Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 瀬在丸紅子(Vシリーズ) > 【六人の超音波科学者-Six Supersonic Scientists】 森博嗣

【六人の超音波科学者-Six Supersonic Scientists】 森博嗣

 17, 2011

◆◇◆パーフェクト・ナンバが崩れる時◆◇◆

瀬在丸紅子Vシリーズ)7
長編
講談社ノベルス 2001.9
  講談社文庫 2004.11

4062749238六人の超音波科学者 (講談社文庫)
森 博嗣
講談社 2004-11-16

by G-Tools

■あらすじ

井超音波研究所、山中深くに位置し橋によってのみ外界と接する、隔絶された場所。所内で開かれたパーティに紅子と阿漕荘の面々が出席中、死体が発見される。爆破予告を警察に送った何者かは橋を爆破、現場は完全な陸の孤島と化す。真相究明に乗り出す紅子の怜悧な論理。美しいロジック溢れる推理長編。
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 瀬在丸紅子(29歳・自称科学者)

■感想
 Vシリーズ第7弾。
 愛知県の山岳地帯の一角にそびえる『土井超音波研究所』。そこで開かれるパーティに紅子と練無が招かれ、二人を送り届けるため、保呂草と紫子も車に同乗していた。
 一方、愛知県警にとある橋の爆破予告が送られてきた。その橋は、土井研究所へ向かう唯一の通路だった。
 そして七夏が研究所側へ渡ったその時、橋は爆破されて──。

 正規に招かれた者と、送り届けた者の立場が前作と入れ替わってますね。アクシデントがあり、結局4人とも揃っているという状況は変わらないのだけど(前作は作為的でしたがw)
 プロローグの練無と紫子の会話が面白いですね。5メートルあるムーミン・・・怖いかも(^^;)

 森センセイは、密室にかなりこだわりがあるようで、密室がテーマの作品がほとんどなのですが、今回は珍しくクローズド・サークル(閉ざされた山荘)ものです。
 クローズド・サークルものは警察の介入を防ぐことが出来、犯人側に有利なシステムなのですが、そこは森センセイ、一ひねりしてますね。七夏一人を現場に送り込んでいます。
 もっとも橋から研究所までは5キロあり、そこまで徒歩で行く羽目になるのですが・・・。
 七夏って一見クールなようでいて、どこか抜けてますよね。そこがまた憎めないキャラでもあるのですけど。
 後続に立松刑事を迂回路から送り込んでますけど、コイツは全く役に立たない(^^;)

 土井博士が仮面を被っていて、しかも会話も出来ないという状況から、ある程度予測はついていたのですが、あの切断死体が出てきた時には肝を冷やしましたね(^^;)
 ちょっと【すべてがFになる】を思い起こしました。あれは初回だけあってかなり衝撃的でしたね~。
 今回、なぜ死体を切断しなければならなかったのかが問題になってきますが、これが意外にも世俗的な理由でしたね。もうひとつはさりげなく伏線があったのですが、見逃してしまいました

 そして今回は、練無が危険な目に遭ってしまいます。主要キャラがまさか死ぬことはないだろうとは思いましたが、ハラハラしてしまいました
 しかし、危うく死に掛けたというのに、練ちゃんは元気いっぱい!若いっていいですね(笑)

 ちなみに練無がパーティに招かれた理由は纐纈老人の伝手としか書かれていませんが、
 【地球儀のスライス】の中の短編【気さくなお人形、19歳】に纐纈老人との交流が書かれていますので、そちらも合わせて読まれることをおススメします
 森センセイは自分の書くものは全てで一つの作品だと認識しているそうで、サイドストーリーの短編も繋がっていることが分かります。
 また、後作【朽ちる散る落ちる】でも再び土井研究所が舞台となるらしいので、楽しみにしたいと思います

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣 瀬在丸紅子 Vシリーズ クローズド・サークル

COMMENT 6

Wed
2011.01.19
03:23

viviandpiano

URL

おおお~

シリーズもの、読み進めてますね!
私もこの作品を読んだときは、「すべてはFになる」を思い出しました。
やっぱり、森作品には「理系」を期待してしまいますよね。
次の「朽ちる~」も凄い作品なので、楽しめると思います☆

森先生、本当に小説を書くのをやめちゃうのかな・・・
年に1作でもいいから、ずっと書いてて欲しいんですけどね・・・

Edit | Reply | 
Wed
2011.01.19
23:12

翠香

URL

viviandpianoさんへ

今年はシリーズ物を読み進めると公言しましたからね(笑)
特に森作品は読みたい欲求が高まっています。
Vシリーズは、それほど理系らしさは感じないですが、
この作品は、理系らしかったですね。

森先生は天邪鬼さんなので、
もう森ミステリはいいや~とか言ったら
「じゃあまた書いてやる!」とか思ったりして(^^;)

Edit | Reply | 
Thu
2011.01.20
11:33

あかね

URL

VVV

森作品~~~恋しい\(*T▽T*)/
私も読みたくなっちゃいます。。。
この「六人の超音波~」って印象に残っていて・・・・・・母校の図書館に森先生の本って、研究関連の本の他、小説はこの作品1冊しか無かったんですよね(笑)なぜ中途半端なこの1冊なのか?って疑問に思っていたのです(笑)
どんな印象!?って感じですが。。。(笑)
この勢いでVシリーズ読破がんばってください~♪私もそろそろGを。。。と言いながら数年経ってシマッタ~(爆)なんだか勿体なくて・・・(ノ_-。)

Edit | Reply | 
Thu
2011.01.20
23:16

翠香

URL

あかねさんへ

そうか、森先生は本業の研究関連の著作もあるのですね。
私は文学部だったので、全く無縁でしたねぇ。
大学の図書館にはミステリー自体置いてなかったと思う・・・多分。
なるほど、印象に残っていたのは、内容ではないのですね(笑)

私はGシリーズの前に四季シリーズもあるので、
まだまだ勿体ないという域には達していないですね。
それなのに今日、Xシリーズの本を買ってしまった(^^;)
ビョーキかもしれない(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2011.01.21
13:17

あかね

URL

ビョーキ!笑

翠香さんの「ビョーキ」発言に思わず笑ってしまいましたよ~!(笑)
私は、着々と建築探偵を集めています♪
が、まだまだ読めそうにもないので、、、私もビョーキかもしれない(笑)

それにしても、、、文学部の図書館にもミステリーって置いてないんだ?!私は工学部だったから、その影響で極端に小説が置いてないんだとばかり思っていましたが★やはり、大学の図書館は専門書メインなんですね★

Edit | Reply | 
Fri
2011.01.21
23:10

翠香

URL

あかねさんへ

本屋さんには魔物が棲んでいるのですよ。
ものすごい吸引力で客を店の中に引き込み、客の手に本を握らせ、
気付いたらレジの前に立っているという・・・あなおそろしや(笑)

建築探偵は続きが家にない・・・『綺羅の柩』手に入れなくちゃ。
でもまだしばらくは読めなさそう。

私の母校の図書館にはおそらくミステリーは置いてなかったはず。
見つけたら借りまくっていたと思うし。
立教大学だったら置いてあるのじゃないかな。
乱歩記念館があるぐらいだから。
立大生だったら卒論のテーマをミステリーにして、研究と称してミステリー読みまくれるのにな~。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?