Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 浅見光彦 > 【金沢殺人事件】 内田康夫

【金沢殺人事件】 内田康夫

 06, 2006

◆◇◆悲運のヒロイン◆◇◆

浅見光彦シリーズ30
長編
ノン・ノベル 1989.7
祥伝社文庫 1993.3
光文社文庫 1998.12
  講談社文庫 2007.8
55TVドラマ化作品!(2003.2.28放送 主演:中村俊介)

金沢殺人事件 (講談社文庫)
金沢殺人事件 (講談社文庫) 内田 康夫

おすすめ平均
starsバランスがいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆新品でGETする→ 楽天ブックス  bk1  boople J book
◆中古でGETする→ ebookoff  古本市場 (トップページ)

■あらすじ

 事件はまず、浅見光彦の自宅付近にある平塚神社で起きた。商社マンが謎の言葉を残して刺殺されたのだ。さらに、古都・金沢で、惨劇が発生した。兼六園近くの「美術の小径」の急な石段から、女子学生が突き落とされ死亡したのだ。彼女は商社マンの最期を、偶然目撃していた!?・・・・・・。二つの殺人事件の繋がりを求めて北陸に飛んだ光彦は、事件解明の鍵をつかんだが・・・・・・。
(光文社文庫より)

■テーマ
  牛首紬
  加賀友禅
  花火

■舞台
  石川県金沢市
       七尾市
       押水町
       鶴来町
       白峰村
 岐阜県・飛騨高山

■ヒロイン
 春山順子(女子大生)

■感想
 事件はいきなりプロローグから発生。場所はなんと浅見の自宅の近くにある、『平塚神社』
しかもそのときたまたま浅見は現場付近にいた!
  ━━浅見光彦シリーズでは、おなじみなのですが、浅見は神社近くにある、『平塚亭』のお団子369を買いに来ていたのです。この平塚亭のお団子は、母・雪江の好物で、浅見は母親のご機嫌取りによく買ってきます(笑)━━
こんなチャンスをみすみす逃す浅見ではない。が、そんなことは先刻お見通しの雪江、刑事局長ドノを使って妨害工作に出ます
こんな感じで相変わらずの浅見家の人々。シリーズならではの面白さがありますね。

 もう一つ、浅見光彦シリーズでおなじみなのが、毎回ヒロインが登場するということ。この作品では、プロローグから音大でバイオリン293を専攻している女子大生北原千賀が登場しています。ヒロイン級の扱いだし、今回は音楽がテーマなのかな?・・・と思っていたら、なんと彼女は殺されてしまった・・・!これはちょっとショックでしたね。今までにないパターンだったので・・・。
後に春山順子という別の(?)ヒロインが登場するのですが、浅見とのからみが少なく、なんとなく取って付けたような感あり。とはいえ、彼女は明るくて聡明な魅力ある女性です。

 テーマも予想に反して、加賀・能登の伝統工芸となっています。音楽の要素はなし。バイオリンといえば、【高千穂伝説殺人事件】のヒロイン・本沢千恵子がいるので、キャラがかぶるという点でも、北原千賀は悲運なヒロインでしたね。
主のいなくなった猫283の親子たちは、その後どうなったんでしょうね・・・。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 伝統工芸に興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  『平城山(ならやま)を越えた女』
  • 平城山(ならやま)を越えた女内田 康夫 突然の人事異動で気分一新の一人旅に出た編集者・阿部美果は、 京都・大覚寺で行方不明になった娘を探す男に出会う。 数日後、可茂町のホトケ谷でその娘らしい若い女が 変死体となって発見されたのを知り、 行き合わせたフリーライタ
  • 2007.04.01 (Sun) 20:56 | 晴れのちハッピー♪

WHAT'S NEW?