とも性格悪そうだし(^^;)
 乃南アサさんの作品は、ドラマではお目にかかっていますが、小説を読むのは初めてなので、
  文体に慣れていないということもあるのですが、正直、あまり好みではないですね。
 まあ、1作で判断するのも性急なので、いずれ他の作品も読んでみようと思います。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度
 ◆月が出た出た度新月

■特におすすめ!

  • サイコ・サスペンスが好きな方
  • オカルト物が好きな方

月特集バナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

乃南アサ月特集

6 Comments

mokko  

http://ameblo.jp/mokko-mokko/

女三人集まればって言いますけど
秘密ですかぁ~
サイコサスペンスって好きな方だけど
キャラに感情移入できないとなると厳しいですねぇ~
タイトルはもの凄くそそられるんですけど・・・

乃南アサさんの作品は、mokkoもドラマで1回しか見たことないです(^◇^;)

2010/11/08 (Mon) 10:40 | EDIT | REPLY |   

あかね  

3人の

3人の女性誰にも感情移入できない・・・
と翠香さんが言い切ってる部分が、逆に興味が出ちゃいますi-201(笑)
だけど、ものすごく正確が悪そうで恐いな~i-240

私も乃南先生の作品って、ドラマイメージが強くて、本は読んだことがないですi-190

チャレンジしてみようかなi-176

2010/11/08 (Mon) 22:20 | REPLY |   

翠香  

mokkoさんへ

私もサイコ・サスペンスは好きなんですけど、
これはこれから起こるべきことが予想出来てしまうのですよね(^^;)
分かっていても怖いのだけど・・・。

感情移入出来ないですよ~。だって3人とも性格悪そうだし(^^;)
お友達にはなりたくないですねぇ(苦笑)

mokkoさんが観たドラマって、『凍える牙』ですか?
この作品は途中までいい感じだったのに、ラストがすっきりしませんでしたね。

2010/11/08 (Mon) 23:51 | EDIT | REPLY |   

翠香  

あかねさんへ

虚言癖のある恵美も困るけど、梨紗がね、大人しそうに見えて実は怖いんですよ~。
比較的まともなのは亜理子かもしれない。
やっぱり女性が書いた作品だな~と思いました。

この本は、たまたまブックオフで見つけたのですよ(笑)
今度は評判良さそうなのを選んで読んでみようと思います。

2010/11/09 (Tue) 00:02 | EDIT | REPLY |   

viviandpiano  

やっぱり

登場人物の性格って大切ですよね。
感情移入できないと、結末までチープに思えたり。

でも、この作品。
翠香さんのレビュー読んで、
その3人の性格の悪さが見てみたくなったかも(笑)

あとは、文体。
はじめての作家さんは少し慣れるのに時間がかかりますよね。

2010/11/09 (Tue) 01:58 | EDIT | REPLY |   

翠香  

viviandpianoさんへ

怖いもの見たさで読んでみます?(^^;)
3人は小学校時代の親友だったのですが、
本当に仲が良かったのか疑問に思いますね。
表面上は仲良くしているけど、お互いに張り合っているという(苦笑)

はじめての作家さんはやっぱり構えてしまいますね。
残りの月特集は、はじめての作家さんはいないので、
ちょっとハードルが低目で安心してます(^^)

2010/11/09 (Tue) 23:19 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment