Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 仁木悦子 > 仁木兄妹 > 【私の大好きな探偵】 仁木悦子

【私の大好きな探偵】 仁木悦子

 31, 2010

◆◇◆凸凹コンビの名推理◆◇◆

仁木兄妹シリーズ1
短編集
ポプラ文庫ピュアフル 2009.11

4591114457私の大好きな探偵―仁木兄妹の事件簿 (ポプラ文庫ピュアフル)
仁木 悦子 戸川 安宣
ポプラ社 2009-11-06

by G-Tools

■あらすじ

のっぽでマイペースな植物学者の兄・雄太郎と、ぽっちゃりで好奇心旺盛な妹・悦子。推理マニアのふたりが行くところ、事件あり。どこかほのぼのとした雰囲気の漂う昭和を舞台に、知人宅で、近所で、旅先で、凸凹コンビの名推理が冴えわたる!
「日本のクリスティ」と呼ばれた著者の代表作「仁木兄妹」シリーズの中から、書籍初収録作を含む五編を厳選し、新たな装いで文庫化。

(ポプラ文庫ピュアフルより)

■ヒロイン
  仁木(浅田)悦子

■感想
ポプラ文庫ピュアフルは、ティーンズ向けのレーベルのようなので、ちょっと躊躇したのですが、
記念すべき第1回乱歩賞受賞作【猫は知っていた】仁木兄妹シリーズの作品集ということで読んでみました。

本書には、5編の短編が収録されています。
主人公は、のっぽでおっとりとした植物学者の兄・雄太郎と
ぽっちゃりとしたおちびさんで好奇心旺盛の妹・悦子。
本書には、兄妹が中学生の頃から悦子が2人の子持ちになるまでの様々な年代の話が収録されています。
巻頭には、兄妹のプロフィールが載っていますので、【猫は知っていた】を読む前に本作を読まれると
よりこのシリーズのことが分かるのではないでしょうか。
なお、表紙イラストは中村佑介さんです。


【みどりの香炉】
雄太郎・中学三年、悦子・中学一年の時のお話。『中学生の友一年』に掲載された作品で、
本では初お目見えだそうです。
兄弟がおじ様の家に遊びに行った時、おじ様のヒスイの壺が何者かに盗まれてしまう。

登場人物が少ないので、犯人はすぐ分かってしまいますが、証言の矛盾を突いた論理的な推理ですね。

【黄色い花】
【猫は知っていた】より前に発表された、仁木兄妹初登場作品です。
兄妹の住む隣家で殺人事件が発生。被害者には三人の姪と甥がいて一緒に暮らしていたが、
殺害当時、皆外出していた。

これも証言の矛盾を見つけ出すことになります。雄太郎の推理は植物学者ならではの着眼点でしたね。

【灰色の手袋】
クリーニング屋に悦子の洗濯物を取りに行った雄太郎は、違うものを持ってきてしまう。
仕方なく取り替えにいった悦子はそこで死体を発見してしまう。

年中事件に遭遇しているせいか、悦子って冷静ですね(^^;)実際はこうはいかないと思いますが・・・。
ここでのトリックは分かりました。しかしなんとも後味の悪い事件でしたね。

【赤い痕】
兄妹が子供の頃面倒を見てくれたばあやの里で、おかねばあさんが首を絞められ、
川へ投げ込まれるという事件が起こる。

雄太郎は9年前の事件との繋がりを発見し、事件解決へと導きます。
ばあやも息子の面目が保てたし、ばあやの夫も秘密がバレずに済んだし、うまく丸く収めましたね(^^)

【ただ一つの物語】
これは、悦子が結婚して2人の子供の母親となった頃のお話。
悦子はペンフレンドだった七重さんからプレゼントされたお手製の童話の本を持っていたが、
ある日、新聞の伝言板に七重さんの本を求める投書を見つける。

このお話のみ雄太郎は登場しません。かわりに悦子の夫・浅田史彦が登場。
ここでの話は心温まる話かと思ったら、ドロドロの展開になりましたねぇ。
七重さんがペンフレンドを求めた気持ちが分かりますね。

■評価(5個が最高)

  ◆トリック度 267267
◆冷や汗度 404404
◆満足度 ★★★

■特におすすめ!


この記事が2010年の最後の更新となります。
たくさんのご訪問をいただきまして、ありがとうございました。
特にコメントをお寄せいただいた皆様、お世話になりました。
来年もたくさんのミステリをご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。
それでは皆様、良いお年を!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:仁木悦子 仁木兄妹

COMMENT 4

Fri
2010.12.31
21:04

のぽねこ

URL

今年もお世話になりました

私のブログの方にもご挨拶くださり、ありがとうございました。
仁木兄妹シリーズは気になっているのですが、読んだことがありません…。また機会があれば試してみたい気持ちが強まりました。
それではあらためて、本年もお世話になりました。
2011年もよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 
Sat
2011.01.01
17:03

viviandpiano

URL

謹賀新年♪

今年もよろしくお願いします☆
翠香さんのレビュー、ものすごく参考にさせていただいてますよ!!

仁木兄弟シリーズは、ずっと前に読んだ記憶があるのですが、
すっかり記憶から抜け落ちてしまっています(^^;
他にも抜け落ちている作品は一杯あるけど、
再読でもう一度楽しめるからいいかな(笑)

初出の作品もあるみたいで、気になりますね、これ☆

Edit | Reply | 
Sun
2011.01.02
17:26

翠香

URL

のぽねこさんへ

仁木兄妹シリーズは、ずっと気になっていたのですが、
ようやく読むことが出来ました。
【猫は知っていた】も購入済みなので、そのうちにご紹介しますね。

のぽねこさんは、新しい趣味を見つけたのですね。
すみません。お忙しいのかと勘違いしておりました。
私は、ブログは欠かせない存在になっているので、
草花のように目を掛けて育てていきたいなと思っています(^^)
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 
Sun
2011.01.02
17:39

翠香

URL

viviandpianoさんへ

こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪
私のへっぽこレビューでもお役に立てればうれしいです(^^)

『日本のクリスティ』と呼ばれる仁木悦子作品も読まれてましたか!う~ん、さすが!
【みどりの香炉】は、昭和36年に中学一年生向けの雑誌に掲載されて以来なので、
おそらくお目にかかるのは初めてだと思います。
この短編集は、複雑なトリックはありませんが、
推理が論理的なのがいいですね(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?