Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 太田忠司 > 朔夜一心(月読シリーズ) > 【月読】 太田忠司

【月読】 太田忠司

 03, 2010

◆◇◆死者がこの世に遺した想い◆◇◆

朔夜一心(月読)シリーズ1
長編
文藝春秋 2005.1
  文春文庫 2008.1

416771759X月読 (文春文庫)
太田 忠司
文藝春秋 2008-01-10

by G-Tools

■あらすじ

月読」とは、死者の最期の思いを読みとる能力者。月読として生きる朔夜が、従妹を殺した犯人を追う刑事・河井と出会ったとき、さらに大きな事件が勃発して―。人は死の瞬間、何を思うのか。それを知ることに意味はあるのか。地方都市で鬱屈する若者たちの青春を描く、著者渾身の傑作ミステリー長篇。

(文春文庫より)

■感想
 月特集もいよいよ最後となりました。アンカーは月読です。
 この特集では、ずっと『月』を読んできましたので、最後を飾るのにふさわしいタイトルだと思いました。
 なお、『月読』は、『つくよみ』と読みます。
 月の神を表す言葉だそうですが、ここではある特殊能力を持つ人の呼称となっています。

 作品の世界は、私たちの現代世界とよく似ていますが、ちょっと異なった世界です。
 作中世界では、人が死ぬと『月導(つきしるべ)』という超常現象が起こります。
 月導は、岩やガラスなど物体として現れるものや、風や光として現れるもの、
 温度や匂いという目に見えない状態で現れるものと、現象はさまざま。
 どの人がどんな月導を残すのか、全く分からないし、必ずしも生前の姿を表すものでもありません。
 この不思議な現象を解明しようと、莫大なお金と時間を費やしてしまったため、
 科学技術は私たちの世界より立ち遅れてしまっています。
 各家庭にパソコンもなければ、携帯電話も持っていません。人類はまだ月に行ったこともないのです。
 そして、月導には死者の最期のメッセージがこめられており、
 それを読み取る特殊能力を持った人を月読といいます。
 月読は、先天的に備わった能力で、修行や勉強で習得できるものでもありません。

 さて、ここまでファンタジックな設定だとミステリとして成立するのか不安になってきますよね。
 月読が犯罪捜査に協力すればダイイング・メッセージから簡単に犯人が割り出せてしまいそうです。
 しかし、月導から読み解かれる内容には証拠能力がなく、
 あくまでもヒントとして捜査を進めているので、反則技は使っていません。
 それでも動機はこの世界ならではのものがありました。

 物語は、従妹を殺された刑事・河井が独自で捜査を行う過程で、月読・朔夜一心と出会う話と、
 自分探しをしている高校生・克己が小悪魔的魅力を振りまく同級生・炯子(けいこ)にふりまわされ、
 炯子の自宅で見知らぬ女性が殺される話の2本柱で進んでいきます。
 始めのうちは全く接点がありませんでしたが、
 両者に共通の人物が現れ、次第に二つの話が繋がるようになります。
 さらに朔夜の幼少期の失われた記憶や、克己と炯子の出生の秘密、贋作事件が
 複雑に絡み合ってくるのですが、すべてがすっきりと纏められているのはさすがですね。
 太田作品は、少年が活躍するシリーズが多いので、
 さすがに少年期の心の揺れはよく描かれていると思いますが、
 特殊な世界観だけにちょっと屈折しているなと感じました。

 二つの事件はいずれもゆがんだ愛情が引き起こした悲劇でした。
 犠牲になった人が浮かばれず、やりきれない気持ちになりました。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度
 ◆月が出た出た度新月

■特におすすめ!

  • パラレルワールドに興味がある方
  • 超常現象に興味がある方
  • ファンタジック・ミステリが好きな方

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

月特集バナー

 今回でひとまず当ブログの月特集は終了いたしますが、
 良い月が出ましたら随時特集に追加していきたいと思います。
 また、皆様からのご参加は引き続き受け付けておりますので、いつでもお気軽にご参加くださいね!
 それでは、ご参加くださった方々、お読みいただいた皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:太田忠司 月読 月特集

COMMENT 8

Sat
2010.12.04
02:54

viviandpiano

URL

へ~

太田先生にはこんなシリーズもあったんですね!
月読か~・・・
でも、人の死というものに神秘を感じるのは、
どんな世界でも同じだと思うので、
こういう世界観もありかな~と思います。

太田先生は俊介のシリーズでも架空の都市を使ってますし、
やっぱり本格ミステリの舞台としては、
現代の生々しい情報化世界は不向きだと考えているのかも。

Edit | Reply | 
Sat
2010.12.04
08:49

mokko

URL

これは!

実は読書家のブロ友さんに薦められてたんですよぉ~
しかし月特集用の本を既に購入した後だったので
諦めちゃったんですけど・・・
この妖しい雰囲気好きです。

月特集最後なんですねぇ
ちょうどmokkoも最後の作品を読んだところでした。
テーマ読みって面白いですね♪
また何か企画したら誘ってくださいね(p^_^q)

Edit | Reply | 
Sat
2010.12.04
13:05

あかね

URL

不思議・・・

なんだか不思議な、幻想的な印象を受けましたi-1
パラレルワールドな世界なのですねi-237

実は太田先生の作品は、なぜか読んだ事がないのですよ~i-238

この作品とても気になりますi-184

とくに・・・動機は特に。。。i-197

そして、月特集は一旦終了なのですね。
お疲れ様です 自分が想像していたよりも、月の作品って多いなあ~とビックリしましたi-199
今後もし「月」の物語を読む時は、TBさせていただきますi-228

Edit | Reply | 
Sun
2010.12.05
00:00

翠香

URL

viviandpianoさんへ

私も太田先生がこんな作品も書かれていたのかと、驚きました。
狩野俊介シリーズとは全く雰囲気違いますものね。
確かに大切な人の月導だったら、最期の想いを汲み取ってあげて、
故人がそこにいるかのように愛でていたいと思いますね。

古い作品と今の作品との大きな違いは、携帯電話ですね。
昔は連絡取りたくても近くに電話がないという状況があり、
それがトリックに繋がっていたりしていましたが、
今はケータイで即連絡なので、味気なさを感じるときもあります。

Edit | Reply | 
Sun
2010.12.05
00:15

翠香

URL

mokkoさんへ

そのおススメコメント、読みましたよ。
そもそも月特集に決めたのが、本作と『月蝕の窓』がきっかけで、
この2冊をラストに読むことに決めていました。
既に購入済みだったので、実は密かにあせっていました(笑)

mokkoさんにはたくさんご参加いただいて助かりました。
テーマ読み、面白いでしょ?
一応次なる企画も考えています。
やるとしたら、来春ぐらいかな?
それまで止まっちゃっているシリーズ物とか進めとかないと・・・(^^;)

Edit | Reply | 
Sun
2010.12.05
00:30

翠香

URL

あかねさんへ

本当、この作品全体が幻想的な雰囲気でした。
太田作品としては異色な感じがしましたね。
動機はこの世界観ならではのものもありました。
でも「そんな理由で!」とは思いますけど(^^;)

本屋さんで注意して眺めていると、『月』の付く作品って本当に多いですね。
どちらかというと恋愛物が多い気がしました。
誰もまだ読んでいないところで、
道尾秀介さんの『月の恋人』(キムタク主演のドラマ原作)、
同じく道尾さんの『月の蟹』あたりが狙い目なんじゃないかな~。
よければぜひ(^^)

Edit | Reply | 
Mon
2010.12.06
00:12

あかね

URL

おおお♪

実は「月の恋人」狙っていましたi-1
ミステリじゃないっぽい?ですが、ドラマとは全然?違うらしいので気になってたのですi-179(一応月9、ちら見してました・・・笑)

Edit | Reply | 
Mon
2010.12.06
23:38

翠香

URL

あかねさんへ

それはちょうどよかった(笑)
私も原作は読んでいないので詳しいことは分かりませんが、
ラブストーリーだと思います。
道尾作品はまだ読んだことがないので、雰囲気を知りたくて。
あかねさんなら図書館で借りて読めるかなと思っておススメしてみました。
エントリーお待ちしていますね(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?