Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 加賀恭一郎(ドラマ) > 東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指」

東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指」

 11, 2011

あの『新参者』の加賀恭一郎が帰ってくる!
という触れ込みで、新春SPドラマで加賀恭一郎シリーズ『赤い指』が放送されました。

■放送日時
  2011年1月3日 TBSテレビ 21時

■番組名
  東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指」

■原作
  東野圭吾「赤い指」(講談社刊)

■CAST
  加賀恭一郎  ・・・阿部寛
  青山亜美    ・・・黒木メイサ
  松宮脩平    ・・・溝端淳平
  前原昭夫    ・・・杉本哲太
  前原八重子  ・・・西田尚美
  田島春美    ・・・富田靖子
  前原政恵    ・・・佐々木すみ江
  金森登紀子  ・・・田中麗奈
  加賀隆正    ・・・山崎努

■あらすじ

これは、加賀恭一郎が人形町に赴任する、約2年前のお話――。

闘病生活を送る加賀恭一郎の父・加賀隆正のもとへ、松宮脩平が見舞いに訪れていた。捜査一課に配属になったばかりの甥から、近況を聞き出す隆正――。そんな隆正の“束の間の楽しみ”といえば、担当看護師との将棋であった。 松宮が足繁く病院に通う一方で、実の息子である恭一郎は、一向に隆正を見舞おうとはしない。そんな従兄弟の姿に、松宮は不信感を覚えていた。

とある日の夜のこと。
仕事中のサラリーマン・前原昭夫は、今日も自宅に帰るのをためらっていた。家に帰れば認知症の母親と、いつからか口も聞かなくなってしまった家族がいる…。そんな事実が、昭夫の心に重くのしかかっていた。と、そこへ、普段なら電話をかけてくるはずもない妻・八重子からの着信が――。電話に出ると、八重子はいつになく取り乱しており、「とにかく帰ってきて欲しい」という。嫌な予感を胸に抱きながら、自宅へ戻った昭夫が庭で目にしたものとは――見知らぬ少女の遺体だった!
状況を掴めぬまま八重子を問い詰めると、どうやら少女の死に息子・直巳(泉澤祐希)がかかわっているという。八重子に背中を押され、「家族を守るため」に昭夫がとった行動とは…!?

そして、この事件を担当することになった加賀と松宮は、コンビを組むことに。
『家族』とは何なのか。「平凡な家庭」に起こった悲劇を通じてみえてくるものとは――!?

(番組HPあらすじより)

■感想
先週の内に録画を観たのに、レビューがすっかり遅くなってしまいました(汗)

原作では、『赤い指』→『新参者』の順に刊行されているのですが、
先に『新参者』をドラマ化してしまった為、『赤い指』の事件は、2年前の回想という形になっていましたね。
なので、原作には登場しない青山亜美が登場していました。う~ん、ちょっと苦しいな(^^;)
でもそれ以外は原作に忠実な作りだったと思います。
脩平くんも原作通り、加賀さんのことを「恭さん」って呼んでたし。
『新参者』のドラマでは、「加賀さん」って呼んでいたけど??

阿部寛さんの加賀恭一郎は、連ドラ放送時は、原作とイメージが違う!と思っていました。
あんな変人キャラじゃないし・・・(^^;)
でも、今回のSPドラマでは、内容が社会派でシリアス路線だということもあって、
変人っぷりは封印されていましたね(笑)
うん、この加賀さんなら原作イメージに近いかなと思います(^^)
ちょっとクールすぎる気もしましたけど。
ドラマしか知らない方は、ギャップに驚かれたのではないかな。

内容はほぼ原作通りだったのですが、
息子がいじめを受け、引きこもりがちになるという描写がやや説明不足のような気がしました。
お正月で家族みんなが観ているということも考慮して、露骨な表現を避けたのかもしれませんね。
いじめ、引きこもり、老人介護・・・と様々な問題がテーマに盛り込まれていました。
ちょっとお正月に観るには重い作品だったかなという気もしますが、
家族のあり方について考えさせる良作だったと思います。

それにしてもこの親子、揃いも揃ってイライラしますよねぇ。
八重子がアレを「捨ててきてよ!」と言ったのには、ゾクッとしましたよ。
そんなゴミみたいに・・・酷すぎる。
こういう冷ややかさが東野作品の特徴でもあるのですよね(^^;)
ちょっと情けない夫を演じた杉本哲太さん、ハマってましたね~w
昔はリーゼントバリバリのツッパリだったのだけどな~。変われば変わるもんだ(笑)

さて、番組の最後に紹介があったのですが、加賀恭一郎シリーズの最新刊が出たそうです。
タイトルは『麒麟の翼(きりんのつばさ)』です。
これもそのうちドラマ化されるかもしれませんね。
最新刊が出るタイミングで、前作が文庫化されることがあるので、
『新参者』の文庫化も近いかも?楽しみ~♪

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:加賀恭一郎 東野圭吾

COMMENT 2

Wed
2011.01.12
13:10

あかね

URL

わ~・・・まだ

ドラマ~観たのですね~
私はまだ録画状態のまま(笑)なんだかんだ観れずにおりました。

でも、回想~って感じでドラマ化したんですね(`・ω・´)納得。

原作で涙したために、ドラマ見ても泣けたらどーしよう・・・ドキドキと構えていたのですが、少し力を抜いて、見てみようかと思いました!

しかも加賀さんの新刊出てたんだ~(pωq)知らなかった~。
チェックしてみたいと思います♪ありがとうございます!

Edit | Reply | 
Thu
2011.01.13
23:44

翠香

URL

あかねさんへ

先週のうちにドラマは観たのですが、レビューがすっかり遅れてしまって・・・。
今さらかな~とも思ったのですが、一応載せておきました。
何か今回のSPドラマはエピソード・ゼロということになってました。
エピソード・ゼロは『卒業』だよねぇ?とつっこみを入れてしまう私です(笑)

新刊情報はドラマの最後にありました。
なんと新刊本プレゼントクイズ付きだったのですが、
観た時は既に締め切りが過ぎていて・・・orz
こういうのがあるから早めに観た方がいいですね(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?