Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 高田崇史 > 【クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~】 高田崇史

【クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~】 高田崇史

 25, 2010

◆◇◆メリー、ミステリークリスマス!◆◇◆

高田崇史シリーズ外
短編集
講談社ノベルス 2007.11
講談社文庫 2010.12

4062768224クリスマス緊急指令 ~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社文庫)
高田 崇史
講談社 2010-12-15

by G-Tools

■あらすじ

リスマスに、不思議な事件が発生!大伴黒主の歌が、ダイイング・メッセージとなった事件を解明する「鏡影」。バーでカクテルを傾けながら謎を解き、相談者の心も溶かす「K’s BAR STORY」。調律を誤ったオルゴールの音色が、琴線に触れ、宿泊客の人生さえ変えてしまう「オルゴールの恋唄」など、珠玉の短編集。
(講談社文庫より)

■感想
イヴは過ぎてしまったけれど、なんとかクリスマスには間に合いました(^^)
タイトルから、サスペンスかと思ったのですが、コメディあり、ハートフルストーリーありの短編集となっています。
それでは早速内容の紹介を・・・。


鏡影【緊急推理解決院(EDS) 歴史推理科】
《EDS》というのは、一般的な警察では対応しきれない難事件や不可解事件を、
市井の名探偵─「探偵師(ホームズ)」の力を借りて早期に解決する目的で解説された施設。
和藤は、名物探偵師・外島の「助師(ワトスン)」として働いていた。
そこへ事件が持ち込まれた。被害者は古今集の大伴黒主の歌を握りしめていたという。

ダイイング・メッセージはちょっとこじつけですね(^^;)
それより黒主の歌に隠されていたメッセージの考察が興味深いです。ライトなQEDシリーズといった趣ですね(^^)

クリスマスプレゼントを貴女に~K's BAR STORY~
桜岡麗子は、パーフェクト・オールマイティ・コンサルタントの神籬(ひもろぎ)龍之輔に呼び出され、K's BARに現れた。
麗子が奇妙な体験を語ると神籬から素敵なクリスマスプレゼントが!

お酒が好きな高田さんだけあって、色々なカクテルが出てきます。なんとなく文麿シリーズを思い出しますね。
でも雰囲気は北森鴻さんの香菜里屋が近いかな。

想い出は心の中で~K's BAR STORY~
優理子は、相手の考えていることが分かると主張し、親友の雪枝が自分を殺そうとしているのだという。
これはちょっと痛いお話でした。むしろ何も知らないほうが幸せなのかな。

迷人対怪探偵Secret EpisodeⅠ
迷人対怪探偵
迷人対怪探偵Secret EpisodeⅡ
怪探偵退場
迷人対怪探偵Secret EpisodeⅢ
これらは迷人対怪探偵シリーズ(?)です。
これは、父親が息子にプレゼントした自作小説の中のお話という形態をとっています。
小説の主人公は、敗智心郎(まけちこころう)とその友人駒鷲(こまわし)。
明智と小林少年のパロディかと思いきや、設定はホームズのパロディらしいです。
住んでいる所は“パン屋街”で、家政婦さんは板東寸夫人(く・苦しい!^^;)だし。
内容はハッキリ言ってアホアホです(^^;)たまたま事件を解決しちゃったみたいな(苦笑)
高田さん、こんな作品も書かれるのですねぇ。引き出し多いな~。

オルゴールの恋唄
箱根の和風旅館「望月庵」では、週末毎にオルゴール演奏会が開かれる。
しかし、最後の演奏で調律を間違えたのか、ひどい音が出てしまう。
これは群像劇のような形態をとっています。何らかの関わりのある人々が1箇所に会した偶然と、
曲の解釈が人によってそれぞれ異なっているのが面白い(^^)

茜色の風が吹く街で
時代設定が昭和47年で、ノスタルジックな雰囲気の作品です。
主人公の回想録になっています。ちょっとほろ苦い青春の思い出。かつて少年だった貴方におススメ(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • カクテルが好きな方
  • オルゴールが好きな方
  • コメディが好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:高田崇史 クリスマス

COMMENT 4

Sun
2010.12.26
02:52

あかね

URL

クリスマスー

クリスマステーマの作品かあ~i-103
さすが翠香さん♪
いつも思うのですが。。。テーマで作品を選ぶのが素敵ですよねi-176

高田作品って1冊しか読んだことが無いので、なんとなく
歴史モノi-189
なイメージが強いのですが。。。この作品は、短編集ということで、読みやすそうだな~i-185と思いましたi-1
コメディあり・・・っていうのにも惹かれちゃいますi-179

Edit | Reply | 
Sun
2010.12.26
23:30

翠香

URL

あかねさんへ

この作品は前からちょっと気になっていたのですが、
たまたま本屋で文庫が出ているのを見つけたのです。
クリスマスv-255まであまり間がなかったのだけど、
私には珍しく一気読みしました(笑)
今年はクリスマス関連本、3冊読みましたよ(^^)v

高田作品は、QEDから入ったのですが、
歴史と文学の薀蓄が凄くて、圧倒されますよね。
でも、文麿シリーズや本作は軽くて読みやすいですよ。
高田さんって、本当に引き出しが多い人ですね。

Edit | Reply | 
Wed
2010.12.29
12:07

あかね

URL

CDJに旅立つので、一足先にご挨拶。。。

クリスマス関連本・・・3冊ってすごいです!(色々あるんだなあ~と勉強になりました)
私は、時期に合わせて・・・って思ったらぜんぜん読めなかった~という本ばかり(笑)
来年は翠香さんを見習って、私もテーマを決めて、読書してみたいです♪

高田作品・・・私もQED「六歌仙」を読んだキリで、随分前のことなので、内容がすでにおぼろげ!(笑)
QED読むならまた「六歌仙」からになりそうです。それか逆に文麿シリーズをチェックしてみようかな(軽め・・・に惹かれます♪)

そして、2010年も色々とお世話になりました!!!
今年は、翠香さんから教えていただいて、西澤さんのタックタカチシリーズ、米澤先生の古典部シリーズを読む1歩を踏み出せました。しかもガッツリハマってしまいましたので、、、濃い1年でした♪(笑)本当にありがとうございます♪
来年もよろしくお願い致します(o^o^o)
また、今年最後になりますが、「月特集」リンクさせて頂きますので、そちらもよろしくお願いします♪

ではまた新年に★良いお年をお迎えください♪

Edit | Reply | 
Thu
2010.12.30
22:58

翠香

URL

あかねさんへ

丁寧なご挨拶ありがとうございます。
クリスマス関連本、実は1冊は昨年読む予定が今年になってしまったのですよね(^^;)
あと2冊は偶然本屋さんで見かけて、即読みしたんです(笑)

QEDの六歌仙は、私も随分前に読んだので、内容忘れてますね(^^;)
本作の短編の一つにも六歌仙がチラッと出てきますよ。
文麿シリーズは、コミックのノベライズなので、軽めで読みやすいですよ♪

こちらこそ、今年もお世話になりました。
たくさんコメントいただきまして、ありがとうございます!
来年もぜひ仲良くしてやってください(笑)
月特集もお待ちしております(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?